「出世したくない」は当たり前!断り方や出世しない生き方を解説

author-avatar
私が書きました キャリアA編集部

「出世したくないなんて、おかしいのかな」
「出世しないとすると、この先どうなるんだろう」

出世したくないと考えるのは、あなただけではありません。

働く人10,000人を対象とした意識調査を毎年行っているパーソナル総合研究所の調査では、現在就業中の20〜69歳の78.6%が「積極的な出世を希望しない」と答えています。

しかし「出世したくない」と言ってしまうのは、単なる責任逃れのように思われがちなのも事実です。

そして将来、事情を知らない他人から「出世できなかった人」だと思われてしまうのも、きっと本意ではないでしょう。

自分の意思として「出世しない」生き方を選んだ場合に、どんな人生が待ち受けているのかを知ることは、いま現在のあなたの仕事内容や職場環境が、本当に適切なのかどうかを改めて考えるきっかけにつながります。

<この記事を読めば分かること>

・働く人のほとんどが「出世したくない」と考えている
・「出世したくない」それぞれの理由
・「出世する」メリットとデメリット
・「出世しない」メリットとデメリット
・「出世しない」場合のキャリアプランを理解する
・会社に残り続けるための出世の上手な断り方

「出世したくない」と考えるいまのあなたに必要な情報を、わかりやすく解説していきます。

1.働く人の多くが「出世したくない」と考えている

2019年に新入社員1,792人を対象に行われた調査では、会社内での出世について、「役職にはつきたくない」「どうでもよい」と答える新入社員の割合は、全体の22.9%に上りました。

出典:公益財団法人 日本生産性本部「平成31年度 新入社員働くことの意識調査結果」

新入社員の5人に一人が、入社したばかりの会社で出世を特に視野に入れずに働いているのです。

ちょうどこの10年前に行われた同じ調査では、「役職にはつきたくない」「どうでもよい」と答えた新入社員の合計は16.2%だったので、10年間で6.7ポイント増加しています。

出世を望まない、出世に興味のない若者は、この10年で大幅に増えているのです。

また、冒頭でもご紹介しましたが、現在就業している20~69歳を見ても、「積極的な管理職志向がない」人の割合が78.6%にも上り、アジア太平洋地域でもっとも低い結果が出ています。

出典:株式会社パーソナル総合研究所「APACの就業実態・成長意識調査(2019年)」

若い世代だけでなく、幅広い世代で出世に対する積極的な意欲を持たないのが、いまの日本の現状なのです。

2.出世したくない理由

出世に興味がない、できれば出世したくないと考えるのには、どんな理由があるのでしょう。

その内容は、性別や年齢などの属性にもよっても少しずつ異なってきます。

・若者
・女性
・40代
・公務員

それぞれの「出世したくない理由」を、詳しく見ていきましょう。

2-1.若者が出世したくない理由

終身雇用が崩壊して以降、若者の中にはそもそもひとつの会社で勤め上げるという意識がありません

冒頭で挙げた新入社員の意識調査においても、新入社員の就労意識でここ数年特に上位にきている以下のふたつの回答から、そのことが伺えます。

「どこでも通用する専門技術を身につけたい」90.4%

「これからの時代は終身雇用ではないので、会社に甘える生活はできない」78.2%

また、同じ意識調査での生活価値観についての回答のトップを見ても、役職への昇進といった周囲からの評価には、あまり重きを置いていないことがわかります。

「他人にはどう思われようとも、自分らしく生きたい」84.5%

ワークライフバランスを重視する人や副業をする人が増え、SNSなどでその発信情報を目にする機会も多い昨今では、若者の中でロールモデルとなる生き方や働き方も多様になっています。

組織に勤めて出世する生き方というロールモデルが圧倒的に少ないうえ、憧れや共感を抱かない、意義を見いだせない状況です。

生き方や働き方が多様になっているいまの時代に、組織に就職する学生の多くは、自分自身を次のどちらかであると考えている可能性が高いのです。

・自分は世間で認められるような「なにがしかのもの」になれるほどの器でない

・自分はいつか組織を飛び出し、世間で「なにがしかのもの」になるつもりだ

そう考えると、組織に就職する若者が、その組織の中で出世していくことをそもそも想定していないということがお分かりになるでしょう。

かつて大学という機関が「将来なりたいものになるための専門的な勉強をするところ」だったのが、いつの間にか「将来なりたいものを見つけるための猶予期間を過ごすところ」になってしまって久しいです。しかしいまの若者の多くにとっては、会社組織というもの自体が、「猶予期間に通うところ」になってきているのです。

若者の場合、「出世したくない」と積極的に思っているというよりは、「組織の中で出世していく生き方のイメージが持てない」人たちが多くなっていると言えるでしょう。

2-2.女性が出世したくない理由

女性の場合、出世したくない理由は大きく分けて2つの方向に分かれています

・家事や育児、介護の時間を確保するため
・組織で管理職をするイメージが持てないため

どちらの理由も、若者の場合と同様に、積極的な「出世したくない願望」が強いわけではなく、家庭との両立という具体的な方法論や女性管理職のロールモデルの少なさから、「組織の中で出世する自分の姿が描けない」という人が多い傾向があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-2-1.家事・育児・介護の時間を優先せざるを得ない状況

内閣府の調査によると、男性と女性の一日あたりの家事時間と仕事時間の平均は、それぞれ以下のようになっています。

合計家事・育児・介護時間仕事時間
男性412分44分368分
女性434分219分215分

参考:内閣府『男女共同参画白書 令和2年版』

女性は男性よりも一日の活動時間が長いうえ、家事・育児・介護と仕事にかける時間がおよそ半々であるのに対し、男性は活動時間のうちの1割ほどしか、家事・育児・介護にかけていません。

家事・育児・介護にかかる時間を考えると、仕事に割り当てる時間を削るという選択が、社会的にも個々の意識的にも優先させられる状況にあるのです。

また、係長や課長相当職への昇進年齢と、女性の出生時の年齢を比べてみると、昇進と出産のタイミングが見事に重なっています。このことからも、出世することに消極的になりがちな状況が分かります。

区分制度上の昇進年齢実在者の年齢
最短標準最年少平均
係長29.5歳32.7歳31.4歳39.6歳
課長33.9歳39.4歳35.9歳45.1歳

参考:一般財団法人 労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピードの動向」

出典:内閣府 令和元年版『少子化社会対策白書』

実際のところ、国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)」(2015)でも、第一子出産を機に、正社員として働く女性の半数が仕事を辞めていることが分かっています。

本心では出世したい気持ちがある女性であっても、「いま以上に物理的に忙しくなる」ことへの対応の難しさから、出世したいと思うことができない心境が見えてきます。

2-2-2.組織で管理職をするイメージが持てない

家事・育児・介護時間の捻出のために出世したくないと考える女性の一方で、結婚や出産をまだ視野に入れていない成長意欲の高い女性であっても、管理職への昇進をしたくないと考えています。

参考:パーソナル総合研究所『「管理職になりたがらない女性」を「意欲が低い女性」と同一視してはいけない~時間や場所に縛られない職場が未来の管理職をつくる~

女性にとって、「成長したい」ことと「会社で出世したい」ことはイコールではないのです。

その原因のひとつとして「組織で出世する女性」のロールモデルが少ないことが挙げられます。

実際に管理職になった女性500人への調査でも、ロールモデルがいない・いなかったという女性が6割近くを占めています。

参考:アデコグループ『女性管理職550名を対象にした調査』

書籍やブログなど、社会で活躍している「出世する女性」のイメージが、男まさりであったり弁が立ったり並外れた行動力があったりと、男性だらけの中でも負けない強靭さを持っている場合が多いため、「ふつうの女性」である自分が出世するにあたっての、具体的な方法論や道筋が見えないのです。

SNSの世界でも、組織の中で出世している女性よりも、「女性らしい感性」を活かした生き方の前例の方が世の中に多いこともあり、「組織で管理職になる」ことのイメージがつかないことが、女性の「出世したくない」気持ちの根底にあります。

2-3.40代が出世したくない理由

40代における出世したくない理由は、仕事そのものに対するモチベーションの低下によって起こります。

出世意欲が減退する年齢は、ちょうど自分のキャリアの終わりが見えてくる頃に当たるのです。

出典:株式会社 パーソル総合研究所「働く10,000人の就業・成長定点調査」

順調に出世していった同期との埋められない差を感じたり、年下が上司になったりすることもあり、組織の中での先が見えて、「たとえ出世したいと言ったところで…」と、意欲が減退していくのです。

2-4.公務員が出世したくない理由

公務員の場合、勤続年数に伴って安定的な昇給があるため、出世志向よりも現状維持志向が高い傾向があります。

同じ仕事を何年していても、同じ結果を何年出し続けていても、昇給は成果ではなく勤続年数が対象になるため、積極的に「出世したい」とは思わなくなるのです。

むしろ出世をすることで、残業代が出なくなったり、不祥事の際に減給の対象になったりするため、収入面の損得を考えて「出世したくない」と思う人が多いです。

3.「出世したくない」と思った時に理解しておきたい2つのこと

属性ごとの「出世したくない理由」を見てきましたが、「出世したくない」と強く希望し、具体的な別の選択を見据えているケースよりも、「組織の中で出世していく生き方のイメージがつかない」という、消極的選択によるものが多いことがわかりました。

あなたの「出世したくない」と考える理由についても、まだ具体的・明確なものでないのであれば、出世の打診を断ってしまう前に、一度客観的になって、将来起こりうることを整理して考えてみましょう。

出世の打診を一度断ってしまったら、再び出世コースに戻ることはほぼできません。

いまの感情も大切ですが、10年後・20年後のキャリアについてしっかりと見据えてから、自分にとっての最良の結論を出しましょう。

3-1.出世するメリット・出世しないデメリットを理解する

「出世したくない」と思っている現状では、出世することのデメリットや、出世しないことのメリットばかりが思い浮かぶでしょう。

それぞれのメリットとデメリットを、客観的に洗い出してみましょう。

メリット

デメリット

出世する

  • 管理職手当が出る
  • 新しい仕事にチャレンジできる
  • 残業代が出なくなる
  • 仕事の量が増える

出世しない

  • 慣れた業務をし続けていられる
  • 仕事とプライベートの両立がしやすい
  • 給料が上がりにくい
  • 将来年下が上司になる

それぞれ詳しく見ていきます。

3-1-1.出世するメリット

・管理職手当が出る
・新しい仕事にチャレンジできる

管理職になることで、残業代は出なくなりますが、管理職手当がつき、給与のアップが期待されます。

そして人員のマネジメントという新しい役割が与えられることは、やり甲斐のあることです。

分業された日々の業務をこなすだけでなく、組織の課題解決の一端を担うことで、全体像が少しずつ見えて来ることも、管理職の醍醐味です。

また、出世することそのものが、周囲から職場での働きぶりを評価されたということなので、仕事に対するモチベーションも高まるでしょう。

3-1-2.出世するデメリット

・残業代が出なくなる
・仕事の量が増える

裁量労働になるため、残業代は出なくなります。

これまで残業が多かった人では、管理職手当がついても最終的な給与が減ってしまう場合があります。

主任や係長クラスの場合、プレイイングマネージャーということで、これまでの業務にプラスしてマネジメント業務が発生するため、仕事の全体量が増えるでしょう。

組織の課題解決という大きな責任を、プレッシャーに感じる人もいます。

3-1-3.出世しないメリット

・慣れた業務をし続けていられる
・仕事とプライベートの両立がしやすい

実践的なスキルを磨き続けていくため、第一線のプレイヤーとしてパフォーマンスを高めていくことができます。

同じ経験を重ねることで不測の事態を未然に防いだり対応スキルが身に付くため、業務効率も上がり、プライベートの時間もどんどん確保しやすくなるでしょう。

3-1-4.出世しないデメリット

・給料が上がりにくい
・将来年下が上司になる

役職に付かないため、技能が変わらないと判断され、昇級額が年々少なくなっていきます。

慣れた業務で残業も少なくなっていくため、今よりも大幅な収入増というのは期待できません。

出世した同期の給与が羨ましくなることもあるかもしれません。

また、出世意欲のある下の世代が上司になったり、意に反して「出世できなかった人」と思われたりすることもあるでしょう。

3-2.出世しない場合のキャリアプランを理解する

「出世しない」という選択をした場合の、将来のキャリアプランの選択肢として以下の4つがあります。

・出世しないまま会社に残る
・出世しないままのポジションで転職する
・副業や兼業をする
・フリーランスになる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-2-1.出世しないまま今の会社に残る場合

「出世しない」という決断をした場合に、いまの会社で変わらず働き続けることはできるのでしょうか。

結論としては、可能です。

しかし、将来リストラの対象になる可能性があることは、留意しておいた方がいいでしょう。

企業に勤めているからには、配置転換が行われるものです。

人員の余っている部署から人員の不足する部署への異動。

得意な能力を活かすという名目での、上ではなく横方向への異動。

「出世したくない」という本音の理由が「いま現在の慣れた・得意な業務を安定的にこなしたい」というものであっても、別の業務や事業所への配置転換を命じられることはあるでしょう。

また、あなたの得意とする業務が、将来社会的ニーズに応じないものになってしまった時には、会社にとってあなたの存在は負債になります。

リストラを回避するには、将来性のあるポジションで専門家としてだれよりもその職務に抜きん出ること。

意欲的で最新技術を持つ記憶力の高い若い世代が追いかけてきても、その道の長となることができていれば、会社での存在感を保ち、リストラの対象を免れるでしょう。

3-2-2.出世しないままのポジションで転職をする場合

出世はしたくないものの、不本意な配置転換やリストラは避けたいという場合は、転職を検討しましょう。

他業界・他職種を選べばまったくの初心者として業務がスタートするため、一時的に出世の話から離れることができます。

ただし、年齢が高くなると他業界・他職種への転職は厳しくなる傾向があるため、早めの決断が肝になります。

同業界・同業種への転職であれば、経験やスキルがあるため、「リモート勤務」や「フレックスまたは時短制度がある」といった、自分の望む働き方を希望できる場合があるでしょう。

ただし、出世を拒むあまりに同業界・同業種への転職を繰り返すと、そもそも転職できる先がなくなって行ったり、福利厚生の少ない会社への就業になったり、望む働き方ができなくなる場合があります。

3-2-3.副業や兼業をする場合

出世を断ることによって起こるかもしれない不本意な配置転換やリストラに備え、副業や兼業で自分の居場所を会社以外のところに持っておくことも、賢明な判断です。

出世しないために会社からの給与がほとんど上がらないことを考えても、副収入があれば人生設計の選択肢を減らさずにいられます。

事前に副業や兼業が可能かどうか、会社の就業規定を確認しておきましょう。

ただし、副業や兼業で安定的な副収入を得られるようになるには、それなりの時間と労力がかかります。

「出世しない」と公言する前の段階で、少なくとも半年から一年は準備して進めておく方が良いでしょう。

3-2-4.フリーランスになる場合

いまの業務でスペシャリストとして独立するのもひとつの手段です。

ただし、いまの業務に加えて会計などの事務仕事や、人によっては経験ののない営業や原価計算など、幅広い業務を自分一人で負うことになります。

そして出世しないことで避けたはずだった以下のようなことが、独立によって発生する場合もあります。

・プライベートを犠牲にする
・ストレスやプレッシャーを抱える
・収入のわりに重い責任を抱える

自分が一番大切にしたいのは何か、譲れない点はなんなのか、あらかじめ優先順位をはっきりさせておきましょう。

4.会社に残り続けるための断り方

出世を断るにしても、会社にそのまま残るのであれば、できるだけ心象を悪くしない断り方をしましょう。

心象を悪くしない断り方で大切なのは、正当な理由と感謝です。

まず理由としては、以下のどちらかをメインにし、相手が「それでも」と打診してくるようであれば、もう一方をサブとして用意しておいてください。

・いまの仕事に対する熱意
・自分の未熟さ

そしてどんな理由だとしても、上司が自分のことを評価してくれたことに対しての感謝を必ず添えておくことが、長く勤務し続けるには不可欠です。

具体的な理由のサンプルを紹介しますので、参考にしてください。

■いまの仕事に対する熱意

  • 「いまの仕事でもっと成果を上げられるようになりたい」
  • 「現場のニーズを常に感じられるいまの業務を続けたい」
  • 「この仕事で現在資格勉強中なので、いまはまだ考えられない」

■自分の未熟さ

  • 「いまの業務で手一杯な自分には、マネジメントをする自信がない」
  • 「他人の能力や成果を正しく判断できる器量が自分にはない」
  • 「まだまだ人間として勉強が必要なので、人を育てる実力がない」

家庭や健康上の理由は受け入れられやすいものですが、将来的に整合性を欠かないよう、偽りの断り理由を掲げることは控えましょう。

出世はしなくても長く勤めたい、心象は悪くしたくないという希望があるのであれば、できるだけ誠実に対応してください。

出世は「一度断ったら次はない」

「いまこのタイミングでは受けられない」という断り方では、しばらくしてからまた出世の打診がありそうだと思うかもしれませんが、実際には一度出世を断ると、次の出世の機会はまずありません

例外として、具体的な資格試験の日程が決まっていて、それが一ヶ月以内のことだというケースであれば、試験結果を待ってもらえる場合もあるでしょう。しかし、組織の都合と個人の都合であれば組織の都合の方が優先されるため、組織が人を登用したいと思ったそのタイミングを逃すと、同じ人物に声がかかることは二度とないのです。

万が一、誠実に断ったのに職場にいづらくなってしまった場合は、将来の突然のリストラや転勤命令を回避するため、転職することも考えましょう。

5.出世するべきかどうかは周囲の意見も仰ごう

「出世したくない」と思ったら、自分一人で悩まず、周囲の意見も聞いてみましょう。

パートナー、家族、他社に勤める先輩、すでに他社で出世している学生時代の同期、転職アドバイザー、キャリアコンサルタントなどから率直な意見を仰ぎましょう。

後に気持ちが変わって出世したいと思うこともあるかもしれないため、同じ社内の人には、最終的な決決断をするまで打ち明けない方がいいでしょう。

賛成も反対も、いろんな意見を取り入れながら、自分のキャリアや人生の優先順位を立てていきましょう。

まとめ

今回は「出世しないキャリア」についてお伝えしました。

働いている人の78%以上が「出世したくない」と考えている実態と、属性ごとの「出世したくない」理由を解説しました。

・働き方の多様化
・家事を含めたプライベート時間の確保
・組織の中で出世する身近なロールモデルの不在

といったさまざまな理由はつまるところ、「組織の中で出世していく生き方に特に憧れや共感を抱かない」結果と言えるでしょう。

とはいえ、本人が出世に憧れていようがいまいが、組織で長く働いていると、いずれは何らかの出世の話も出てきます。

この記事でお伝えした、出世のメリットとデメリットと、「出世しない」という決断をした場合のキャリアプランをもう一度お伝えします。

メリット

デメリット

出世する

  • 管理職手当が出る
  • 新しい仕事にチャレンジできる
  • 残業代が出なくなる
  • 仕事の量が増える

出世しない

  • 慣れた業務をし続けていられる
  • 仕事とプライベートの両立がしやすい
  • 給料が上がりにくい
  • 将来年下が上司になる

<出世しない場合のキャリアプラン>
・出世しないまま会社に残る
・出世しないままのポジションで転職する
・副業や兼業をする
・フリーランスになる

何を得るための「出世しない」という選択なのか、何を避けるための「出世しない」という選択なのかをいま一度しっかりと考え、後悔しない選択の手立てになれば幸いです。

この記事が、あなたのキャリアと人生の、双方のプラン設計のお役に立ちますように。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら