フリーランスプログラマーになる為の失敗しない方法!気になる年収も紹介

フリーランスプログラマーになる方法と気になる年収!独立までの失敗しないポイントも紹介

サラリーマンでプログラマーとして働いてきた人のフリーランス転向が増えてきています。

そんな中、フリーランスになったら会社員時代と比べ、年収アップができるか不安で独立へ足を踏み出せず悩んでいませんか?

実はプログラマーのお仕事をしている方は上記のような悩みを多くの人が抱えています。

今回は、フリーランスプログラマーの年収を紹介するとともに、フリーランスとして独立するまでのポイントをご紹介致します。

最後まで読んで頂ければ、今抱えている問題を解決手がかりが見つかり、独立までのステップを明確にすることができます。

プログラマーに人気のエージェントサイトが知りたい方は下記のボタンで今すぐ確認できます。

人気のエージェントサイトを今すぐ見る

目次

フリーランスプログラマーは独立と副業の2種類

フリーランスプログラマーは独立と副業の2種類

フリーランスのプラグラマーには、会社から独立しフリーランスで働く人と会社員として働きながら副業として働く2種類のタイプがあります。

会社勤務をしながら副業をしている方もいますが、近年では独立して自分で時間管理をしながら自由に働けるフリーランスのプログラマーが増えてきています。

ここでは、プログラマーの年収やフリーランスになった時の年収の違いをまとめてみました。

フリーランスになる事でどのくらい年収に差があるのか見ていきましょう。

フリーランスプログラマーの年収

フリーランスプログラマーの平均年収は約600万~750万円となっています。

扱える言語によって年収に違いがあります。

どのプログラミング言語が収入が高いのかは、この後に紹介するプログラマーの平均年収で確認していきましょう。

プログラマーの平均年収

求人サイトで良く目にするプログラマーですが、プログラミング言語によって年収の違いがあります。

言語別に年収平均をまとめてみましたので、どのくらいの違いがあるのか見てみましょう。

プログラミング言語平均年収
GO600万円
Scala600万円
Python575.1万円
Kotlin575万円
TypeScript575万円
R574.8万円
Ruby550万円
Swift550万円
Peal525万円
C525万円

※2018年Bizreach調べ

言語に関して、流行りがあるので多少の前後は出てきますが、一般的に知られるC言語でも500万円を超える年収が平均となっています。

複数の言語を扱える場合やマネジメントができるプログラマーは希少性が上がる為、上記の平均年収より高い収入を得ることが可能です。

プログラマーで独立してフリーランスになる方法

プログラマーで独立してフリーランスになる方法

IT系ベンチャー企業が数多くあり、プログラマーが足りておらずフリーランスのプログラマーへ外注する企業が増えています。

その為、既にプログラマーとして会社で働いている経験者がフリーランスになるという選択は難しくはありません。

ここでは、フリーランスのプログラマーとして、仕事を受注するまでに必要なステップを紹介していきます。

プログラミングと納品できるまでの知識とスキルを身につける

プログラマーとして必要な言語はもちろん、納品するまでの一連の流れを身につける必要があります。

フリーランスになるには、プログラムができるだけでは足りません。

パソコンやスマートフォンのOSやサーバーなどネット―ワークに関連する知識も必要になります。

もし、未経験からプログラミングを始めるなら研修制度のある企業に就職するのが近道です。

副業でプログラミングの案件を受注して独立を目指す

納品できるまでのスキル全般が身に付いたら次のステップとして個人でプログラミング案件を受注してみましょう。

クラウドソーシングやフリーランスエージェントを使えば、リモートで受注可能な案件が沢山あります。

個人でプログラミング案件を受注でき、クライアントに納品まで行うことができれば、フリーランスとして独立する事が可能です。

収入面に不安が残るのであれば、継続案件をいくつか受注できてからフリーランスに移行するのが良いでしょう。

未経験でもフリーランスのプログラマーになれる

未経験でもフリーランスのプログラマーになれる

未経験からプログラマーの勉強を始め、フリーランスになる事も可能です。

プログラマー未経験からスキルを身につけていくには、どのような方法があるのか見ていきましょう。

オンラインスクールで学ぶ

今、プログラマーを目指す方が多くなっているのでオンラインで学べる、複数の言語に対応したプログラミングスクールが増えています。

参考書を使った独学だけでは、実用的なスキルが欠けてしまいます。

プログラミングスクールを併せて使うことで実用的なスキルを身につけていく方法があります。

就職して実務経験を積みながらスキルを身につける

2つ目の方法は、会社に就職して実務経験を同時に身につけながら学ぶ方法です。

転職サイトなどを見るとプログラマー未経験OKの企業も多数掲載されています。

未経験でも可能な企業に就職してプログラミングを基礎から学び、給料をもらいながら実務経験を積むことが可能です。

フリーランスとして仕事を受注する際、実務経験年数によって信頼度が変わるので報酬金額や依頼される案件の規模が変わってきます。

その為、独学でスキルを身につけた場合でも、1度就職をしておくことが大切です。

プログラマーの需要は常に高い!ただし、即戦力になれるスキルが必要

未経験でもプログラマーになる事はできます。

しかし、企業は即戦力となってくれるフリーランスを外注先として求めています。

その為、フリーランスとして案件を受注するにはプログラミング案件を一人で受注から納品までできるスキルが必要になります。

プログラマーの仕事ってどんな事をするの?

プログラマーの仕事ってどんな事をするの?

プログラマーってよく耳にするけど、具体的にどんな仕事内容なのかわからない方も多いのではないでしょうか?

ここでは、プログラマーとはどんな職業なのかを解説していきます。

プログラマーとは?

プログラマーとは、アプリやソフトを動かすための仕組みをコンピューターが認識するプログラミング言語を使って、設計していく職業です。

例えば、会員情報を一度入力したら次回から入力せずにログインできる機能はプログラマーの仕事です。

その他にも、ゲームでAボタンを押したらパンチが出て、Bボタンを押したらキックが出るというのもプラグラマーが設計しています。

プログラマーの仕事は多岐にわたり、JRや飛行機の券売機や病院の診察情報、市役所の個人情報管理など様々な場所でプログラミング技術が使用されています。

プログラマーには下記のようにいくつかの分類があります。

プログラマーの種類主に使う言語仕事内容
WEBプログラマーHTML.CSS.JaVaWEBサイトにおけるプログラミングを行う職種。
ゲームプログラマーC++.C#.Unityゲームの操作やグラフィックの動きなどゲームに関わるプログラミングを行う職種。
システムプログラマーCOBOL病院や大手企業など大量のデータを円滑に管理や処理を行うためのシステム開発を行う職業。
アプリケーションプログラマーJaVa.C#.CSS.HTML.PHP.Python.Swiftスマホ向けアプリやパソコンアプリのプログラミング開発を行う職業。

フリーランスのプログラマーになるために必要な言語って何?

フリーランスになる為に最低限必要な言語ってあるの?と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

もし、これから言語を覚えるのであればAI開発やWEB系で人気のPythonがおすすめです。

大手動画配信サイトのYOUTUBEもPythonで開発されていたり、WEBアプリケーションもPHPからPythonにシフトしてきています。

Pythonを扱えるエンジニアは需要に対してまだまだ少ないので、これから覚える言語をお探しの方にはねらい目と言えます。

注意してほしい点は特定のプログラミング言語を覚えればフリーランスになれるわけではありません。

フリーランスのプラグラマーになる為に必要なのは、どのプログラミング言語を覚えるかではなく、企業が求める作業を滞りなく納品できるスキルを身につける事が大切です。

フリーランスプログラマーになる為にやるべきこと

フリーランスプログラマーになる為にやるべきこと

既にプログラマーの仕事をしていて「フリーランスになる為には何かやっておくべきことはないの?」と不安になっている人は沢山います。

個人でプログラミングを受注するフリーランスプログラマーになる為に必要なポイントをご紹介します。

プログラム開発全般の知識

個人でプログラミング案件を受注する場合、依頼された案件が自分1人で納品まで行う必要があります。

途中で解決できない部分があっても、自分の代わりに作業をしてくれる人はいません。

その為、自分が扱えるプログラミング言語は不明なことがないレベルまで知識を付けておくことが大切です。

また、プログラミングだけではなく、マネージメントや設計などプログラミングに関わる全般の知識を身につけておくことでイレギュラーな状況が起きても、柔軟に対応できるようになります。

人脈づくり

2つ目は、案件を継続的に受注する為にかかせない人脈作りです。

また、プログラマー同士の繋がりをもっておくことで、案件の紹介をもらえることがあります。

企業との繋がりも大切にしましょう。

会社勤務していた時のクライアントの方と仲良くしておくことで、フリーランスになった時に案件をもらえることがあります。

人脈作りがうまい人は、営業をかけなくても案件を次々に受注していくことができます。

受注から納品までの時間やスケジュール管理

フリーランスの最大のメリットは自由に時間を使えるところにあります。

自由に使える意識が強すぎるあまり、1つの案件に時間をかけてしまい、作業時間と報酬額が見合わなくなってしまうことがあります。

そうならない為にも作業時間と報酬額が適切になるように自分で納品までのスケジュール管理をしなければなりません。

クライアントから提示された納期に対して、遅れを出さない為にも数日前に納品できるようなスケジュール作成が大切です。

請求や確定申告などの経理知識

会社に属していると一切かかわることがない経理もフリーランスになるなら、自分で行わなければなりません。

備品購入時の経費処理や請求書の作成、確定申告、決算書の作成などの経理知識が必要になってきます。

フリーランスプログラマーになった時に仕事を受注するオススメの方法

フリーランスプログラマーになった時に仕事を受注するオススメの方法

フリーランスのプログラマーになった際に「仕事を受注していく方法がわかならい!」とならない為に、案件を獲得するオススメの方法を3つご紹介します。

フリーランスプログラマーになった際に仕事を受注する方法

  • クラウドソーシングで案件を受注する
  • 友人や知人に紹介してもらう
  • フリーランス向けエージェントで案件を受注する

上記3つの方法は独立して受注するだけではなく副業で始める際にもつける方法です。

この後、具体的に解説していきますので案件が受注できるか不安な方は参考にしてみてください。

クラウドソーシングで案件を受注する

クラウドソーシングには、WEBサイトやソフトウェア、アプリ開発の案件が300件以上掲載されています。

報酬についても1つの案件に対して50万~80万円といった提示も珍しくありません。

クラウドソーシングは単発案件のイメージを持たれている人も多いですが、継続的に案件をもらえる事も多々あります。

クラウドソーシングの難点は実績がないと受注しにくい点がありますので、登録して最初の方は小さな案件をこなして実績を作るのがオススメです。

友人や知人に紹介してもらう

会社勤めしていた時のクライアントやプログラマーの知人にフリーランスになったことを伝えると、貴方のスキルを知っている方なので適切なプログラミング案件を紹介してもらえることがあります。

また案件の紹介だけではなく、案件を豊富に抱えている方から作業の一部を手伝ってほしいとお願いされることもあります。

自分が案件を抱えすぎた際にも助けてくれる場合がありますので、プログラミングに関わる仕事で思い当たる人がいたらフリーランスになった事を伝えておくことが良いでしょう。

フリーランス向けエージェントで案件を受注する

営業が苦手で知人がいない場合は、フリーランス向けのお仕事を提案してくれるエージェントサービスを利用してみるのもオススメです。

エージェントサービスは、企業とフリーランスをマッチングしてくれる支援サービスなので、営業が苦手な人にはとても便利なサービスです。

一度登録しておけばエージェントサービスの担当者が貴方に合った案件を探してくれます。

案件報酬額も50万円を超える案件が多く、一度案件に参画して実績を増やすことで継続的な受注につなげる事もできます。

この後、プログラマーに人気のエージェントサイトをご紹介してますので、いち早くお仕事を受注したい方は是非参考に読んでみてください。

フリーランスのプログラマーに人気のエージェントサイト

フリーランスのプログラマーに人気のエージェントサイト

今回は、プログラマーに人気のフリーランス向けエージェントサービスを3つご紹介いたします。

下記でご紹介するエージェントはエージェント業界でも有名な3社でそれぞれ違う特徴を持っています。

気になるものがあったら、各公式サイトにアクセスして見てみましょう。

レバテックフリーランス

フリーランスのプログラマーに人気のエージェントサイト

レバテックフリーランスの特徴
プログラマー公開案件数5561件(2021年6月調査数)
仲介マージン非公開
支払いサイト15日サイト
取り扱いの多い言語Java、PHP、Python、C、C#、C++、Ruby
対応エリア東京・大阪・名古屋・福岡エリア

レバテックフリーランスは、サイバーエージェントやバンダイなど上場企業案件から受注実績があるエージェント業界で最大手と言われている知名度No1のサイトです。

案件数も他のエージェントより豊富で、登録したフリーランスの平均月収が71万円以上と高い報酬額の案件を受注する事ができます。

会員登録している方の平均年齢は30~40歳が多いので、30代以上でフリーランスになる方も安心して案件を受注する事が可能です。

レバテックフリーランスにはリモート案件が少ないのでリモート案件を望んでいる方はこの後に紹介する「ギークスジョブ」がオススメです。

Midworks

Midworks

Midworksの特徴
プログラマー公開案件数約700件(2021年6月調査数)
仲介マージン10%~15%
支払いサイト20日サイト
取り扱いの多い言語Java、PHP、Python、Ruby
対応エリア首都圏・大阪エリア

Midworksの最大の特徴は、エージェントに支払うマージン率(仲介手数料)が公開されているところにあります。

マージン率は案件によって多少異なりますが10%~15%となっていて、報酬金額が気になる方も安心して案件に参画できるエージェントです。

Midworksには、医療保険や労災、所得補償保険など他にはない福利厚生が充実しています。

また、確定申告ソフトも無料で提供しているので経理関連の面で見てもフリーランスに優しいサービスが沢山用意されています。

ギークスジョブ

ギークスジョブ

ギークスジョブの特徴
プログラマー公開案件数約1180件(2021年6月調査数)
仲介マージン非公開
支払いサイト25日サイト
取り扱いの多い言語Java、PHP、Python、Ruby、COBOL、C/C++、C#
対応エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・福岡エリア

ギークスジョブは、在宅で働きたいフリーランスに適したリモート案件1150件以上と豊富に揃っています。

週3日から稼働できる案件もあるので、いくつかの案件を同時に進行したい方にも人気です。

色んなプログラム言語の案件を取り揃えているので、副業で始めたい方にも最適のエージェントサイトでしょう。

もっとフリーランスエージェント知りたい方は「【2021年最新版】フリーランスエージェント5社のおすすめランキング!」にて詳しく各社の特徴をご紹介していますので参考にしてみてください。

フリーランスのプログラマーになる時に失敗しない為の注意点

フリーランスのプログラマーになる時に失敗しない為の注意点

フリーランスのプログラマーになる際、どんな所に注意すれば良いかわからず、独立に踏み切れないといった方も多くいます。

ここでは、フリーランスになる際に気を付けておきたいポイントを3つピックアップしてご紹介していきます。

仕事とプライベートのメリハリが大切

フリーランスになり家で仕事をし始めると、自由な時間が増えるのでYOUTUBEを見てしまったり、作業をダラダラしてしまいがちです。

作業時間を決めずプログラミングを行っていると最悪の場合、納期遅れにつながります。

プライベートと仕事のメリハリをしっかりつけ受注する案件に集中できる時間を作りましょう。

収入が安定しない

受注している案件に集中してしまい、次の案件を受注するまでに時間が空き、収入が安定しないといったことがあります。

フリーランスとして独立したての場合は、特に継続案件を受注するのが最初の難関ですよね。

そうならない為にフリーランスエージェントを上手く使うことで解決する事ができます。

エージェントサイトに登録しておくことで、既に受注している案件に合わせて次の案件を提案してもらうことが可能です。

エージェントの担当者は、報酬相場や面倒な契約交渉も行ってくれるので、収入を安定させるために最低でも3つは登録しておくと良いでしょう。

未払いのクライアントに注意

フリーランスで一番起きてほしくない報酬の未払い。

クライアントが倒産したり、契約書を交わさず依頼をしてくる質の悪い業者から受注した際に起きる事が多いとされています。

未払いを防ぐためにも、受注する際は契約書を必ず作成してから案件を受注するようにしましょう。

個人間で行うのであれば、前金として半分をもらうなどして対策を取る事も大切です。

100時間以上作業したのに、報酬が支払われないといった悲しい思いをしないようにしっかり対策をしましょう。

フリーランスプログラマーに関するQ&A

フリーランスプログラマーに関するQA

フリーランスのプラグラマーが悩みやすい内容をQ&A形式でまとめています。

Q1.フリーランスプログラマーは未経験でもなれる?

未経験からなる事は可能ですが仕事を受注するのは難しいです。企業に就職し、実務経験を積むことで案件を受注する事ができるようになります。詳しくはコチラをご覧ください。

Q2.フリーランスプログラマーは在宅でも仕事を受注できますか?

できます。リモートで参画できる案件を探している方はギークスジョブで案件を探してみる事がオススメです。

Q3.フリーランスプログラマーの平均年収はどのくらい?

フリーランスプログラマーの平均月収は50~70万円です。ただし、扱える言語によって差があります。言語別の平均年収はコチラを参考にしてみてください。

Q4.フリーランスプログラマーは副業でもできますか?

できます。週2~3日から稼働できる案件なども豊富にありますので土日を利用して副業を始める事も可能です。

Q5.フリーランスプログラマーになる年齢って関係ありますか?

関係ありません。プログラマーとして独立するには年齢よりも実務経験やスキルが大切です。若くても実務経験がなければ案件を受注する事が難しいです。

Q6.2chや5chのフリーランスプログラマーの情報って信じていいの?

匿名性が高く、適当なことを書いて混乱させようとするユーザーの書き込みが多いので、信用できる情報ではありません。

フリーランスプログラマーのまとめ

今回はフリーランスのプログラマーを目指す際に気になるポイントをご紹介しました。

  • フリーランスプログラマーになるにはスキルを身につけて、副業として案件を受注し実績を作っておくことが大切
  • プログラマー案件を受注する方法は、クラウドソーシングや紹介、フリーランスエージェントがある
  • 独立した際の注意点は、時間のメリハリ、未払い、収入面を気を付けよう

年々、IT業界やAI分野に力を入れる大手企業が増えているのでフリーランスプログラマーの需要も同時に高まっています。

プログラマーは未経験から初めても高収入が得られる可能性が高い業種です。

フリーランスプログラマーを目指す時、自分に足りていない要素がないかの確認をしながら独立までのステップを考えていただけたらと思います。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら