【転職を悩む人必見】転職すべきでない人・大丈夫な人の特徴を解説

「転職をするかどうか悩むなあ…」

と感じていませんか?

実は転職をすべきでない人、しても大丈夫な人にはそれぞれ次のような特徴があります。

転職をすべきでない人

  • 転職によって実現したいことが定まっていない人
  • 転職で実現したいことの優先順位が整理されていない人
  • 現状に不満を抱えているのに改善努力をしていない人
  • 入社したばかりの人

転職をしても大丈夫な人

  • 転職によって実現したいことがあり、その優先順位を決められている人
  • 現職での不満が改善する見込みがない人
  • 現職ではこれ以上成長できない人

ただし、転職をすべきでない人、しても大丈夫な人の特徴だけでなく「両者がどう違うのかについて」や「転職を悩む場合の判断ポイント」も併せて知っておくことで、よりご自身が転職をするべきなのか判断しやすくなります。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

この記事の内容

  • 転職をすべきではない人
  • 転職をしても大丈夫な人
  • 転職をすべきではない人と大丈夫な人の違い
  • それでも転職を悩む場合は、「現職のメリット」「転職後のメリット」を比較する
  • 決断できない場合には転職のプロへ相談がおすすめ
  • 転職をしようと決断したらやるべきこと

この記事を読むことで、転職に悩んでいる人が「自分は転職をするべきなのか?」冷静に判断ができるようになります。

またそれだけでなく、転職する決断をした場合には、まずやるべき行動を知って、今から転職に向けて動けるようになれます。

ぜひ、最後まで確認してみてください。

1.【悩む人必見】転職をすべきではない人

転職 悩む

まずは、転職をすべきではない人について解説していきます。

転職をすべきではない人は、以下の4パターンあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

1-1.転職によって実現したいことが定まっていない人

転職すべきではない人のひとつのパターンとして「転職によって実現したいこと」が定まっていない人が挙げられます。

そのような人は、自分にとって「働く上で何が重要な条件か」分からず、転職してもミスマッチを起こしやすくなってしまいます。

どんな会社に転職をし、どんな仕事ができるのが理想なのか、どんな働き方ができると充実するのか、を明確にしないと、自分とは合わない会社・業務内容・働き方をすることになってしまうのです。

例えば、友人が転職したというのを聞き「自分も転職できるのではないか」と考えて転職活動を始めた人の場合です。

「同業他社へ転職をしてスキルアップしたい」など、実現したいことを明確に決めていないため、曖昧な転職理由しか面接で企業に伝えることができません。

また転職先が決まったとしても「前職のほうが仕事内容が合っていた」などと、転職先に入社して働き出してから後悔してしまいます。

次のような状態に陥っている人は、転職によって実現したいことが定まっていない可能性が高いので、一度立ち止まって自分が転職をするべきかどうか考えてみましょう。

転職によってやりたいことが決まっていない状態に陥りがちな人

  • 現在の会社に明確な不満があるわけではないものの、マンネリ化している人
  • 友人や同僚が転職したことがきっかけで転職活動を始めようと考えた人

1-2.転職で実現したいことの優先順位が整理されていない人

転職で実現したいことが複数ある場合に、その優先順位を決められない人も、今すぐ転職をするべきではないでしょう。

なぜなら「自分にとって働く上で何が一番重要な条件なのか」が分からず、転職してもミスマッチを起こしやすいからです。

例えば、現職での給与が少なく、転職で給与アップを求めて転職を行った求職者について考えてみましょう。

転職によって給与はアップしたものの、いざ働いてみると仕事内容にやりがいを持てず、結局仕事を辞め、また転職をすることになってしまいました。

この場合、給与アップという条件ではなく「仕事のやりがいのほうが優先順位が高い」ということを明確化していなかったためにミスマッチが起こってしまったのです。

次のように、転職によって叶えられる条件は多数ありますが、この中から自分が一番重要視する優先順位を明らかにできていない場合は、今すぐ転職をするべきではないでしょう。

仕事内容
  • 現職のスキルや経験を活かせる
  • 経験やスキルを習得できる
  • 希望の職種に就ける
  • 希望の業種で働ける
  • 希望の開発・研究環境で働ける
  • 言語や語学を活かせる
  • 資格を活かせる
収入
  • 年収
  • 月収
  • 賞与
  • 特別手当の有無
  • インセンティブの有無
労働環境・雇用形態・働き方
  • 希望の勤務地
  • 転勤の有無
  • 通勤手段
  • 正社員なのか契約社員なのか
  • フレックス制度の有無
  • 時短勤務の有無
  • 副業が許されているかどうか
  • テレワークの有無
休日・休暇・勤務時間
  • 土日祝日が休み
  • 5日以上の連続休暇が取れるのかどうか
  • 基本的に定時退社なのかどうか
  • 残業が少ないかどうか
福利厚生
  • 退職金制度の有無
  • 年金制度の有無(企業年金や確定拠出年金など)
  • 社宅や家賃補助の有無
  • 育児制度の有無
  • 介護支援制度の有無
  • 企業の健康保険組合の有無
  • 従業員の持ち株会制度の有無
昇給・昇進・異動
  • 教育研修制度の有無
  • 明確な評価制度の有無
  • 成果主義か、年功序列型か
  • ジョブローテーションの有無
  • 異動希望が出せるかどうか
会社組織・経営方針
  • 上場企業なのか、非上場企業なのか
  • 外資系であるかどうか
  • 社員数(多い/少ない)
  • 社員の定着率・離職率
  • 管理職、役員の男女比率
  • 経営方針や経営理念に共感できるかどうか
  • 社風
  • 技術力や商品力があるのかどうか
  • 海外事業への展開の有無

1-3.現状に不満を抱えているのに改善努力をしていない人

現職に不満を抱えているのにもかかわらず、改善努力をしない人は、転職をするべきではないでしょう。

その理由は、転職してもまた同じような悩みを抱える可能性があるからです。

転職会議が実施した「転職後にミスマッチを感じやすい項目の調査」では、実際に次のような結果が出ています。

▼転職後にミスマッチを感じやすい項目の調査

転職後のミスマッチの項目割合
労働環境に悩んで転職した人のうち、転職後も労働環境にギャップを感じている人57.6%
人間関係に悩んで転職した人のうち、転職後も人間関係にギャップを感じている人53.3%
仕事内容に悩んだため転職した人のうち、転職後も仕事内容にギャップを感じている人50.0%

つまり、現職に不満を抱えて転職をしても、転職先でまた同じ悩みを抱えている人が半数以上いるのです。

現状に不満を感じて改善努力を行った場合、もし改善すれば現職でそのまま気持ちよく働き続けることができ、改善しなかった場合には、転職をして気持ちを新たに仕事に取り組めます。

もし転職先でも同じような問題が発生した場合には、一度、改善努力を行った経験から対処法がわかり、自分の働きやすい環境を自分で作り上げていくことができるのです。

したがって、現状に不満を持っているのに改善努力ができていない人は、転職するべきではないでしょう。

1-4.入社したばかりの人

新卒で入社して数ヶ月や1年、もしくは転職したばかりの人は、基本的にすぐに転職するべきではないでしょう。

というのも、5年後や10年後のキャリアや理想の働き方を見据えた判断ができていない可能性があるからです。

「今の状況から脱したい」「不満を解消したい」など、目の前のことから逃げ出したい気持ちになると冷静な判断が難しくなりますが、長い目で見ると、現職にいることで身に付けられるスキル・経験があったり、キャリアを築いていけたりする可能性があります。

例えば、仕事がすぐに覚えられず、「自分には今の仕事は向かないかもしれない」と辛くなって転職を考えている場合です。

「今の辛い状況から脱したい」という気持ちはわかりますが、そこで転職を選んでしまうと、身につくはずだったスキルや経験を得ることなく、転職をすることになります。

そうすると、転職活動においてアピールできるスキルや経験が少ないため、今後のキャリアにおいても発展が望めなくなってしまう可能性があるのです。

入社したばかりの状況で「仕事を辞めたい」「転職したい」と考えている場合は、今すぐ転職をするのではなく、長い目で自分のキャリアを見据えて、「今転職が必要かどうか」を考えてみる必要があります。

2.転職をしても大丈夫な人

転職 悩む

次に、転職をしても大丈夫な人について解説していきます。

転職をしても大丈夫な人は以下の3パターンあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1.転職によって実現したいことがあり、その優先順位を決めている人

転職によって実現したいことが定まっていて、さらにその優先順位付けもできている人は、転職しても大丈夫です。

なぜなら、最優先で実現したいことを軸にして転職活動中の企業選びや、内定をもらった会社へ入社を決めるかどうかもを決められるので、ブレない選択ができ、満足度の高い転職ができるからです。

例えば、現職では残業が多すぎるので、転職によって「残業が少ない企業で働き、家族との時間を作りたい」ということを一番に叶えたい場合です。

転職する目的が明確になっていて、優先順位も明らかなので、ブレない軸で転職活動を行えます。

2-2.現職での不満が改善する見込みがない人

現職で不満を感じ、改善努力をしたけれど改善されなかった場合や、そもそも改善のしようがない状況の場合は、転職をしたほうが良いでしょう。

会社の状況を自力で改善できない場合は、働く環境を変えたほうが、仕事のやる気が出るだけでなく、より良いスキル・経験を積んでいけるからです。

例えば、残業が当たり前の職場に勤めている場合です。

自身の仕事の効率化を行ったけれど、どれだけ仕事のスピードを上げても残業が終わりません。

また、上司に「仕事量の調整をして欲しい」と訴えたけれど「みんなも同じように働いてるんだからあなただけ仕事を減らすわけにはいかない」「残業して、仕事を進めてもらわないと困る」と言われてしまい、状況を改善する余地がない状況です。

このような場合は、働く環境を変えたほうが、解決する可能性があります。

また一度改善するために行動を起こしているため、もしも次の会社で同じ状況になった場合に、対処しやすくなるのです。

2-3.現職ではこれ以上成長できない人

現職ではこれ以上成長できないと考えられる場合は、転職をしても大丈夫だと言えます。

そのような場合は、転職をしたほうが、キャリアを作る上で習得したいスキルや経験を培えるのです。

例えば、現在26歳のシステムエンジニアのAさんの以下の例を考えてみましょう。

Aさんは10年後には「50人規模のプロジェクトをまとめるプロジェクトマネージャーになりたい」とキャリアを考えています。

10年後、プロジェクトマネージャーになっているためには、5年後に小規模プロジェクトのリーダーになっているのが理想ですが、現在の会社では2次請け、3次請けの仕事ばかりで、5年後、10年後のプランを叶えるのは難しそうです。

このような場合、このプランを叶えられる同業他社に転職をすれば、現職では叶わないキャリアを作り上げていくことができます。

自分の理想のキャリアを考えた際に、現職でこれ以上の成長が見込めるのかどうか判断するために、上司や先輩の仕事ぶりを観察してみましょう。

自分の5年後や10年後の理想の姿がが叶えられそうか、ひとつの判断基準となるでしょう。

3.転職をすべきでない人と大丈夫な人の違いは「ビジョン」があるかどうか

ここまで「転職をすべきではない人」と「転職しても大丈夫な人」について解説をしました。

両者の違いは、転職した後のビジョンを持っているかどうかです。

転職後のビジョンがある人は転職をしても大丈夫であると言えますが、ない人は転職すべきではないでしょう。

なぜなら、転職後のビジョンがある人はブレない企業選びや転職活動を行えるので、自分の望む条件の会社へと転職できるからです。

一方で転職後のビジョンを持たない人は、転職によってどうなりたいのかが不明確なので、「転職先の決定=ゴール」になり、企業選びからブレてしまいます。

本当に望む会社の条件は何か明確でないため、転職ができても、何かしらの不満が発生してしまうのです。

例えば、現職がWEBデザイナーのAさん、Bさんがそれぞれ転職したい場合です。

▼Aさんのケース

Aさんは「5年後にはそのスキル・人脈を生かして独立したい」というビジョンがあります。

そのため「WEBデザインのスキルアップができ、人脈を構築できる」ことを軸に会社を選び、自分が納得できる企業から内定がもらえるまで転職を続け、自分のビジョンを実現できそうな会社から内定がもらえたタイミングで、転職活動を満足して終えました。

▼Bさんのケース

Bさんはビジョンがなく、WEBデザイナーをこのまま続けるのか、他の職種にキャリアチェンジするのかどうかも定まりません。

また企業選びの条件は統一されておらず、面接においても「どうなりたいか」が企業に明確に伝わらないので、採用を見送られることが増えてしまいます。

1社だけ営業職として内定をもらえた企業があり「転職ができる!」と喜んで入社しましたが、結局「私はWEBデザイナーの仕事自体にはやりがいを感じていたんだ…」と後悔をしてしまいました。

少し極端な例ではあり、ビジョンがあれば100%転職がうまくいくとは言い切れないものの、ビジョンを持つか持たないかで、転職活動の質も、満足のいく転職ができるのかどうかも変わってくるのです。

4.それでも転職を悩む場合は「現職のメリット」「転職後のメリット」を比較しよう

ここまで「転職をすべきでない人」「転職しても大丈夫な人」について詳しく解説をしてきました。

しかし「転職をすべきでない」と判断できる人であっても、「転職をしたい気持ちもある…」と悩む人や、「転職をしても大丈夫」と判断できても「転職して大丈夫かな…」と不安になってしまっている人がいるのでないかと思います。

そこで、転職をするべきかどうか判断するための最終的なポイントとして、「現職で働くメリット」と「転職によって得るメリット」を比較して考えてみましょう。

4-1.現職のメリット・転職後のメリットを比較すべき理由

「現職で働くメリット」と「転職によって得るメリット」を比較するべき理由は、次の2つです。

  • 一時の感情に流されて、転職を決断しないため
  • 「転職で叶うメリット」を客観的に判断するため

詳しく見ていきましょう。

4-1-1.一時の感情に流されて転職を決断しないため

現職のメリット・転職後のメリットを比較すべき理由は、「転職して現状を変えたい!」という一時の感情に流されずに、「転職が、現職にとどまることよりも、魅力的なのか」を冷静に判断するためです。

例えば、上司との相性が良くない場合に「転職によって上司が変わること」が大きなメリットだと感じていたとしましょう。

しかし、いざ転職をしてみると「上司との関係以外は、前職のほうが給与も福利厚生も良かった」など「前職のメリット」のほうが魅力的だったと転職後に気づいて後悔してしまう、というケースがあります。

そのようなことを避けるためにも「現職のメリット」や「転職後のメリット」を比較することは有効なのです。

4-1-2.転職で叶うメリットを客観的に判断するため

「現職のメリット」「転職後のメリット」を比較すべきもうひとつの理由は、現職のメリットが強力であるがゆえに、ついつい保守的になってしまって、転職で叶うメリットの大きさを冷静に考えられない場合に、客観視できるからです。

例えば現職では待遇も悪くなく、給与は満足していて、人間関係も良好ではあるものの、年功序列の会社で働いているAさんを例に考えてみましょう。

成果を出したとしても、年齢や勤続年数が多い人が昇給する仕組みになっているので、Aさんは物足りなさを感じ、成果主義の会社へ転職を考えました。

しかし、今の「待遇」「給与」「良好な人間関係」の3つのメリットを強く感じて保守的になり、転職をしたいのに、今の環境を捨てるのが怖い、と考え、転職には踏み切れないでいます。

この場合、せっかく「現職で物足りなさを感じて、成果主義の会社へ転職したい」というビジョンが見えてきたのにも関わらず、現職でのメリットに囚われて、転職をなかなか決断できません

そうした場合に、もし転職したらどんなメリットがあるのかを具体的に想像することで、現職と転職先で働くことと、どちらがより良いのかを、冷静に判断することができるようになります。

4-2.現職のメリット・転職後のメリットを比較するコツ

実際に比較をする際には「現職にとどまるメリット」や「転職することによって得られるメリット」をそれぞれ書き出してみましょう。

そして、どちらか一方のメリットを選んだときに、もう片方のメリットを捨てなければいけないということを念頭に、自分の働いている姿をイメージします。

もし比較の結果、現職で働くメリットを捨てても、転職によって得られるメリットが魅力的で、将来的にこのメリットを享受したい!と感じる場合は、転職をしても良いと言えるでしょう。

5.決断できない場合はプロに相談しよう

ここまで「転職をすべきでない人」「転職しても大丈夫な人」、転職を悩む際の判断ポイントについても詳しく解説をしましたが、それでも「転職をするかどうか悩む…」と感じている場合は、転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

5-1.転職エージェントに相談すべき理由

転職をすべきか決断できない場合に、転職エージェントに相談をすべき理由は、キャリアアドバイザーが過去の多くの転職事例から、転職をするべきかどうか、冷静に判断してもらえるからです。

自分だけではどうしても主観的になりがちですが、転職のプロにカウンセリングしてもらい、客観的な視点を入れることで、感情に流されない判断ができるのです。

5-2.おすすめの転職エージェント3選

おすすめの転職エージェントは以下の3社です。

上記3社に相談をすると、転職するべきかどうかを判断してもらえるだけでなく、実践的な模擬面接を行なったり、面接での回答に対するアドバイスや、面接中の様子についても具体的にアドバイスをもらうことができます。

それでは1社ずつ解説をしていきます。

5-2-1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職支援サービスです。一般の求人サイトには掲載されていない10万件以上の非公開求人を持っているため、多くの選択肢からあなたにとって最適な転職先を選ぶことができます。

また、提出書類の添削、面接対策などサポート体制がしっかりしているので、時間がない人や転職経験があまりない人でも安心して転職活動をすすめられます。

5-2-2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代に信頼されている転職エージェントNO.1の転職支援サービスです。はじめての転職でも安心できるよう、キャリアアドバイザーが転職に関する疑問ひとつひとつに丁寧に答えてくれます。

また、各業界の転職事情に精通した専任アドバイザーによって、あなたにとって最適なキャリアプランを提案してくれるので、転職に失敗しにくくなります。

5-2-3.doda

dodaは、業界最大数の利用者数を誇る転職支援サービスです。dodaでは、キャリアアドバイザーが面談を行って、強みや適正から求人を導いてくれます。

そのため「1人ではどうしていいか分からない」という方にもおすすめです。

また、企業に合わせた応募書類の添削や面接サポート、面接日程の調整、内定後の入社時期の調整などを行ってくれるので、安心して転職活動をすすめていくことができます。

6.転職をしようと決断したらやるべき2つのこと

ここまで記事を読んで「転職をしよう!」と決断できた場合には、実際に次のステップに進みましょう。

具体的には、「現状の把握」「転職によって実現したいこと」を明確にする、次の2つを行う必要があります。そうすることで、満足度の高い転職をすることができるのです。

  • キャリアプランの作成
  • キャリアビジョンを描く

キャリアプランとは「現状の把握」し「未来の理想像」を見据えるために、自分の過去〜現在〜未来を書き出して、自身のキャリアの計画を立てることです。キャリアプランといっても、仕事だけではなく、大きく人生におけるプランニングと考えましょう。

またキャリアビジョンとは、キャリアプランの最終目的地であり、これを思い描くことで、よりはっきりと自分の方向性を決めることができます。

具体的なキャリアプラン作成や、キャリアビジョンの描き方については、以下の記事で解説をしています。

キャリアプランとは?作り方から面接での答え方・注意点まで解説

キャリアビジョンとは?描く手順と面接を成功させる答え方・注意点

7.まとめ

この記事では、転職をするべきかどうか悩んでいる人に向けて「転職をすべきではない人」「転職をしても大丈夫な人」転職を悩む場合の判断ポイントなどを解説しました。

ここで改めてこの記事のおさらいをしましょう。

◆転職すべきではない人

転職 悩む

◆転職しても大丈夫な人

転職 悩む

◆転職すべきでない人と大丈夫な人の違いは、ビジョンがあるかどうか

◆それでも転職を悩む場合の判断ポイント

「現職で働くメリット」と「転職によって得るメリット」を具体的に書き出して比べてみる

◆決断できない場合はプロに相談しよう

名称特徴
リクルートエージェント業界最大手の転職エージェントでキャリアアドバイザーから応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを受けられる
マイナビエージェント20代の支持率が高い転職エージェントで第二新卒の転職や初めての転職におすすめ
doda大手・優良企業を中心に豊富な求人情報から最適な求人を求人検索できるほか、エージェントサービスも利用できる

◆転職をしようと決断したらやるべき2つのこと

  • キャリアプランの作成
  • キャリアビジョンを描く

この記事がお役立てできれば幸いです。

コメント

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら