作業療法士(OT)転職サイト・エージェントのおすすめ15選!転職サイト選びで失敗しない為の注目点も解説

作業療法士(OT)で転職しようと求人情報を探す時に、どの探し方がベストなのか迷いませんか

「希望にあった求人情報を探すおすすめの方法を知りたい」

「転職サイトはどれも同じように見えて違いがよく分からない」

等々、転職サイトを選ぶ上で様々な疑問や思いを持つ方も多いかと思います。

そこで今回の記事では、作業療法士向けの転職サイトを研究・比較をし、おすすめの作業療法士転職サイトの情報をランキング形式でお伝えします。

作業療法士向けの転職サイトには、転職する上で魅力的なサービスを提供している等、知っておくと便利なサイトがいくつか存在します。

自分に合った転職サイトの選び方や転職で失敗しないための注意点も解説しているので是非、最後までご覧ください!

【この記事で分かる内容】

  • 作業療法士向けのおすすめの転職サイト
  • 転職サイトを失敗せずに選ぶ5つの注目点
  • 転職サイト以外で作業療法士の求人情報を探す方法
  • 作業療法士の転職で失敗しない為の4つのポイント
  • 転職サイトの利用の流れ
  • 転職サイトを利用するメリット・デメリット

etc…

目次

作業療法士(OT)転職サイトのおすすめ15選!

作業療法士(OT)の方におすすめの転職サイトを一気にお伝えします。

ランキング形式にしてご紹介するので、是非参考にして登録していただければと思います。

【おすすめ第1位】
ジョブメドレー
求人先へ直接応募できる!医療介護業界の求人数No.1

【おすすめ第2位】
PTOTSTワーカー
業界で最大級の求人数!理学療法士専門のアドバイザーが転職サポート

【おすすめ第3位】
PT/OT人材バンク
業界トップクラスの求人数!リハビリ職の転職を専門に行うキャリアパートナーがサポート
【おすすめ第4位】
マイナビコメディカル
質にこだわった求人情報を提供!取り扱っている求人のうち約40%が非公開求人情報
【おすすめ第5位】
PTOTキャリアナビ
リハビリ職専門の転職サイト!LINEでやり取りできる転職相談をしやすい体制
【おすすめ第6位】
ミラクス介護
作業療法士の求人情報を多数取り扱っており、非公開求人情報も多い
【おすすめ第7位】
ハクビ求人
大手企業~中小の介護・福祉施設まで幅広い求人あり!介護・福祉業界に特化した転職サイト
【おすすめ第8位】
クリックジョブ介護
LINEで気軽に転職相談できる!求人の口コミ情報も見れる転職支援サービス
【おすすめ第9位】
メドフィット
スピーディな求人紹介が特徴!医療介護業界に特化した転職サイト
【おすすめ第10位】
リハビリのお仕事
サイト内では求人を目的別に特集!PT・OT・ST向けの転職サイト

第1位 ジョブメドレー

ジョブメドレー介護
運営会社株式会社メドレー
求人数約6,598件(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人数
主な対象職種作業療法士を含む医療介護職
対応地域全国(一部エリアを除く)
特徴
  • 求人先に直接応募できる
  • 医療介護業界の求人数No.1
  • 会員登録するとスカウトが届く
  • ジョブメドレーで応募・入職して60日以上勤務すると「勤続支援金」がもらえる

ジョブメドレーは医療介護業界の求人数No.1を誇る転職サイトとなっており、作業療法士の求人情報も多数掲載されています。

ジョブメドレーの特徴は、気になる求人情報を見つけたら直接応募できるという所です。

なので求人応募に転職エージェントを通す必要なく、自分なりのペースで求人先とスムーズなやりとりをしたい人におすすめのサイトとなります。

ジョブメドレーが取り扱っている求人情報は、全て契約事業所から寄せられた正規の求人情報となっており、会員登録した場合は事業所側からスカウトが届く機能も用意されています。

LINEと連携させることで新着情報の通知を受け取ることも可能。

作業療法士の求人情報が多く、詳細条件を指定して求人検索をすることもできるので、作業療法士の転職を考えている方には一度利用をおすすめしたい転職サイトです。

第2位 PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカー
運営会社株式会社トライト
求人数約14,999件(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人数
主な対象職種作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
対応地域全国(一部エリアを除く)
特徴
  • 作業療法士専門のアドバイザーが転職サポートしてくれる
  • 求人票に載っていない職場関係等の現場情報を知ることができる
  • 登録者限定の非公開求人情報あり
  • 入職後のアフターフォローまでしてくれる

PTOTSTワーカーは、長年医療関連職の転職サポートの実績ある医療ワーカーグループが運営する転職サイトです。

作業療法士と理学療法士、言語聴覚士の求人情報に特化している為、作業療法士の求人情報を探している方におすすめの転職サイトとなっています。

PTOTSTワーカーでは、全国の求人情報が豊富に掲載されており、業界最大級の求人数を誇っています。

総合病院、クリニック・診療所、介護施設、訪問リハビリ等といった幅広い求人情報を多数掲載している上、非公開求人情報も取り扱っています。

また、作業療法士専門アドバイザーによる求人紹介、履歴書の送付から面接日の設定、求人先と条件交渉だけでなく入職後のアフターフォローまでしてもらえる手厚いサポートも特徴で転職初心者の方でも安心して利用しやすいと言えます。

求人票に載っていない職場の雰囲気や人間関係といった情報も事前に聞くことが出来る為、作業療法士として転職を考えている方におすすめの転職サイトです。

第3位 PT/OT人材バンク

PT/OT人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
主な対象職種作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
対応地域全国(一部エリアを除く)
特徴
  • リハビリ求人専門サイト
  • 業界トップクラスの求人数
  • リハビリ職の転職を専門に行うキャリアパートナーがサポート
  • 掲載前の最新情報を教えてもらえる等会員限定の情報あり

PT/OT人材バンクは、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士といったリハビリ職種の方を対象とした転職サイトとなっています。

2008年からサービス開始されており、年間11,000人以上利用する等、これまでリハビリ職種専門の人材紹介サービスとして実績と経験を積み重ねてきたサイトでもあります。

PT/OT人材バンクを運営している東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスは、医療、介護特化の人材サービスを行っていることもあり、病院系の求人情報のほか、老人保健施設、デイケア、デイサービス等の医療機関と連携する機関の求人といった幅広い求人情報を取り扱っている所が特徴となります。

会員登録することによって、掲載前の最新情報を教えてもらえるだけでなく、求人票では分からない職場の雰囲気等といった現場情報を知ることも可能になるというメリットも。

リハビリ職専門のキャリアパートナーによる求人情報の収集、履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接の予定調整、求人先との条件交渉といったあらゆるサポートを受けることができます。

充実したサポートに加え、作業療法士の求人をたくさん取り扱っていることも踏まえるとおすすめの転職サイトです。

第4位 マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
運営会社株式会社マイナビ
求人数12,616件(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人数
主な対象職種作業療法士を含む医療職
対応地域全国(一部エリアを除く)
特徴
  • リハビリ職、医療技術職等の医療職向け転職支援サービス
  • 業界専門のキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 非公開求人情報を多数保有
  • 入職後の悩みや不安の相談もできる

マイナビコメディカルは、人材業界で大手のマイナビが運営しているリハビリ職、医療技術職等の医療職向けの転職サイトです。

マイナビコメディカルでは求人の質にこだわっており、業界専門のキャリアアドバイザーが担当エリアの病院や施設に自ら足を運んで求人先の現場の情報を仕入れるといったことを行っています。

また、求人数が多いだけでなく、経験や資格等に見合った人が応募できるように、取り扱っている求人のうち約40%が非公開求人情報という特徴もあります。

転職が初めての人でも利用しやすく、求人紹介から面談対策、求人先との条件交渉、入職後のアフターフォローといったサポート体制も充実しているのも嬉しい所。

掲載されている求人の数、サポート体制ともに作業療法士で転職を考えている人におすすめの転職サイトとなっています。

第5位 PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ
運営会社株式会社ヒトイキ
主な対象職種作業療法士、理学療法士
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫
特徴
  • リハビリ職専門の転職サイト
  • 業界に詳しいアドバイザーによるサポート
  • LINEでアドバイザーとやりとりできる
  • WEBにて30秒で登録完了

PTOTキャリアナビは、作業療法士と理学療法士を主に専門とした転職サイトです。

求人情報を取り扱っている地域は限定されるものの、PTOTキャリアナビならではの非公開求人情報を取り扱っている等、求人の選択肢を増やしたい方にはおすすめです。

また、リハビリ職の業界に詳しいアドバイザーからサポートを受けることができ、LINEでの相談といったやり取りも可能となっているのが特徴。

求人案内や年収査定、面接の設定代行といった充実したサポートを提供しているため、作業療法士向けの転職支援サービスを探している方は一度登録を検討してみてはいかがでしょうか。

第6位 ミラクス介護

ミラクス介護
運営会社株式会社ミラクス
求人数123,839件(※206件)(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人数
主な対象職種介護職
対応地域全国
特徴
  • 非公開求人多数
  • 介護職がおすすめする求人サイトNo.1
    ※日本トレンドリサーチ2020年1月実施
  • 介護の専門知識を持った人材コンサルタントによるサポート

ミラクス介護は、介護職に特化したお仕事紹介サービスです。

以前は、スマイルサポート介護という名称でしたが、2021年1月にミラクス介護へと名称変更されました。

ミラクス介護では、作業療法士の求人情報も多数取り扱っており、非公開求人情報も多い所も特徴となっています。

担当のコンサルタントによるサポートも手厚く、求人情報の提案や履歴書の書き方・面談アドバイスといった選考対策、面談日程調整等と幅広いサポートを行ってもらうことが可能です。

第7位 ハクビ求人

ハクビ求人
運営会社株式会社 田中学園
求人数1,989件(2022年5月27日時点)
主な対象職種介護、福祉職
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉
特徴
  • 大手企業~中小の介護・福祉施設まで幅広い求人がある
  • 職場の雰囲気や特徴を事前に聞くことができる
  • 転職コーディネータによる手厚いサポート
  • 非公開求人情報もあり

ハクビ求人は、介護・福祉業界に特化した転職サイトです。

作業療法士の求人情報も掲載されており、「求人なんでもキーワード検索」というフリーワードにて”作業療法士”と検索することで作業療法士の求人情報を見つけることが可能となります。

また、大手企業~中小の介護・福祉施設といった様々な求人情報を取り扱っており、非公開求人情報もあります

第8位 クリックジョブ介護

クリックジョブ介護
運営会社ライフワンズ株式会社
主な対象職種介護関連職、リハビリ職等
対応地域全国
特徴
  • 求人の口コミ情報を見ることが出来る
  • 非公開求人を含めた多数の求人を紹介
  • 担当エージェントによる手厚いサポートあり
  • LINEで気軽に転職相談できる

クリックジョブ介護は、介護業界向けの転職支援サービスです。

介護業界向けと言っても、作業療法士などのリハビリ職の求人情報も掲載されています。

作業療法士の求人を探すには、求人検索でリハビリ職を選択、もしくはフリーワードにて「作業療法士」と検索することで作業療法士向けの求人を見つけることが可能となります。

そんなクリックジョブの特徴は、求人情報の口コミ情報が見れるという所です。

さらに、求人先の職場の雰囲気等といった職場の内部事情や最新情報を事前に知ることも可能なので、求人先の現場情報を把握してから応募したい方にはおすすめの転職サイトです。

第9位 メドフィット

メドフィット
運営会社株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
主な対象職種作業療法士を含む医療介護職
対応地域全国

特徴

 

  • 医療介護業界の転職に特化
  • 仕事紹介をスピーディしてもらえる
  • 職業別にLINE@が用意されている
  • 担当による手厚いサポート

メドフィットは、医療介護業界に特化した転職サイトです。

メドフィットの特徴としては、求人紹介をスピーディにしてもらえるという所であり、最短3日で転職という情報もあります。

職種毎の専門のキャリアエージェントによるサポートも特徴であり、求人紹介や面接対策、面接同行から条件交渉、入職後のアフターフォローといった充実したサポートを提供している所も注目ポイントとなります。

第10位 リハビリのお仕事

リハビリのお仕事
運営会社株式会社ウェルクス
求人数約840件(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人数
主な対象職種作業療法士、理学療法士、言語療法士
対応地域全国
特徴
  • リハビリ職専門(PT・OT・ST)の転職サイト
  • 非公開求人多数
  • 職場の様子を応募前に聞くことが出来る
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポート

リハビリのお仕事は、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士専門の転職サイトです。

サイトで求人検索をする時には、「場所」「職種」「施設形態」「雇用形態」「特徴」「フリーワード」という様々な条件にて検索可能となっています。

また、病院やクリニック、介護施設、訪問リハビリ、スポーツジム、リラクゼーションサロンといった幅広い求人を取り扱っている所も特徴です。

さらにリハビリのお仕事のサイト内では、「高収入求人」「子育てと両立できる求人」「教育体制万全求人」「初心者・未経験者OK求人」「土日休み求人」「徒歩10分以内の求人」等といった目的別の特集が掲載されているのも便利な所。

求人先の職場の内部情報を応募前に提供してもらえるといった職場選びを判断する上で重要な情報を知ることができるなど、専任のキャリアアドバイザーによる充実した転職サポートも受けられるため、おすすめの転職サイトとなっています。

第11位 PT-OT-ST.NET

PT-OT-ST.NET
運営会社株式会社PT-OT-ST.NET
求人数約1,197件(2022年5月27日時点)
主な対象職種全国
対応地域

作業療法士、理学療法士、言語聴覚士

特徴
  • PT,OT,ST向けのリハビリ情報サイト
  • 求人情報以外にも学会・研修会情報や情報交換できる掲示板あり
  • 求人先には電話で応募可能

PT-OT-ST.NETは、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士向けのリハビリに関わる情報交換を目的としたポータルサイトとなっています。

医療・介護業界にて15年以上ある活動実績をもとに専門性の高いコンサルティングで転職サポートを行っている所が特徴で、専任コンサルタントが希望にマッチした求人情報を紹介してくれます。

さらに、医療・介護分野に精通したコンサルタントと直接話ができる「お仕事相談会」に参加すると非公開求人を含む求人紹介の他、業界や職場の詳細情報も聞くことが可能です。

作業療法士を含めた転職に特化したサービスなので、対応地域での作業療法士の幅広い求人情報を探したい方には登録をおすすめします。

第12位 コメディカルドットコム

コメディカルドットコム
運営会社セカンドラボ株式会社
求人数109,355件(※2,185件)(2022年5月29日時点)※作業療法士の求人
主な対象職種理学療法士を含む医療・介護職
対応地域全国(一部エリアを除く)
特徴
  • 医療福祉業界で日本最大級の転職サイト
  • AIがあなたの代わりにお仕事探し
  • おとり求人0件
  • 最大50,000円支給される就業応援制度あり

コメディカルドットコムは、国内最大クラスの医療介護求人サイトです。

作業療法士を含めた幅広い医療介護職の求人情報を取り扱っており、毎日5,000件以上の求人が更新されているとのこと。

民間病院の56%、特養老健の28%が求人を掲載しているとされ、その数は16,000法人以上になる模様。

スキルや条件にあったスカウト機能やLINEを活用したAIによる仕事探しといった機能を用意しているため、作業療法士の求人探しの幅を広げたい人にはおすすめの転職サイトとなっています。

第13位 グッピー(GUPPY)

グッピー(GUPPY)
運営会社株式会社グッピーズ
求人数4,937件(2022年5月27日時点)※作業療法士の求人
主な対象職種作業療法士を含む医療・介護・福祉職
対応地域全国
特徴
  • 詳細条件で求人検索できる
  • 適正診断を無料で受けることができる
  • 会員登録をすると匿名での問い合わせができる
  • 採用担当者からスカウトあり

グッピーは、医療求人と 介護求人、福祉求人を掲載している転職サイトです。

作業療法士の求人情報も多数掲載されており、「週休2日以上」「仕事ブランクOK」「育児支援制度あり」等、細かい条件にて求人情報を検索することが可能です。

また、簡単な設問に答えることで自分の特性や傾向を分析できる適正診断を無料で受けられるので、自己分析に活用できるという特徴もあります。

その他、会員登録した場合は、採用担当者からスカウトを受けられたり、匿名での問い合わせをできるといった機能を活用できるため、自ら求人先と連絡のやりとりを希望する人にはオススメの転職サイトです。

第14位 リハのお仕事

リハのお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
主な対象職種作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
対応地域全国
特徴
  • キャリアプランに合わせた求人探しが出来る
  • ライフスタイルに合わせた求人情報を紹介
  • 求人先との面倒なやりとりはアドバイザーが代行してくれる

リハのお仕事は、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士向けの転職サイトです。

運営しているレバレジーズメディカルケア株式会社は、医療・介護業界の人材紹介事業を行っているということもあり、様々な求人情報を保有しています。

リハのお仕事では、

  • キャリアカウンセリングで話した内容を元に自分のキャリアにぴったりの求人を探してくれる
  • 福利厚生や労働時間、職場の人間関係を踏まえた自分のライフスタイルに一番合う働き方を提案してくれる

といった手厚いサポートが魅力となっています。

さらに、担当キャリアアドバイザーには、「求人先と面接の日程調整」「給与等の条件交渉」といった面倒なやりとりの代行も行ってもらえる為、忙しくても転職活動を行いやすくなるというメリットもあります。

第15位 PTOT転職ナビ

PTOT転職ナビ
運営会社株式会社プレアデス
求人数183件(2022年5月27日時点)
主な対象職種作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
対応地域全国
特徴
  • PT,OT,ST特化の転職サイト
  • 非公開求人あり
  • 業界専門のコンサルタントによるサポート

PTOT転職ナビは、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)に特化した転職サイトです。

PTOT転職ナビの特徴としては、求人サイトや求人誌等に掲載されていない各地の特別養護老人ホームや整形外科、介護施設、デイサービス、病院、クリニック等といった非公開求人情報を取り扱っている所です。

さらに、業界専門のコンサルタントによる安心して転職できるような転職サポートを受けることも可能となっています

待遇の良い条件等の非公開求人情報が気になる方は、一度利用してみることをおすすめします。

地域別|作業療法士(OT)おすすめ転職サイト

東京、大阪、横浜、名古屋、神戸、北海道、福岡の各地で求人数が多いおすすめサイトをご紹介します。

東京エリアのおすすめOTサイト

東京での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

サイト名

特徴

マイナビコメディカル求人の質にこだわったサポート体制
非公開求人情報を多数保有
PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

大阪エリアのおすすめOT転職サイト

大阪での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

サイト名

特徴

PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
マイナビコメディカル求人の質にこだわったサポート体制
非公開求人情報を多数保有
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

神奈川・横浜エリアのおすすめOT転職サイト

神奈川県横浜市での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

サイト名

特徴

PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
マイナビコメディカル求人の質にこだわったサポート体制
非公開求人情報を多数保有
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

愛知県・名古屋エリアのおすすめOT転職サイト

愛知県名古屋市での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

サイト名

特徴

マイナビコメディカル求人の質にこだわったサポート体制
非公開求人情報を多数保有
PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

北海道エリアのおすすめOT転職サイト

北海道での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

サイト名

特徴

PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
マイナビコメディカル求人の質にこだわったサポート体制
非公開求人情報を多数保有
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

福岡エリアのおすすめOT転職サイト

サイト名

特徴

PTOTSTワーカー業界で最大級の求人数
作業療法士専門のアドバイザーによるサポート
PT/OT人材バンク業界トップクラスの求人数
リハビリ職の転職を専門に行うキャリアパートナーがサポート
ジョブメドレー求人先へ直接応募できる
スカウトが届く

福岡県での作業療法士に関する求人数が多くて、サポートも充実しているおすすめサイトは以下の通りとなります。

作業療法士向けの転職サイトを失敗せずに選ぶ為の5つの注目点

作業療法士向けの転職情報を選ぶ時に抑えておきたい注目点を以下解説します。

サイト選ぶを間違うと、希望に合った求人情報に中々出会えない等、思ったように転職活動が進まなくなる可能性があります。

それを防ぐために、作業療法士の転職サイトを失敗せずに選ぶ注目点を5つご紹介します。

自分の希望(転職目的)にマッチした求人を扱うサイトか

転職サイト選びで重要なのが、自分の転職目的にマッチした転職サイトを選択するということです。

転職サイトによって、扱っている求人ジャンルや扱っている地域の強み、サポート内容等が異なります。

なので、あなたが作業療法士として転職を考えているのであれば、

  • 作業療法士の案件を取り扱っているか
  • 働きたい場所(地域)の求人を取り扱っているか、
  • 病院、クリニック、介護施設、企業等々、自分が働きたい職場の求人情報を多数掲載されているか
  • 「高額報酬」「託児所あり」等、自分の希望条件にあった求人情報に強いサイトなのか
  • 選考対策など、どんなサポートを必要としているのか

といった内容を考慮して、あなたにとって希望する求人情報が多数掲載している転職サイトを選ぶことを意識してみましょう。

転職経験がなくて不安という場合は、選考対策等、転職支援のサポートの手厚い転職サイトを選ぶことも考えてみましょう。

もしも、あなたが転職で希望する内容とマッチしない転職サイトを登録してしまった場合、希望に合わない求人情報しかなかったり、思った通りの転職活動ができないといったことになりかねません。

なので、自分の転職目的と希望するないようにマッチした転職サイトを選ぶことを強く意識するようにしましょう。

求人情報数が充実しているか

サイトによって、取り扱っている求人数は異なります。

求人数に触れる量が多ければ多い程、希望している求人に出会える可能性を高められます

また、たくさんの求人数を見ることで、今まで気づかなかった魅力的な内容の求人情報に出会える可能性もでてきます。

その為、転職先の可能性を広げるという意味でも充実した求人情報を取り扱っているサイトに注目してみましょう。

後に解説しますが、最初は複数の転職サイトの登録がおすすめとなりますが、少なくとも一つは求人数が充実している転職サイトを登録しておくことをオススメします。

求人先の職場情報が分かる等、サポートが充実してるか

ミスマッチの無い転職をする為にも、応募前に求人先の情報は出来る限り詳しく知っておきたいものです。

転職サイトでは、求人先の職場の雰囲気を含めた現場の情報を担当コンサルタントに教えてもらえるサイトが多いです。

なので作業療法士として、育児をしながら働きやすい職場環境なのか等々、応募前には聞ける転職サイトを選ぶことをおすすめします。

エージェント型の転職サイトでは、そういった現場の情報を聞くことが出来るサイトが多いので、自分の希望にあった職場かどうかを事前に聞くことが出来るサイトかどうかまずは判断して登録をしてみましょう。

求人先に直接応募したいか、エージェントを通したいか

転職サイトは、求人先に直接応募するタイプの「サイト型転職サイト」エージェントのサポートを受けながら求人先に応募する「エージェント型転職サイト」といった2つのパターンがあります。

それぞれのサイトの特徴をそれぞれ知って、自分に向いている転職サイトを考えて登録するようにしましょう。

直接応募型の転職サイトでは、基本求人情報は自分でサイトの検索機能を使って探すか、スカウト機能でスカウトが来るのを待つといった流れになります。

そして良い求人先が見つかると、自分で応募して直接求人先とやりとりをすることになります。

また、エージェント型の転職サイトでは、担当のエージェントに求人紹介をしてもらったり、求人先への応募から面接日程調整、勤務条件交渉をエージェントに代行してもらうことが可能です。

さらに、エージェント型の転職サイトでは、履歴書の書き方や面接対策といった選考対策も受けれるサイトが多いため、転職初心者にとっても利用しやすいと言えるでしょう。

このような違いを理解して転職サイトを登録するようにしましょう。

おすすめなのは、

  • 基本、自分で求人情報を探して求人先とのやりとり等も含めて自分で転職活動を進めたい人→直接応募のサイト型をおすすめ
  • エージェントのサポートが必要、もしくはエージェントに求人先との調整を代行してもらいたい人→エージェント型をおすすめ

というパターンです。

複数サイト登録で比較をしてサービス内容、コンサルタントの質を見極める

最初は、1つだけの転職サイトにこだわらず、良さそうと思った2~3くらいの複数の転職サイトに同時に登録してみましょう。

転職サイトというのは、実際に利用して見ないと使い心地や自分に合っているかどうかを判断するのが難しいです。

また、担当コンサルタントの質が高いのか、自分と相性がいいのかについては、複数サイトを使った方が比較して判断しやすいと言えます。

サービス内容、コンサルタントの質、自分の希望する求人情報が多いのか等々、複数サイトを登録してまずは比較して、自分に合った転職サイトを見極めることをオススメします。

転職サイト以外で作業療法士(OT)の求人情報を探す方法

転職サイトを使わずに、作業療法士向けの求人情報を探す3つの方法を以下ご紹介します。

ハローワークを活用する

作業療法士の求人情報は、ハローワークにて探すことが可能です。

行政機関であるハローワークでは地元の求人情報に強く、様々な業種の求人情報を取り扱っています。

国が設置する行政機関だからこそ、ハローワークは営利目的で求人情報を紹介するといった心配はありません。

「ハローワークインターネットサービス」というサービスを使えば、ネットで作業療法士の求人情報を探すことも可能です。

知人・友人からの紹介

作業療法士関連の業界に関わっていたり、リハビリ職関連のお仕事をしている等、作業療法士の求人情報を知っていそうな知人や友人がいる場合、それらの方々に紹介可能な作業療法士の求人情報がないかを聞いてみるという方法もあります。

事業所の公式サイトや求人誌にて探す

転職サイトやハローワークを使わずにネットで探す方法としては、リハビリ職を募集していそうな病院や事業所、企業の公式ホームページの採用情報を見ることです。

公式サイトの採用情報を見て作業療法士を現在募集していないか確認をします。

ネット以外では、求人誌を見て作業療法士関連の求人情報を探すという方法もあります。

作業療法士の転職で失敗しない為の4つのポイント

作業療法士の転職で失敗しないためのポイントを以下4つお伝えします。

転職に明確な目的を持つ

転職を成功させるためにも、「なぜ転職したいのか」「転職でどうなりたいのか」といった転職目的を明確にすることが大切です。

転職目的があいまいだと、自分と合っていない転職サイトを登録してしまったり、転職先とミスマッチしてしまう可能性があるため、そうならないためにも転職目的はしっかりと分析しておくことが大事です。

転職をすることで何を解決したいのか、転職後にどうなりたいのかを明確にしておきましょう。

転職目的を分析する上で、参考となるコツを以下ご紹介します。

転職目的を明確にするためのコツ

転職目的を明確にする為に、「今の問題点」「解決したいこと」「転職でゆずれないこと」「転職後に求めること」を以下の内容を参考に分析してみてはいかがでしょうか

  • 今の仕事を辞めたいと思った理由、原因
  • 現在の職場や仕事の問題点
  • 転職先で解決したい現在の問題点
  • 転職をしたい主な理由は今の問題解決なのか、キャリアアップ目的なのか(その両方なのか)
  • こういう転職先は嫌だという条件
  • 転職先に譲れない条件
  • 転職成功と言える条件は何か
  • 転職後にどうなりたいか、何をやりたいのか
  • 作業療法士として何をしたいのか

転職目的や希望内容が明確になれば、エージェント型の転職サイトを使っている場合、担当コンサルタントに、それら分かりやすく明確に伝えて理解してもらうことを意識するようにしましょう。

求人情報を一部の条件だけ見て決めない

良いと思う求人情報を見ても、一つの条件だけでスグ決めるのは注意しましょう。

例えば報酬額が魅力だとしても勤務時間等の条件に問題がないか等、他の条件でこちらの希望とそぐわない内容がないかチェックをしておいた方がいいです。

何もかも希望通りの条件を満たす求人を探すのは難しいかもしれませんが、全体的なバランスを見て、転職後に後悔するような条件が入っていないかは最低でもチェックしておきましょう。

求人先の職場の情報を応募前に知っておく

応募したい求人情報を見つけた場合でも、応募前に求人先の職場情報を知っておくことをおすすめします。

エージェント型の転職サイトの多くでは、求人票の情報だけでは分からない職場の内部事情を教えてもらえる所が多いです。

働いている人の特徴や子育てしながら働きやすいか等、転職にあたって気になることがあるならば、担当エージェントに聞いたり、ネットの口コミ情報を調べるなどして情報収集するようにしておきましょう。

実際の現場ではどのような環境なのか知っておくことができるとミスマッチを防ぎやすくなるため、求人先の職場の情報を応募前に知っておくことを意識することをおすすめします。

どうなると転職成功と言えるのかハッキリとさせておく

どういう状況になると転職と断言できるのかをハッキリと決めて、それに合った求人先を選ぶことを意識しましょう。

転職で失敗しないためにも、

  • 転職後の職場で受け入れられない条件
  • 転職先に譲れない条件

これを明確にしておきます。

それを踏まえて、担当コンサルタントと相談しながら求人選びをすることで、ミスマッチの無い転職をしやすくなると言えます。

作業療法士(OT)転職サイトを使うべき3つの理由

作業療法士転職サイトを使うべき理由は、

  • 自分にあったレベルの求人や相場がわかる
  • 大量の求人情報の中から効率良く探せる
  • ミスマッチのない転職を行いやすい

といった2つの利点があるからです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自分にあったレベルの求人や相場がわかる

転職サイトを使うと、自分のレベルにあった求人先や自分のスキルを活かせる職場探しをしやすくなります。

特にエージェント型の転職サイトを使った場合は、自分の経歴やスキルを担当エージェントに話すことで、

  • 自分のスキルを活かせる求人の紹介
  • 自分の経歴を有利に活かせる求人の紹介

をしてもらうことが可能となります。

さらに、自分のスキル・経歴にあった転職の相場を知ることも可能となる為、転職サイトを活用することで正しい自分の転職の相場を知ってみるようにしましょう。

大量の求人情報の中から効率良く探せる

転職サイトを活用することで、大量の求人情報の中から希望にマッチした求人を効率良く探すことができるようになります。

まずは、転職サイトの大半では細かい条件を指定したり、フリーワード検索にて求人情報を探すことができます。

それによって、効率良く求めている求人情報を検索することができます。

それだけでなく、エージェント型の転職サイトを利用した場合は、自分の希望に基づいた求人情報を、魅力的な非公開求人を含めた中からプロの転職コンサルタントに探してもらう事もできます。

なので、「充実した検索機能の活用」と「担当コンサルタントによる求人探しの代行」という2つのサービスを利用することが出来る為、転職サイトを使うと大量の求人情報の中から希望にマッチした求人を効率良く探すことが可能になるのです。

ミスマッチのない転職を行いやすい

転職サイトによっては、マイナビコメディカルのようにアドバイザーが自ら担当エリアの病院や施設に自ら足を運んで求人先の現場の情報を仕入れるといった所もあります。

育児と両立して働きやすい環境なのかといった現場の情報は求人票だけでは中々把握できません。

このように求人情報では分からない職場の内部環境の情報を応募前に知ることができることでミスマッチのない転職を行いやすくなるというメリットがあります。

求人先に入職後に「こんな職場だったとは思わなかった・・・」という状態にならないためにも、職場の内部事情を教えてもらえる転職サイトを使うことをおすすめします。

作業療法士(OT)転職サイトを利用するメリット・デメリット

作業療法士転職サイトを利用するメリットとデメリットについて以下お伝えします。

作業療法士転職サイトの6つのメリット

作業療法士向けの転職サイトを利用するメリットは以下の6つとなります。

作業療法士の転職業界に詳しいエージェントにサポートしてもらえる

作業療法士向けのエージェント型転職サイトに登録することで、作業療法士業界の転職事情に詳しいコンサルタントが担当についてもらうことができます。

作業療法士業界の転職に詳しいコンサルタントだからこそ、

  • 現在の作用療法士業界の転職事情
  • 作業療法士として今のスキル・経歴でどのような転職先を目指せるのか

といったことを相談しやすくなるというメリットがあります。

転職活動を効率良く行えて時間削減につながる

エージェント型の転職サイトを利用した場合、転職活動に関する多くの面倒な内容を担当コンサルタントに代行してもらうことが可能です。

例えば、

  • 希望する求人情報探し
  • 求人先への応募
  • 求人先との面談等のスケジュール調整
  • 内定後の求人先との勤務条件等の交渉

といった内容です。

このような手間のかかる内容を全て代行してもらえることで、転職活動に必要な時間を削減して効率良く行動することができます。

なので、普段忙しくて転職活動をする余裕が中々ないという方でも、転職活動を行いやすくなるといったメリットもあると言えるでしょう。

求めている求人に出会えるチャンスが増える

転職サイトごとに様々な求人情報が載っており、中には「高収入求人」「子育てと両立できる求人」等といった特集を組んでいるサイトもある為、自分に合った転職サイトを使うことで希望する求人と出会える機会を増やすことができます。

また、大半の転職サイトでは気になるキーワードで検索するフリーワード検索様々な条件の項目を選択して探せる詳細検索が容易されているので、転職サイトを使えば使うほど自分が求めている求人に出会えるチャンスを増やすことが出来ると言えます。

魅力的な条件の非公開求人情報を知る機会を得られる

エージェント型の転職サイトを利用した場合、担当コンサルタントから非公開求人情報を紹介してもらうことが可能となります。

非公開求人情報は、通常のサイト等では公開されていない情報であり、報酬が高い、レアな勤務条件といった魅力的な求人だったりします。

転職サイトに登録しておくことで、作業療法士として自分のスキルや経歴にあった非公開求人情報を担当コンサルタントから紹介してもらえることがあるため、この非公開求人情報を知ることが可能という事だけでも転職サイトに登録するメリットはあると言えるでしょう。

選考対策をしてもらえる

エージェント型の転職サイトでは、内定に向けた選考対策をしてもらえる所が多いです。

履歴書の添削、面接対策では、

  • 志望動機はどうすればいいのか
  • 履歴書には必要事項をどのように書くと良いのか
  • 面接でどういった受け答えをするといいのか

等々をコンサルタントがアドバイスしてくれるため、転職初心者や転職に不慣れな方にとっては特に便利なサービスで大きなメリットと言えるでしょう。

気になる求人先の職場情報を知ることができる

エージェント型の転職サイトの多くでは、気になる求人先の職場情報を担当コンサルタントに聞くことが出来るというメリットがあります。

例えば、マイナビコメディカルであれば、アドバイザーが自ら担当エリアの病院や施設に自ら足を運んで求人先の現場の情報を仕入れているとされています。

このように、求人票では分からない職場の内部事情を知ることが出来れば、ミスマッチの無い転職を行いやすくなります。

子育てと両立して働きやすい環境なのかといった気になるリアルの職場の情報を知ってから応募できるのはかなり大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

作業療法士転職サイトの3つのデメリット

作業療法士向けの転職サイトを利用するデメリットは以下の3つとなります。

担当コンサルタントの質に影響される

転職サイトによって、担当コンサルタントの質は異なり、同じ転職サイト内でもコンサルタントの質が異なる場合もあります。

また、自分と担当コンサルタンとの相性が合う合うわないという問題もあります。

担当してもらうコンサルタントの質が低かったり、自分と相性が合わない人だった場合は、希望に合わない求人情報を紹介されたり、希望に沿わない提案をされてしまう可能性があります。

そうなると、転職活動が停滞したり、希望と合わない転職をしてしまう可能性も出てきてしまします。

多くの転職サイトでは、担当コンサルタントの変更は可能なので、信用できない・相性の合わない人が担当の場合はすぐに変更を申し出るか、別の転職サイトへ変更するなど対処することをおすすめします。

転職活動を思い通りに進めないことがある

転職サイトや担当コンサルタントによっては、求人情報を次々提案される等、自分が想定している速さとは異なるペースで転職活動を進めることになる可能性があります。

もちろん、最初のヒアリングで自分が転職活動で希望するペースを伝える必要はありますが、それでも思った通りのペースでできないといった場合もあり得ます。

もしも、自分が求めるペースと異なるペースで転職サポートをされる場合は、担当コンサルタントを変更してもらうか、自分のペースで進めやすい他の転職サイトへ変更することを検討してみましょう。

希望していない求人情報を紹介されることがある

場合によっては、こちらの希望とは沿わない求人情報を紹介される可能性があります。

希望に合わない求人を紹介される可能性としては、「担当コンサルタントがコチラの希望を理解していない」「転職サイト側が利益目的で求人情報を提供」「そもそも希望条件が厳しくてそれに合った求人が中々ない」といったことが考えられます。

紹介してもらった求人情報は断ることができます。

もし、なぜ希望に合わない求人を紹介してくるのか、しっかりとした説明がないことが続く場合、担当コンサルタントの変更か、他の転職サイトへ利用を変更することをおすすめします。

作業療法士(OT)転職サイト利用の流れ

「直接応募型サイト」「エージェント型サイト」の2つに分けて、転職サイトに登録から転職後までの流れを以下解説します。

直接応募サイト型の場合

Step① サイトに登録

まずはサイトに会員登録をします。

直接応募型サイトの場合は、登録をする事でスカウト機能が使えたり、新着求人がメールで送られてくる等の機能が利用できるようになります。

登録の必要事項

登録時には、以下の簡単な内容を選択・入力します。

    • 希望職種
    • 希望勤務形態
    • 現在の就業状況
    • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

Step② 求人情報を検索

サイト上で、求人情報を検索します。

職種、勤務地、雇用形態、条件別の特徴等から、自分の希望にあった項目を選択しましょう。

直接キーワードを入力して探せるフリーワード検索を活用して探す方法もあります。

Step③ 応募&求人先の担当とのやり取り

気になる求人情報が見つかった場合は、応募手続きへ進みます。

氏名・住所・保有資格等の必要事項を入力して応募を完了させましょう。

応募を完了すると、事業所から面接日程等の連絡が届きます。

事業所と直接やりとりをして面談する日程を決めましょう。

Step④ 面談

面接等の選考を受けます。

Step⑤ 内定

選考に通過した場合、内定の連絡が届きます。

勤務条件に合意して内定を承諾することで転職は完了となります。

エージェント型の場合

Step① サイトに登録

興味を持った転職サイトのサービスを利用する場合、まずサイト登録をします。

登録の必要事項

登録するにあたって、

  • 保有資格
  • 希望勤務形態
  • 入職希望時期
  • 就業状況
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • その他(希望条件など)

といった簡単な内容を選択・入力します。

Step② 担当者アドバイザーによるヒアリング

登録完了後、当日または数日以内に登録時に伝えたこちらの連絡先に転職サイトから連絡が来ます。

そこで担当アドバイザーと面談する日程を決めます。

面談では、転職で希望する条件のヒアリングや転職に関連する相談を聞いてもらうことができます。

※この時に、しっかりと希望する条件を担当アドバイザーに詳しく伝えておくことが大事です

Step③ 求人情報の紹介・検索、応募

サイト上の検索機能を使って求人情報を探します。

また、担当アドバイザーから、ヒアリングで話した内容を元におすすめの求人情報を紹介してもらえます。

非公開求人情報を含む複数の求人情報を紹介してもらえることもあり、気になる求人が見つかったら担当アドバイザーから求人先の説明をしてもらい応募手続きに入ります。

サイトによっては、応募前に求人先の職場の雰囲気等の内部事情を教えてもらう事もできます。

応募が決まれば、担当アドバイザーが求人先と面接日の調整を行ってくれます。

Step④ 書類選考、面接

応募した求人先の書類選考と面接等の選考を受けます。

書類選考や面接に不安がある場合、履歴書添削や面接対策といったサポートを事前に受けられるサイトが多いです。

また、面接に担当アドバイザーが同行してもらえるサイトもあります。

Step⑤ 内定、勤務条件交渉

選考が通過すると内定となります。

内定後、入職条件を確認して、求人先と給与、休日などの勤務条件の交渉を担当アドバイザーに代行してもらうことができます。

※内定に関しては辞退することが可能で、辞退を担当アドバイザーに行ってもらうことも可能

ここで転職完了となります。

新たな職場へ入職後も転職サイトで引き続きアフターフォローを行ってもらえる所も多いです。

効果的に作業療法士(OT)転職サイトを活用する方法

効果的に作業療法士向けの転職サイトを利用する為の方法を8つご紹介します。

登録前に転職目的や希望条件などの事前準備を万全にする

転職サイトに登録する前に転職目的と希望条件を出来る限り明確にしておくことをおすすめします。

なぜならば、転職目的と希望条件がはっきりしていないと、自分に合っていない転職サイトに登録してしまう可能性があるからです。

転職サイトにはそれぞれ扱っている求人の強みや特徴があるため、効率的に転職活動を進めるためには、自分に合った転職サイトを選ぶ必要があります。

また、エージェント型の転職サイトに登録した場合は、登録後に担当コンサルタントから希望する条件のヒアリングがあるため、そこで希望条件を明確に話せるようにしておく必要があります。

転職をしたい時期や、転職活動を進めるペースについても伝えておいた方がいいです。

効率良く希望に沿った転職活動をする為にも、転職サイトに登録する前に転職する目的と転職先への希望条件は明確化しておきましょう。

希望する条件をしっかりと伝える

エージェント型の転職サイトを利用する場合、担当コンサルタントはあなたの希望に沿った求人を探して紹介してくれます。

それゆえ、担当コンサルタントには、希望する条件をハッキリと明確に伝える必要があります。

もし、自分の希望が担当者に伝わっていないと、希望に沿わない求人情報を紹介されることになりかねません

なので、転職サイト登録後のヒアリングでは、転職先に希望することを一つも漏らさず、分かりやすく明確に担当者に伝えましょう

もし、担当コンサルタントが今一つこちらの条件を理解していないと感じた場合は、再度希望する内容を伝えたり、希望に沿わない求人を紹介された場合は、なぜ希望に沿わないのかという理由を分かりやすく伝えることを意識してみましょう。

こちらの連絡都合を伝える

担当コンサルタントには、こちらが連絡のやりとりをしやすい日時等を事前に伝えておきましょう。

連絡都合を伝えていないと、連絡を取りにくい時に連絡が何回も来たりして、希望するペースで転職活動が行いにくいという事になりかねません。

スムーズに連絡のやりとりをするためにも、

  • 都合のつきやすい曜日や時間帯
  • 連絡対応の難しい曜日や時間帯
  • メールや電話、LINE等の希望する連絡手段
  • 必要な連絡内容、連絡のいらない内容

を明確にしておき、それを担当に伝えておきましょう。

連絡の返信は早く返す

担当コンサルタントから求人紹介等の連絡が来た場合は、出来る限り早く返信することをおすすめします。

これは、連絡が返ってくるのが遅い人よりも、スムーズに連絡がつく人の方が最新の求人情報を優先して提供しやすい状況となるからです。

最新の求人情報を早く教えてもらったり、有利に転職活動をすすめるためにも、担当コンサルタントからの連絡はこまめに返して、良い情報を得られやすい良好な関係を築くことを意識するといいでしょう。

スキル、経歴の嘘をつかない事

自分のスキル、経歴については嘘をつくことは辞めましょう。

嘘をつくことは、担当コンサルタントから信用を失うことになるだけではありません。

スキル、経歴を元に非公開求人情報を紹介してもらえることがあるため、もし嘘をついていると担当コンサルタントにだけでなく、求人先や転職サイトに迷惑をかけることになります。

そういうことをしてしまうと、今後の転職活動にとっても良いとは言えない為、スキルや経歴の嘘はつかないように気を付けましょう。

職場の内部情報や作業療法士の転職事情を聞いてみる

エージェント型の転職サイトを利用すると、職場の内部事情や業界の転職事情を聞くことが出来るケースが多いです。

作業療法士業界に強い転職サイトのコンサルタントの場合だと、作業療法士業界の転職事情に詳しいため、気になることを色々と聞いてみると良いです。

また、転職先とのミスマッチを防ぐためにも、求人先の職場の内部事情を聞いたり、求人先が自分の希望する職場環境とマッチする所なのかといったことも聞いてから応募を検討することをおすすめします。

合わない担当コンサルタントは変更してもらう

担当コンサルタントがどういうひとかによって、今後の転職活動に大きく影響を与えます。

なので、自分の担当についてコンサルタントが「信用ができない」「相性が合わない」と思った場合は、転職サイトに変更を申し出ることをオススメします。

質の低いコンサルタントや相性が合わないコンサルタントが担当の場合、希望に沿わない求人を何回も紹介されるなど、転職活動が停滞してしまう可能性があります。

担当コンサルタントの変更については、「お客様サポート窓口」といった問い合わせフォームにて伝えることで変更できるケースが多いです。

特に担当変更を申し出る時は、「担当を変更してもらいたい理由」「次の担当の方に希望する内容」を転職サイトに伝えることで、新しい担当の人には納得のいく人が選ばれやすくなります。

担当変更をしてもらうのは問題ありません。

担当の変更を申し出るのは申し訳なく思うかもしれませんが、今一番優先させるのはあなたの転職活動を成功させることです。

担当変更が気まずくて申し出ることが出来ないのであれば、別の転職サイトへ変更するのも一つの方法と言えます。

複数の転職サイトに登録して見分ける

作業療法士向けの転職サイトには、まず2~3の複数サイトを同時に登録するのがおすすめです。

一つだけの転職サイトに絞った場合は、そのサイトが本当に自分に向いているのか、担当コンサルタントの質が高いのかといったことが中々分かりにくいです。

いくつかの複数サイトを登録することで、

  • それぞれのサイトの特徴、強み、便利な内容
  • コンサルタントの質と相性

といったことを比較することができます。

また、複数サイト登録しておくことで、様々な求人情報に触れることができたり、各サイトの非公開求人情報を知ることも可能となります。

なので、効率良く転職活動を進めるために、気になるサイトがあれば複数登録する、直接型応募サイトとエージェント型サイトの両方を試しに登録する等してどれが自分に合っているのかを判断してみることをおすすめします。

作業療法士(OT)の転職サイトに関するQ&A

30代でも作業療法士の転職はできる?

30代でも作業療法士の転職は可能です。

30代の作業療法士として転職を考えている人は、まず作業療法士業界に詳しいエージェント型の転職サイトを登録して、担当コンサルタントに相談してみることをおすすめします。

作業療法士業界の転職に詳しいコンサルタントであれば、自分のスキルや経歴などを踏まえて30代の作業療法士として転職できる求人情報を提案してもらうことが可能です。

作業療法士の求人を東京で見つけるおすすめの方法は?

作業療法士の求人を東京で見つける方法としては、

  • 作業療法士の案件を扱っている転職サイトの検索項目で東京にチェックして探す
  • エージェント型の転職サイトにて担当コンサルタントに東京の作業療法士の求人情報を紹介してもらう
  • ネットでGoogle等で「作業療法士 東京 求人」等と打って検索する

といった方法があります。

作業療法士に向いている人とは?

作業療法士に向いている人は、

  • 患者さんにしっかり寄り添える人
  • 患者さんの気持ちを読み取れる観察力のある人
  • コミュニケーション能力のある人
  • 根強く臨機応変に対応できる人
  • フットワークが軽い人

等とされています。

在職中でもPT転職サイトに登録できる?

在職中にPT転職サイトに登録することができます。

今の仕事を続けながら、転職サイトで次の転職先の情報を調べたり、エージェントに求人情報を紹介してもらうことができます。

特にエージェント型の転職サイトを使うことで

  • 求人探しの代行
  • 面接日程スケジュールを求人先と調整代行
  • 内定後に求人先と給与等の勤務条件交渉代行

といった手間のかかる内容を担当コンサルタントに代行してもらえるので、在職中で忙しくても転職活動をおこないやすいというメリットもあります。

作業療法士の転職が上手くいかない時に考えらえる理由は?

作業療法士の転職が上手くいかない理由として考えられるのは、

  • 転職目的がはっきりとしていない
  • 転職先に求める希望条件が厳しすぎる
  • 今のスキルと経歴に見合っていない所ばかりに応募している
  • 選考対策を上手くできていない
  • 選考で求人先にあなたを欲しいと思わせるアピールができていない
  • 転職サイトの求人検索機能を上手く使えていない
  • 担当コンサルタントに自分の希望が上手く伝わっていない
  • 自分と合っていない転職サイトを使っている
  • 担当コンサルタントの質が低い、相性が合っていない
  • 見ている求人数が少なすぎる

等といった可能性が考えられます。

もしも転職目的と転職先に希望する条件があやふやな場合は、「今の仕事の問題点や転職したいと思った理由」、「どうすれば転職成功と言えるのか」、「転職後に実現したい事」等をもとに自己分析をしてみるといいでしょう。

また、志望動機や面接で話す内容についてはネガティブな内容ではなく、求人先が「この人を採用すると事業所にとってプラスになるか」「この人と一緒に働きたいと思うか」等といった求人先側の視点で考えてみるといいでしょう。

エージェント型の転職サイトを利用すれば、転職目的や自分に合った希望条件といった転職相談を担当コンサルタントにすることが可能ですし、志望動機を含めた履歴書の書き方や面接対策もしてもらうことが可能です。

なので、作業療法士の転職が上手くいかない場合は、転職エージェントに相談してサポートを受けてみるのもおすすめです。

作業療法士が働く場所(転職先)にはどんな所がある?

作業療法士が働く場所としては、

  • 病院
  • クリニック・診療所
  • 介護福祉施設
  • 児童福祉施設
  • 訪問リハビリ

等があります。

作業療法士の案件を取り扱う転職サイトを使えば、もっと詳しく転職で働くことが出来る場所の情報が分かる為、興味のある方は是非転職サイトを使って様々な働き場所を見つけてみましょう。

紹介してもらった求人を断ることは出来る?

紹介してもらった求人を断ることはできます。

求人情報の紹介といっても、希望に合っていない求人だったり、どこか気乗りしない内容の求人だった場合は遠慮なく断って大丈夫です。

断ったとしても、今後別の求人情報を紹介してもらえるなくなるといったことはないので、応募したいと思えない求人情報はことわるようにしましょう。

未経験やブランクありでも大丈夫?

未経験やブランクのある方でも転職は可能です。

転職サイトでは細かい希望条件ごとに求人検索できる所が多く、例えばジョブメドレーであれば「未経験可」とか「ブランク可」といった条件を指定して作業療法士の求人情報を探すことができます

他にも、エージェント型の転職サイトであれあば、担当コンサルタントに未経験やブランクがあることを伝えると、それに合った条件の求人情報を紹介してもらうことが可能となります。

1人で求人情報を探すのが不安な場合は、エージェント型の転職サイトにて担当コンサルタントに相談してみるといいでしょう。

作業療法士から他職種へ転職するには?

作業療法士を辞めて他職種の違う業界で働いてみたいという場合は、「リクルートエージェント」や「doda」「マイナビエージェント」といった幅広い業界の求人情報を取り扱っている大手の転職エージェントサービスを活用するといいでしょう。

各業界の企業情報に精通したプロフェッショナルのエージェントが自分に合いそうな転職先を提案してもらう事が可能です。

他には、転職サイトやハローワークにて自分で申し込めそうな求人情報を探すといった方法もあります。

作業療法士の転職サイトに関するまとめ

今回は、作業療法士向けのおすすめの転職サイトと、転職で失敗しない為のポイント等についてお伝えしました。

転職サイトを選ぶ上では、自分の転職目的に合っているかサイトをしっかりと判断して選ぶことが大切です。

1人で転職活動をするのが不安な場合は、遠慮なく転職サイトで相談したりサポートをお願いしてみるといいでしょう。

転職を成功させるためには、まずは複数の転職サイトに登録をして比較をして、自分に最適な転職サイトを探してみることをおすすめします。

【おすすめ第1位】
ジョブメドレー
求人先へ直接応募できる!医療介護業界の求人数No.1

【おすすめ第2位】
PTOTSTワーカー
業界で最大級の求人数!理学療法士専門のアドバイザーが転職サポート

【おすすめ第3位】
PT/OT人材バンク
業界トップクラスの求人数!リハビリ職の転職を専門に行うキャリアパートナーがサポート
【おすすめ第4位】
マイナビコメディカル
質にこだわった求人情報を提供!取り扱っている求人のうち約40%が非公開求人情報
【おすすめ第5位】
PTOTキャリアナビ
リハビリ職専門の転職サイト!LINEでやり取りできる転職相談をしやすい体制

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら