転職半年でまた転職はアリ?判断のポイントと転職を成功させる方法

  • 「転職して半年でまた転職するのってアリかな?」
  • 「さすがに半年っていうのは早すぎる?我慢が限界なんだけど…」

こんな悩みをお持ちではありませんか?

厳しい言い方になりますが、正直、転職して半年での再転職はあまりおすすめできません

数ヶ月でも半年でも転職自体は可能ですが、一般的な転職のタイミングとして早すぎるので、「キャリアにならない」「忍耐力がないイメージがつく」など次の転職に悪い影響を与えるリスクが生じます。

ただ場合によっては、半年で再転職した方が良いケースもありますし、企業も「半年くらいで前職を離職する人」を採用するメリットを感じている所があります。

そこで本記事では、「転職して半年でも再転職して良いケース」「勤続半年で転職する人を採用する企業のメリット」について解説します。

また、頭に入れておかねばならない、転職半年の転職で考えられるデメリットをくわしくお伝えします。

最後まで読めば、入社半年で会社を辞めたくなったとき、どうするべきかのヒントが見つかります。転職に悩むあなたが後悔のないキャリアを選ぶために、この記事が役立つことを願っています。

1.転職して半年で再転職しても良い2つのケース

転職して半年しか経っていなくても、転職を考えた方が良いといえるケースは2つあります。

  • 心や身体が辛い
  • (どうしても)異業種の仕事を始めたい

あなたはどちらかにあてはまるでしょうか?

それぞれ解説していきますので、自分の状況と照らし合わせながら読んでいってください。

1-1.心や身体が辛い

次に挙げるような悩みを持っている人は、勤続半年でもなるべく早く転職した方が良いです。

転職することで、心や身体が楽になります

  • 残業や休日出勤が多く身体が悲鳴をあげている
  • 上司や先輩によるパワハラがある
  • 入社前に聞いた条件と現状が大きく違っている(雇用形態・給与・勤務地・配属部署・職務内容等​​)
  • 入社後に与えられた職務が​​やりたい仕事とズレている

改善の余地があるのであれば会社に相談してみるのも一案ですが、「どこの会社でもこのようなものだ」といった反応をされたり、相談に耳を傾けてくれない職場の場合は、働き続けることはおすすめしません。

半年を待たず、たとえ数ヶ月しか経っていなくても、早めに転職を決断するべきでしょう。

1-2.(どうしても)異業種の仕事を始めたい

あなたが社会人になって半年しか経ていない20代で、未経験の異業種の仕事を始めたいと強く思っているのなら、半年での転職も悪い選択ではありません。

ただ、20代で異業種の仕事をしたい人なら誰でも半年で転職した方が良いというわけではなく、次のような条件にあてはまる人に限ります。

  • 異業種を始めたいと本気で思っている(現職に飽きたといった理由ではないことが重要)
  • 一から出直しになったとしても携わりたいと思える転職先(異業種)がある

社会人になって半年の20代なら、新しいことへ挑戦する体力・精神力もあって、教育次第で未経験のことでも能力を伸ばしやすいでしょう。

また、現状多くの業種において、経験よりも将来性が重視され、若くてポテンシャルの高い人材が歓迎される傾向にあるので、しっかりした意志を持ってのぞめば、半年で転職したという「早すぎる」イメージは払拭できます

2.転職半年でも企業が肯定的にみてくれる場合がある

転職半年での退職は一般的なタイミングからみると早すぎますが、それを企業が肯定的にとらえてくれ、採用に結びつく場合があります。

それは、早期転職者を採用することが、企業に3つのメリットをもたらすからです。

  • 教育コストが省ける
  • ミスマッチが少ない
  • 他社の色に染まっていない

これらは、半年で再転職する人に対して企業が求めている要素と言い換えることもできます。

順に解説していきますので、しっかり把握しておきましょう。

2-1.教育コストが省ける

転職して半年の人を企業が採用するメリットとして教育コストが省けることが挙げられます。

半年勤めた人は新卒時に既に社会人研修を終えていて、期間は短くても1度は正社員として勤務しているので、最低限のビジネスマナーや、電話応対、基本的なPC操作などのスキルも身についているはずです。

企業は、社会人としてのスキルやマナーを1から教える手間がかからず、入社後すぐに本業務に入れる即戦力が得られることになります。

2-2.ミスマッチが少ない

企業は、転職経験者は新しく勤める会社とのミスマッチが少ないという期待を抱きます。

新卒者は、入社してから「思っていたような仕事じゃなかった」といった採用前と採用後のイメージのギャップに悩んだり、短期間で離職してしまう場合があります。

それを既に経験済みの人は、慎重に転職活動を行うため、企業を見るポイントや条件などが明確で、疑問や不安があっても積極的に面接などで解消していくので、入社後のミスマッチが少なくなります

入社後にギャップを感じて離職されることを回避したい企業にとっては、ミスマッチが少ないのは大きなメリットです。

2-3.他社の色に染まっていない

1つの会社に勤めた期間が短いため、まだ他社の色に染まっていないことも、企業が転職して半年の人に魅力を感じる理由の1つです。

1つの会社に長く勤めると仕事のやり方にこだわりが生まれ、知らないうちに会社の色に染まっていきます。

その会社にいる限り決して悪いことではないのですが、転職をしたときには、新しい職場に馴染みにくくなるケースがあるのです。

その点、半年しか勤めていない人は未だ会社のやり方に染まっておらず、新しい職場や環境になじみやすく柔軟性を持った対応ができます

若いので、新しい仕事ののみ込みも早く、素直に吸収してくれ、自社の色に染めていくことができます。

多くの企業は、即戦力でありながら、若くて他社の色に染まっていない伸びしろのある人材を求めています。

3.転職して半年の転職で考えられるデメリット

半年で再転職して良いケースや、企業が早期転職者に期待感を持っていることを解説しましたが、冒頭で述べたように、早いタイミングの転職にはリスクがあることも事実です。

ここでは、転職半年の転職で考えられるデメリットを解説します。

  • 忍耐力がなく「すぐ辞める人材」と思われる
  • 転職で何の経験もアピールもできない
  • 収入が低くなる可能性がある
  • キャリアアップが遅れるリスクがある

3-1.忍耐力がなく「すぐ辞める人材」と思われる

転職半年でまた転職する場合、企業には、忍耐力がなく、またすぐ辞めてしまうような人材と思われる可能性があります。

「我慢が足りない人」「すぐ諦めるタイプ」と判断されてしまうのです

企業としては、採用したからには長く働いて会社に貢献してくれる人材を期待しています。

未経験に近い社員を迎え入れて、仕事を教え、1人前に育てていくのは、将来的に会社のためになってくれると信じてのことです。

その視点でみると転職半年で転職する人は、極端ないい方をすれば、前の会社の期待と信頼を裏切って、何の貢献もしないままに離職した人ということになり、「ウチの会社もすぐ辞めてしまうんじゃないか…?」と、不安を持たれてしまいます。

転職半年で転職を考える場合は、企業に早期退職の理由を明確に伝えることで「長続きしない人」という印象を払拭して、信頼を勝ちとる努力が必要になります。

3-2.転職で何の経験もアピールできない

半年の勤務で転職する際には、新しい会社には何の経験もアピールできません。

前職で培ったスキルは、ほとんどないと思った方が良いでしょう

どの企業においても、半年くらいは研修期間、試用期間で、本業の仕事に1人で携わることは考えられません。

仮に何か実績を出したとして、それをアピールしたとしても、勤務期間が半年では、あなたの能力というよりビギナーズラックのような印象を与えてしまいます。

入社半年での転職では、前職での成果をアピールすることにあまり効果がないことを心得ておいてください。

経験や成果ではなく、前職で学んだことにより、これからどうしたいと考えているのかを明確に説明して、成長する意欲があることを示していった方が良いでしょう

3-3.収入が低くなる可能性がある

入社半年の転職では、いま現在よりも給与が下がる可能性があります。

一般に、勤続年数を含めて実績やスキルがあると判断することで給与は上がっていくのであって、転職した場合、その会社での実績はゼロからになってしまうからです

ある程度のスキルが認められて採用されたとしても、必ずしも前の会社での給与が維持されるわけではありません。

今と同じ様な規模や給与水準の会社に入社したとしても、転職すると給与が下がってしまうリスクがあることを理解しておきましょう。

3-4.キャリアアップが遅れるリスクがある

転職して半年で再転職した場合、キャリアアップ(※)が遅れるリスクがあります。

キャリアアップ」とは
能力を向上させて経歴が高まること。現職より収入が高い仕事を得たりポジションが上がること。

たとえば、同年齢で同じ様なスキルを持っている人がいた場合、ほとんどの場合、積み上げ年数のない人の方がキャリアアップは遅くなります。

年下の人が、上司になることも珍しくありません。

収入の所で述べたように、スキルや経験の評価が、転職すると再度一からのスタートになるのです。

転職を繰り返すと、自分としての経験や知見は広がりますが、会社からの評価が反映されるキャリアアップは遅れる可能性があることを覚悟しておきましょう。

転職のベストなタイミングはいつ?

デメリットを見たあとだと「じゃ、転職のベストなタイミングはいつ?」と思っているかもしれません。

それは年齢や状況、業種によっても違うので一概にはいえませんが、ここに一般的な例を示していきますので、あなたの “転職のベストタイミング” を見極める参考にしてください。

30歳までを目途とする

今の仕事でのキャリアアップに限界を感じた場合、また、異業種への転職を考える場合、一般にベストのタイミングは「30歳まで」といわれています

新しい環境に、ストレスを感じず適応しやすいと考えられている年齢の目安になります。

【原則】新卒なら1年は我慢する

「新卒入社なら3年は我慢するべし」といった考え方は廃れつつありますが、あまりに早い離職には3章のようなデメリットがあるのも現実です。

昨今企業に重宝される第二新卒が「新卒の会社を1年〜3年以内に離職し転職する人たち」を指すことからも分かるように、転職のベストタイミングは「早くとも入社1年を待ってから」と考えた方が良いでしょう。

資格をとったタイミング

希望する職種に対応した資格を取ってからのタイミングで転職する方が、有利に転職活動を展開できると考えられます。

ライフイベントに合わせたタイミング

結婚や出産(育児)などのライフイベントに合わせて転職すると、休暇などが有効に使えます。

たとえば出産を考える女性の場合、育児休暇を取得することを見据えて、【出産を考えている時期から1年以上前】が転職にはベストのタイミングと言えそうです。

4.転職半年で再転職するか迷ったら考えるべきこと

転職半年での再転職の有利な面、不利な面をご理解いただけましたでしょうか。

わかった上で、まだ転職するかどうか迷ってしまうという方は、以下のことを自問自答してみてください。

  • 転職の理由はハッキリしていますか?
  • 転職後のビジョンは明確ですか?
  • 評価されない不満から転職を考えていませんか?
  • 心身に支障をきたすような問題がありますか?

4-1.理由がハッキリしていないなら転職しない

あなたが会社を辞めて転職したい理由はハッキリしているでしょうか?

ハッキリした答えを思いつかないとしたら、今は転職をおすすめできません。

「なんとなく合わない」といった漠然とした理由では、転職が失敗する可能性が高いからです。

何ひとつ不満のない、あなたにとって完璧な会社などどこにもありません。

「なんとなく合わない」程度の軽い気持ちで転職してしまうと、そこでもやっぱり「何か合わない」という同じ悩みを繰り返すことになってしまいます。

もし今、会社に対してなにかしっくりこないという悩みを抱えているなら、まずは、その悩みの原因を明確にするところから始めてみましょう。

4-2.転職後のビジョンが明確なら転職する

転職後のビジョンは明確ですか?

転職してやりたい仕事のビジョンがはっきり描けている人には、転職をおすすめします。

ビジョンとは、その仕事に就くことでどんな活躍ができるのか?どんな風にキャリアアップしていくか?、といった転職後の自分の姿を具体的にイメージすることを指しています。

やりたい仕事があっても、ビジョンが定まっていないのであれば、まだ転職しない方が良いでしょう

やりたい!興味がある!というだけで安易に次の転職先を選ぶと、入社後にさまざまなミスマッチが生じたり、新たな不満が生まれたりする可能性があります。

さらに、やりたい思いだけでは、入社したものの、企業が求めるスキルに実力が見合っていなかったという事態も起こり得ます。

まずは自分の市場価値と、企業が求める人材を照らし合わせ、転職後のビジョンを描いてみましょう。

ビジョンが中途半端だったり、スキルや知識不足を感じる場合は、急いで転職するのではなく、今の会社で少しずつステップアップしていく道を選びましょう

4-3.評価されない不満が理由なら転職しない

「頑張っているのに評価されない」、といった不満から転職を考えていないでしょうか?

「ここでは自分の評価が低すぎる」といった不満で転職を考えているなら、半年しか経っていないタイミングで転職するのは早計です。

転職したら、あなたは次の会社でも遅かれ早かれ同じような不満を抱えることになるでしょう。

評価というのは平均的な働きではなかなかされないものです。目標達成率などで表しやすい営業職ならまだしも、事務職のような職種では指標がないため難しい部分があります。

それでも、仕事をしっかり頑張るのは当たり前ですよね。あなた以外の人も皆頑張っています。

評価されない不満で転職を考えている人は、転職より先に、まずは今の職場で自分の中に会社や仕事に対する甘さがないか、自分が評価されないことをまわりのせいにしていないか考えてみてください。

「正当な評価がされない」という理由で転職をしようとしても、企業側には「今の職場で結果が出せていないのに、まわりのせいにして転職しようとしているのでは」と判断され、良いイメージを持たれません。

4-4.心身に支障をきたすような問題がある人はすぐ転職!

今の会社に心身に支障をきたすような問題を抱えていますか?

抱えているという人は、考えたり迷ったりする必要はありません!すぐに転職を検討してください。

無理して働き続けることで、心身共に壊れて取り返しがつかなくなってしまう可能性があります。

解決できない悩みとは、セクハラやパワハラ、または体調に支障をきたすほど過酷な労働を強いられるブラック企業であるようなケースです。

責任感や犠牲的精神から無理して働き続けると、身体ばかりか心まで侵されてしまいます。心の病は短期間では治らないので、人生の貴重な時間が浪費されてしまいます。

仕事が原因で「眠れない」「食べる気力がない」「胃痛がある」「気分が沈む」という症状が続くようであれば、それは正常なことではありません。

一刻も早く転職することをおすすめします。

5.転職して半年の再転職を成功させる方法

ここまでお読みいただき、勤続半年での転職のリスクも承知した上で、転職実現に向けて動き始めた方に、成功させるための方法をお伝えします。

  • 退職理由はポジティブに伝える
  • マナーやスキルが備わっている点をアピールする
  • コミュニケーション能力の高さをアピールする

5-1.退職理由はポジティブに伝える

退職理由はポジティブに伝えましょう

前の会社の批判や不満ともとれるマイナスな理由を述べてしまうと、相手は良い印象を抱きません。

応募先企業には、あなたの前の会社についての客観的な情報もないため正当な判断は難しいのです。

「半年で転職しようとしている人」というイメージも手伝って、すぐ文句をいう、忍耐力がない人材と見られてしまいます。たとえば「上司や同僚とうまくいかなかった」という理由をそのまま伝えると不満に聞こえますが、

「私の努力不足も要因のひとつですが、職場の人間関係が良いとはいえないことで、仕事への支障も出ていたことから、より良い環境で働きたいと転職を決意しました」

というように伝えれば、イメージが良くなります。

何より注意すべきなのは、退職理由が「会社のせい」に聞こえないようにすることです。

会社のせいにすると、それは「悪口」と受け取られ、「入社しても忍耐力がないから、すぐにまた不満を言い出すだろう」と敬遠されてしまいます。

退職理由は視点を変えて、プラスな表現になるよう気を配りましょう。

5-2.マナーやスキルが備わっている点をアピールする

転職成功のためには、半年であっても社会人の経験があることで、基本的なマナーやスキルが備わっている点をアピールしましょう

入社半年で転職する人を敢えて採用する場合、企業はその人材が研修期間を経ている「即戦力」であることに期待しています

勤務期間が半年なら目立った実績がないことは仕方ありませんが、それでも、電話応対や基本的なPC操作など基礎的なマナーの他、希望職種に使えるスキルが身についていることが伝われば、教育コストが省け即戦力になる人材だと判断されます。

具体的な例として、マナーやスキルが備わっていることをアピールした以下の例文をご覧ください。

「私は大学を卒業後、〇〇株式会社にて半年ではございますが営業の仕事をしてきました。新卒時の研修では、名刺交換や電話応対などのビジネスマナーを学び、営業に配属されて、商社の仕事に打ち込みました。先輩と共に取引先を回ったりする中で、営業職の基本を学ぶことができました。…」

このように、入社後すぐに本業務に入れる人材であることをしっかりアピールすることが、転職半年の再転職を成功させる大きなポイントになります。

5-3.コミュニケーション能力の高さをアピールする

コミュニケーション能力の高さをアピールすることも、転職成功のために重要です。

企業は、半年で前職を辞めてしまうあなたに対して『協調性に問題があるのでは?』という懸念を抱いています。

採用担当者は、上司、同僚、部下、顧客とコミュニケーションをしっかりとってやっていけるか?という観点であなたの協調性を見極めようとします。

また「部署のみんなはこの人と一緒に働きたいと思うだろうか」ということも考慮されます。

コミュニケーション能力は、言葉だけでは判断しづらいので、何か1つの仕事を仲間と協力して達成したというような具体的なエピソードを交えると、あなたの人と成りが伝わりやすくなります

会社での体験がなければ、学生時代の部活動等の話でも良いでしょう。

たとえば、以下のようなエピソードです。

私は、高校時代バレー部に所属していました。1年のころ、コーチの指導は厳しく、我々下級生は怯えながら練習に参加するなど、チームの雰囲気やモチベーションは最悪でした。

2年生になったとき、このままではいけないと感じた私は後輩に今の状況をどう思っているか聞くことにしました。親身になって聞くと、後輩たちは率直な思いや、実戦形式の練習をしたいということを打ち明けてくれました。私は思いきって、コーチや先輩に彼らの思いを伝えました。…

それからはチームのあり方を皆で話し合うようになり、小さな大会でしたが初めて準優勝することができました。あのときの喜びは忘れられません。

社会人としての経験や実績が豊富でなかったとしても、「この人と一緒に働いてみたい」と思わせる人柄や熱意が伝わることで、転職成功の可能性を高めることができます

6.再転職する人におすすめの転職エージェント5選

転職半年で再び始める転職活動に不安を覚えたり、どのように進めていけば良いのか悩んでしまうという場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用サイトでは公開していない「非公開求人」を数多く保有しており、個人では探すことが難しい求人に出会える可能性が高まります

また、転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが企業と求職者の間に立ち、希望や条件、目標などをもとに、転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントは数多くありますが、ここでは転職半年で再転職をお考えの方におすすめのエージェントを5つご紹介します。

6-1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は、圧倒的なデータを元に転職をサポートします。

業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇っているほか、リクルートならではの、職務経歴書を簡単に作る「レジュメNavi」や、企業の社風までわかる「AGENT REPORT」などコンテンツも充実しています。

【リクルートエージェント】

特徴
  • 業界トップクラスの求人件数!
  • 転職支援実績は累計45万人以上
  • 現在「電話・オンライン」での転職相談を実施中
  • 20代〜50代まで幅広い年齢の方に対応
公式サイトリクルートエージェント

6-2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェント」は国内最大級の転職実績を持っていて、特に20代や初めて転職する方に適した転職エージェントです。

営業職やIT技術職といった様々な業界に精通したアドバイザーが在籍、マイナビだけの独占求人が非常に多いことも魅力のひとつです。

大手や人気企業の穴場求人を求めている方、若くしてキャリアアップしたい!とお考えの方に特におすすめです。

【マイナビエージェント】

特徴
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo1!
  • マイナビだけの独占求人が多い
  • 大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプがある
  • 現在「電話・オンライン」での転職相談を実施中
公式サイトマイナビエージェント

6-3.doda

doda

出典:doda

doda」は、日本最大級の転職支援実績と取扱い求人数を誇る転職サービスです。

「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の機能を持っているのが特徴で、自分のペースで就活をしたい人は求人検索を利用し、個人での転職活動が不安な人、時間がない人はエージェントを利用するなど自分の状況に合わせた活用ができます。

大手企業からベンチャー企業まで多くの求人を扱っていて、キャリアアップや新たなチャレンジなど様々な要望が叶います。

【doda】

特徴
  • 自分のペースで転職活動ができる!
  • 年収査定や合格診断などのコンテンツが充実
  • 大手優良企業への転職実績多数
  • 現在「電話・オンライン」での転職相談を実施中
公式サイトdoda

6-4.DYM就職

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職」は、利用者の就職率96%を誇るDYM就職は第二新卒専門の正社員就職サポートサービスで、第二新卒の転職に精通したプロのサポートを受けられます。

特徴は書類選考なしで面接を受けられる企業を紹介してもらえること。

書類選考による足切りがなく面接で自分をしっかりアピールできます。

【DYM就職】

特徴
  • 書類選考なしで面接から選考を受けられる企業が紹介してもらえる
  • ブルーカラー系の求人が多い
公式サイトDYM就職

6-5.第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

出典:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo」は、第二新卒、フリーター、既卒者を対象にしている転職エージェントです。

厳しい基準でブラック企業は除外し、優良企業だけを紹介しています。

また内定をもらった後も内定者セミナーを行い、しっかりと就業していけるように登録者をサポートしています。

【第二新卒エージェントneo】

特徴

  • 20代に特化した就職・転職サポート
  • 厳選した優良企業を紹介
公式サイト第二新卒エージェントneo

7.まとめ

転職して半年で再転職しても良いケースは2つあります。

  • 心や身体が辛い
  • 異業種の仕事を本気で始めたいと思っている

転職して半年で転職する場合に考えられるデメリットは次のようなものです。

  • 忍耐力がなく「すぐ辞める人材」と思われる
  • 転職で何の経験もアピールできない
  • 収入が低くなる可能性がある
  • キャリアアップが遅れるリスクがある

早期転職の良い面、悪い面を把握した上で、自分の気持ちをしっかり確かめて判断してください。

最後に、新たな転職を成功させる3つのポイントをおさらいしておきましょう。

  • 退職理由はポジティブに伝える
  • マナーやスキルが備わっている点をアピールする
  • コミュニケーション能力の高さをアピールする

いい加減な気持ちで前職を辞めたわけではないということをポジティブに伝えること、そのためには、自分の転職に対するビジョンを明確にしておくことが重要になります。

コメント

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら