会社を2年目で辞めたいときに考えること3選とメリット・デメリット

  • 新卒2年目だけど会社を辞めたい
  • 早期退職したらポンコツだと思われる…?
  • 2年目での転職は厳しいよね…?

新卒2年目で会社を辞めると客観的には「早すぎる」という印象です。精神的に耐えられないなど余程の事情がない限り、今の会社に居続けた方が今後のキャリア形成に役立つでしょう。

この記事では、会社を2年目で辞めたいときに考えるべきことを紹介します。記事を最後まで読めば、2年目で退職するか仕事を続けるか判断できるようになります

会社を辞めたいと感じたらなぜ辞めたいのか理由を整理してください。「何となく辞めたいから」という理由では、転職先でもすぐに辞めたいと感じる危険性があります。

2年で辞めるメリットとデメリットを比較することも重要です。辞める意志が固いなら、第二新卒歓迎の求人を狙って在職中に転職活動を始めましょう。

目次

新卒2年目で会社を辞めたいと感じる理由

新卒2年目になると仕事を辞めたいと感じやすくなる理由を紹介します。

  • 仕事に慣れてきたから
  • 業務量が増えたから
  • 仕事に向いていないと感じるから
  • 労働条件が良くないから
  • 1年目よりサポートしてもらえないから
  • 職場の内情が見えてくるから

1年目に比べると2年目は精神的に余裕が出てくるもの。必死に業務をこなすだけの日々が終わったことで、ある程度視野が広がります

スキルが身についた反面、業務量が増えたり仕事へ向いていないと感じりすることで辞めたいと感じるのです。

仕事に慣れてきたから

仕事に慣れ始めたことで辞めたいと感じます。1年目は仕事を覚えることで精一杯ですが、2年目になるとある程度仕事の進め方が身につくもの。

先輩職員のサポートもほとんど必要なく業務を進められるようになっているはずです。一度慣れてしまえば、1年目のような緊張感を維持することは難しくなります。

仕事に慣れたことで「つまらない」と感じてしまい、やりがいを見出せず辞めたくなるのです。

業務量が増えたから

業務量が増えたことで仕事を辞めたいと感じます。会社としては、新卒2年目とはいえあなたのことを立派な戦力として数えているはず。

成長性に期待して1年目より多くの業務を任せようと考えます。しかしあなたにとってはまだ仕事に慣れていなかったり、1人で業務を進めることに不安を感じていたりするかもしれません。

会社側とあなたの考え方にミスマッチが起こるせいで、業務量が増えたことに対してネガティブな感情を抱いてしまいます。「まだ2年目なのに負担が増えた」と感じることで辞めたいという気持ちにつながるのです。

仕事に向いていないと感じるから

仕事に向いていないと感じることで辞めたい感情が芽生えます。1年間働いてみると、業務や職種に適性があるかどうかある程度把握できるものです。

周りからの評価が高かったとしてもあなた自身がうまくいっていなければ「仕事に向いていない」という気持ちになるでしょう。自分はポンコツかもしれないと考えることもあります。

仕事に適性がないとわかれば2年目も頑張って続けようと思えません。自分にとって向いていない仕事を続けるのは辛いので辞めたいと感じます。

労働条件が良くないから

労働条件が良くないせいで辞めたい気持ちになります。労働条件が悪いとは具体的に下記のような状況です。

  • 残業が多い
  • 気軽に相談できる相手がいない
  • 新人なのに放置される

労働条件が悪いと仕事のモチベーションが上がりません。あまりにも劣悪な環境の場合は心身ともに異常をきたす可能性があります。

1年目より2年目の方が周りを見る余裕が出てくるもの。2年目になったタイミングで労働条件が悪いことに気づく場合もあるのです。

あなたにとって良い環境で働けないことが仕事を辞めたいとう気持ちにつながります。

1年目よりサポートしてもらえないから

1年目よりサポートしてもらえないことで辞めたい気持ちになります。ほとんどの会社では2年目職員に対するサポート力は1年目より弱い傾向にあるでしょう。理由は主に下記2つです。

  • 早く一人前になってほしいから
  • 新卒1年目が入社してくるから

2年目はまだまだ若手とはいえ、会社としては早く一人前になってほしいと考えています。より良い人材に成長するには、サポートを受けずとも1人で仕事をこなさなくてはなりません。

新卒1年目が入社してくることもサポート力が弱まる原因です。新卒に付きっきりで仕事を教える場合が多いので、2年目をサポートする余力がありません。

新卒1年目の後輩ができることで不安になるケースも多いでしょう。大きく環境が変わることにより仕事を辞めたい気持ちが生まれます。

職場の内情が見えてくるから

職場の内情が見えてくることで仕事を辞めたいと感じることもあります。2年目は1年目に比べると心に余裕が生まれるもの。仕事や職場に慣れたこともあり視野が広がります。

余裕が生まれることで落ち着いて仕事をこなせるようになります。一方で人間関係の悪さなど内情も見えてきてしまうのが難点です。

会社によっては派閥があり、お互いが険悪なムードになっているケースも考えられます。職場の内情に疲弊することで、仕事が嫌になり辞めたくなるのです。

新卒2年目で会社を辞めたいときに考えるべきこと3選

新卒2年目で会社を辞めたいときに考えるべきことを3つ紹介します。

  • 辞めたい理由を深掘りする
  • 大企業への転職は難しい
  • 2年で辞めるメリットとデメリットを比較する

「仕事が嫌だから」という理由ですぐ辞める決断をするのは危険です。一度冷静になり、なぜ辞めたいのか理由を整理しましょう。2年で辞めるメリットとデメリットを比べることも重要です。

辞めたい理由を深掘りする

2年で会社を辞めたいときは辞めたい理由を深掘りしてください。「何となく辞めたいから」という理由で辞めてしまうと、次の職場でもすぐ辞めたいと感じる危険性があります。

例えば「仕事に向いていないから」という理由の場合。向いていないと思い込んでいるだけで、客観的に見れば適正がある仕事かもしれません。

入社から2年で仕事の適性を正しく判断するのは難しいもの。もう少し続けることで仕事のやりがいを見出せる可能性があります。

仕事を続ければ現職のスキルが身につき将来転職する際に役立つでしょう。まずは辞めたいと感じる理由を冷静に分析してください。

現時点で抱えている悩みは時間が解決してくれることもあります。

大企業への転職は難しい

2年で辞めると大企業への転職は難しいことが考えられます。大企業は新卒入社の社員を数年かけて育てる傾向にあるからです。

100%不可能というわけではありませんが、転職先は絞られると考えてください。転職したい企業があっても受け入れてくれない可能性があります。

大企業への転職が難しいならどこでもいいや、という投げやりな考え方も危険です。今後のキャリア形成に悪い影響を及ぼすことがあるので2年目での転職は慎重になりましょう。

2年で辞めるメリットとデメリットを比較する

2年で辞めるメリットとデメリットを比較しましょう。具体的なメリット・デメリットは次の通りです。

メリットデメリット
・新しいことにチャレンジしやすい
・第二新卒歓迎の求人が多くある
・人間関係や労働条件などの悩みを解決できる
・大企業への転職は難しい
・キャリア形成に悪影響を及ぼす
・長く働いてくれないという印象を与える

2年目で辞めること自体は悪いことではありません。しかしいくつかデメリットがあることを理解しておかなければ辞めた後苦労します。

会社を辞めたいと感じたら、2年で辞めるメリットとデメリットを必ず比較しましょう。

新卒2年目で会社を辞めない方が良いケース

新卒2年目で会社を辞めない方が良いケースを3つ解説します。下記項目に1つでも当てはまれば仕事を続けた方が無難です。

  • 現職の仕事をやり切っていない場合
  • 仕事ができないだけの場合
  • 引き留められて気持ちが揺らぐ場合

現職の仕事をやり切っていない場合

今の仕事をやり切っていない場合は会社を辞めない方が良いでしょう。与えられた仕事をこなした経験がない状態で転職活動を行ってもうまくいかないからです。

仕事をやり切ったことがあるかどうかは、人と接するプロである採用担当者は簡単に見抜くことができます。逃げ癖がついているという印象を与えてしまえば、採用される可能性は低くなるでしょう。

客観的に見て担当業務をやり切った経験がない場合は、仕事を続けた方が今後のキャリア形成に役立ちます。

仕事ができないだけの場合

仕事ができないだけの場合は会社を辞めない方が良いケースに当てはまります。仕事ができないとは具体的に下記の通りです。

  • 仕事を進めるスピードが遅い
  • 仕事の優先順位をつけられない
  • 何度も同じミスをする

特に何度も同じミスをする場合は注意が必要です。ミスすること自体は悪くありませんが、同じミスを繰り返すということは反省が活かされていないということ。

周りへ迷惑をかけることにつながる悪い癖なので、早急に直さなくてはいけません。社会人として仕事に臨む姿勢ができていないうちに会社を辞めてしまうと、転職先で辛い思いをします。

仕事ができないだけのケースは今の仕事で一人前になれるまで続けましょう。

引き留められて気持ちが揺らぐ場合

引き留められて気持ちが揺らぐ場合は今の仕事を続けましょう。周りから何を言われても退職の意思を貫けない限り、今の会社を辞めてはいけません。

気持ちが揺らぐということは未練があるということ。未練を残したまま会社を辞めると必ず後悔します。

退職の意思が固いことを伝えられない場合は今の仕事を続けましょう。

新卒2年目で転職を成功させるポイント

新卒2年目で転職を成功させるポイントを5つ解説します。2年目で辞めるメリットとデメリットを比較したうえで辞める選択をする人は、各ポイントを押さえておきましょう。

  • 転職理由を明確にする
  • メンタル面を強くする
  • 辞めることを言い出しづらいときは退職代行サービスを使う
  • 第二新卒歓迎の求人に応募する
  • 辞める前に次の職場を探しておく

転職理由を明確にする

新卒2年目での転職を成功させるには転職理由を明確にすることが重要です。転職理由があいまいだとあなたに合った企業を見つけることが難しくなります。

今の職場を離れたいからと適当に企業を選んでしまうのは絶対に避けましょう。仕事内容が合わない、労働条件が悪いなど現在と同じような悩みを抱えることになります。

現状何が不満なのか、改善するためにはどうすれば良いのかじっくり考えてください。転職理由がはっきりすると退職理由の伝え方に迷うこともなくなるはずです。

「○○という職種でキャリアを形成したい」など前向きな理由で転職を成功させましょう。

メンタル面を強くする

メンタル面を強くすることも新卒2年目での転職成功に欠かせません。客観的に見ると2年目での転職は早いという印象です。

周りから次のように思われたり直接言われたりすることがあります。

  • なぜ2年で辞めたの?
  • 今時の若者は根性がない
  • 2年で辞めるなんてもったいない
  • 逃げ癖がつくのでは?
  • 次の仕事もすぐ辞めるだろう

何を言われても転職の決意が揺らがないような強いメンタルが必要です。周りから嫌なことを言われて落ち込むようでは、転職を成功させることは難しいでしょう。

自分の意思を貫ける強いメンタルを持つことが、新卒2年目での転職を成功させるために重要です。

辞めることを言い出しづらいときは退職代行サービスを使う

辞めることを言い出しづらいときは退職代行サービスを使いましょう。退職代行サービスとは、退職代行業者があなたの代わりに会社側へ退職を伝えてくれるサービスです。

さまざまな企業が退職代行サービスを行っています。新卒2年目が使うなら弁護士が行っている退職代行サービスを使いましょう。退職日の交渉など丁寧に行ってくれるからです。

ただし退職代行サービスを使うと会社側に悪い印象を与えることにつながります。どうしても自分から辞めることを言い出しづらいときのみ退職代行サービスを活用してください。

第二新卒歓迎の求人に応募する

第二新卒歓迎の求人に応募しましょう。会社全体として2年目で辞める人材を受け入れる体制が整っているからです。

一方で「第二新卒歓迎」と公表していない企業は、第二新卒に対してあまり良い印象を抱いていない場合があります。早期退職したということは自分たちの企業でも長く働いてくれないかもしれないと考えるからです。

第二新卒も快く受け入れてくれる企業に応募し転職活動をスムーズに進めましょう。

辞める前に次の職場を探しておく

会社を辞める前に次の職場を探しておくことが重要です。辞めてから転職活動を始めると、収入がない期間を過ごさなくてはなりません

転職活動がうまく進まなかった場合焦りが生じます。適当に転職先を選んでしまれば転職後のミスマッチが起こるので注意してください。

金銭面および精神面の両方で安定するためにも、在職中に転職活動を始めましょう。内定をもらうまで選考が進まなくてもOK。転職先の目途がつく程度まで転職活動を進めておいてください。

転職活動では第二新卒歓迎の求人数が多い転職サイトを活用することがポイント。具体的には下記の転職サイトがおすすめです。

サービス名第二新卒歓迎求人数全体公開求人数
doda38,194件96,076件
マイナビ転職11,816件14,992件
リクナビNEXT11,534件52,306件

※求人数は2021年9月3日時点

上記転職サイトを活用し2年目での転職を成功させましょう。

新卒2年目で転職を成功させたいときにおすすめの転職エージェント

新卒2年目で転職を絶対に成功させたいなら転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントは下記のようにあなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。

  • 現職や転職に関するヒアリング
  • あなたに合った求人提案
  • 応募書類添削
  • 面接対策

新卒2年目での転職は難しい傾向にあります。しかし転職エージェントと連携することで、現状の悩みを解決できる職場に出会えるのです。

本気で転職を成功させたいあなたにおすすめの転職エージェントは下記3つ。

リクルートエージェントマイナビエージェントdoda
公開求人数約13万件約29,000件約12万件(非公開含む)
非公開求人あり(約19万件)あり(約8万件)あり
拠点全国16拠点全国10拠点全国12拠点
リンク公式サイト公式サイト公式サイト

※公開求人数は2021年9月時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人数約13万件(2021年9月時点)
非公開求人あり(約19万件)
拠点全国16拠点
強み・業界最大級の求人数
・転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍
・あらゆる業種や職種への求職者をサポート
・全国16拠点で地方在住者安心して利用可能
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは大手人材紹介サービスのリクルートが運営している転職エージェントです。公開求人数、非公開求人数ともに業界最大級を誇ります。

あらゆる業界や職種の求人が揃っているため、あなたの希望を叶えられる求人が見つかりやすいでしょう。同業種、異業種どちらにも転職しやすいといえます。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは転職支援実績が豊富。あなたが抱えている悩みを引き出し、現状を打破するような提案をしてくれます。

新卒2年目で転職を成功させたいなら確実に利用すべき転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公開求人数約29,000万件(2021年9月時点)
非公開求人あり(約8万件)
拠点全国10拠点
強み・20代から絶大な人気を誇る
・第二新卒の転職成功事例が豊富
・IT系の求人に強い
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは若年層から人気のマイナビが運営している転職エージェントです。求人数はリクルートエージェントほど多くありませんが、20代向けの求人を多く保有しています。

マイナビエージェントには企業の内情を徹底的に調査する「リクルーティングアドバイザー」が在籍。職場環境や働いている人の雰囲気もチェックしてくれるので、転職後のミスマッチが起こりにくいといえます。

若手のサポートに特化したマイナビエージェントを活用し、新卒2年目での転職を成功させましょう。

doda

公開求人数約12万件(2021年9月時点・非公開求人を含む)
非公開求人あり
拠点全国12拠点
強み・あらゆる業界や職種の求人数が豊富
・レジュメビルダーで職務経歴書を簡単に作成可能
・自己PR診断やキャリアタイプ診断など独自機能多数
公式サイトhttps://doda.jp/

dodaは「はたらいて、笑おう。」がグループビジョンのパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。リクルートエージェントに次いで豊富な求人数を保有しています。

特に首都圏の求人数が豊富なので、地方より首都圏で働きたい人におすすめです。

dodaは転職エージェントと転職サイトが一体化しているのが特徴です。サポートを受けたいときは転職エージェント、自分のペースで進めたいときは転職サイトというように使い分けられます。

レジュメビルダーなど初めての転職者にも優しい機能があるのもdodaの強みです。さまざまな機能を駆使して、新卒2年目での転職を成功させましょう。

新卒2年目で仕事を辞めたい場合のQ&A

新卒2年目で仕事を辞めたいときのよくある疑問と回答をまとめました。あらかじめ疑問点を解消しておくことが、仕事辞めるか続けるかの判断材料になります。

リンクをタップすると読みたい場所にスキップできます。

2年ごと転職・2年で転職を繰り返すのはだめ?

2年ごと転職すると企業に良い印象を与えない場合があります。例えば大卒で入社してから2年ごと転職すると、20代のうちに3回転職する計算です。

転職回数が多いと企業は「長く働いてくれないのではないか」と疑心暗鬼になるもの。30代で再び転職しようとしても、2年で転職を繰り返している人材を積極的に採用しようと思わないでしょう。

まずは1つの会社でスキルを磨き、業績アップに貢献することを意識してください。

新卒2年目でも異業種へ転職できる?

新卒2年目でも異業種への転職は可能です。第二新卒歓迎の求人に応募すれば転職先が見つかるでしょう。

ただし転職理由は明確にする必要があります。単に「新しい仕事に挑戦したいから」という理由では採用担当者の心に響くことはないでしょう。

「なぜ異業種なのか」を具体的に考えることが転職を成功させる秘訣です。1人で転職理由や志望動機を考えることが難しい場合は、リクルートエージェントなどの転職エージェントを活用してください。

新卒2年目で転職した場合の年収は?

就活支援サービスのリクらくによると、第二新卒の平均年収は300万円前後です。即戦力というより将来性を期待して採用されるため、転職しても大幅な年収アップは臨めないと考えておいてください。

ただし転職先の企業でスキルや実績を身につければ、入社から2,3年後には年収アップが期待できるでしょう。

社会人2年目で事務職への転職は可能?

社会人2年目で事務職へ転職することは可能です。ただし事務職は人気の職種なので、ほかの応募者と差別化を図る必要があります。

あなたを採用することで会社側にどのようなメリットがあるのかアピールしましょう。長く働き続けて会社と一緒に成長していきたいことも伝えられると採用担当者から高評価をもらえます。

看護師2年目の転職は厳しい?

看護師2年目の転職は厳しい傾向にあります。採用担当者に「1年しか続かなかったのか」という印象を与えてしまうからです。

ただし、人間関係に悩んでいたり仕事が精神的に辛すぎる場合は転職を検討すべきです。前向きな転職理由を伝えれば看護師2年目でも転職を成功させられます。

新卒2年目の女性の転職は難しい?

新卒2年目の女性も転職は難しい傾向にあります。しかし女性だから厳しいわけではなく新卒2年目だから難しいということを理解しておきましょう。

女性の場合も第二新卒歓迎の求人に応募することがポイントです。dodaやマイナビ転職のほか、第二新卒の女性専用転職サイトのRe就活 WOMANを活用しましょう。

スキルなしでも第二新卒枠で採用してもらえる?

スキルがない第二新卒でも採用してもらえます。企業側は第二新卒に特別なスキルが身についていることを求めていないからです。

スキルよりも基本的なビジネスマナーや社会人として仕事に臨む姿勢をチェックしています。働く意欲があることをアピールし転職を成功させましょう。

1年だけ正社員で働くのはあり?

企業側は1年だけ正社員で働こうとする人を積極的に採用しようと思いません。長く働いてくれる人材を正社員として採用するからです。

ライフイベントなどの事情があり1年だけ働くのであれば、正社員ではなく派遣やパートの求人に応募しましょう。

新卒2年目で会社を辞めるなら事前準備をしっかりしよう

新卒2年目になると仕事を辞めたいと感じやすくなります。主な理由は次の6つです。

  • 仕事に慣れてきたから
  • 業務量が増えたから
  • 仕事に向いていないと感じるから
  • 労働条件が良くないから
  • 1年目よりサポートしてもらえないから
  • 職場の内情が見えてくるから

新卒2年目で会社を辞めたいと感じときは、なぜ辞めたいのか理由を整理してください。「何となく辞めたいから」という理由では、次の職場でもすぐ辞めたいという気持ちになります。

今の仕事をやり切っていなかったり、引き留められて気持ちが揺らいだりするなら会社を辞めない方が良いでしょう。ただし転職の意思が固い場合は、転職理由を明確にしたうえで在職中に転職活動を始めることがポイントです。

第二新卒歓迎の求人に応募することが転職を成功させる秘訣です。新卒2年目で会社を辞めるなら事前準備に力を入れてください。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら