実際に登録して分かったおすすめ転職エージェント3選!業界別おすすめの転職エージェントも紹介

おすすめの転職エージェントを知りたくても、数が多すぎてどのエージェントに登録すればいいのか迷っていませんか?

転職エージェントを選ぶたった1つのポイントは、サービスの質や提案力ではなく「求人数の多さ」です。

他サイトでは様々な転職エージェントを網羅してまとめていますが、当サイトでは求人数の多さに着目して登録するべきエージェントだけを厳選して紹介します。

この記事では、求人数の多さに基づいておすすめの転職エージェントや、なぜ「求人数の多さ」が大切なのかを具体的に解説します。

求人数に基づいて登録するべき転職エージェントをシンプルに分かりやすく紹介しているので、この記事を読めば迷わずにエージェントを選べますよ。

網羅型転職エージェントのおすすめランキング

転職エージェントを選ぶたった1つのポイントは「求人数の多さ」です。

他サイトでもよく取り上げられる転職エージェントを、求人数に注目して以下の表にまとめました。

転職エージェント求人数
リクルートエージェント約25万件
マイナビエージェント約10万件
doda約10万件
ビズリーチ約12万件
キャリアカーバー約5万件
Spring転職エージェント約4万件
パソナキャリア約3万件
type転職エージェント約2万件
ワークポート約1万件
ハタラクティブ約5,000件

「転職エージェントとは?無料で使える仕組みと使うべき人の特徴まとめ」でエージェントは複数(3~5社)登録するべきだと紹介しているため、当サイトではおすすめできるエージェントを求人数に注目して3社に厳選してお伝えします。

まずは紹介する網羅型転職エージェント3社を全て登録して、さらに狙いたい業界の特化型エージェントやハイキャリア専門のエージェントを必要に応じて登録する方法をおすすめします。

当サイトがおすすめする総合型の転職エージェントは以下の3社です。

1位:リクルートエージェント

求人数:約25万件(うち非公開求人:約14万件)

「リクルートエージェント」は大手網羅型転職エージェントの中でダントツの求人数です。

2位のマイナビエージェント、3位のdodaとリクルートエージェントを比べても2倍以上の圧倒的な求人数を誇ります。

全国に拠点を設置し、どの職種も求人数が豊富なので絶対に登録しておきたい転職エージェントです。

また、リクルートはハイクラス転職に特化した「キャリアカーバー」も運営しているので、高年収を狙った転職を考えている方は併せて利用してみてください。

2位:マイナビエージェント

求人数:約10万件(うち非公開求人:約8万件)

「マイナビエージェント」は“マイナビ新卒”や“マイナビバイト”でお馴染みのマイナビが運営する転職エージェントです。

特に最近は20代の若者の転職にも力を入れており、実際に多数の転職実績を残しています。

全体の求人数の8割を非公開求人が占めているため、登録してチェックしておきたい転職エージェントです。

3位:doda

求人数:約10万件(うち非公開求人数:約3万件)

「doda」はパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

基本は転職サイトとして利用可能ですが、申込み時に無料のエージェントサービスを追加することで、エージェントサービスを受けられます。

求人数も豊富に取り揃えているため、リクルートエージェントやマイナビえージェントと共に必ず登録しておきたい転職エージェントです。

 

【業界別】特化型転職エージェントのおすすめ

3つ紹介した網羅型の転職エージェントを登録したあとは、より興味がある業界に特化した転職エージェントに登録しましょう。

当サイトでは、求人数に着目して厳選した特化型転職エージェントを紹介します。

業界特化型の転職エージェントは1つの業界に対象を絞っているため、リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどの大手網羅型転職エージェントと比べると求人数は少なくなっています。

業界のジャンル転職エージェント
エンジニアレバテックキャリア
コンサルティングアクシスコンサルティング
マーケティングマスメディアン
不動産不動産キャリアエージェント
看護師看護roo!
薬剤師薬キャリ
介護きらケア
保育士保育ひろば

エンジニア:レバテックキャリア

求人数:5,000件以上

「レバテックキャリア」はITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアは、アドバイザーが年に3,000回以上も企業を訪れてリアルな情報を集めています。また担当アドバイザーはエンジニア出身なので、エンジニアと同じ目線で相談に乗ってくれます。

エンジニア・デザイナーに特化した求人を豊富に扱っているため、エンジニアとしてキャリアップを目指す方はまず登録しておきたい転職エージェントです。

 

コンサルティング:アクシスコンサルティング

非公開:求人の約80%が非公開求人

「アクシスコンサルティング」はコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

アクシスコンサルティングは定期的にコンサルティングファームと情報交換を行っており、アクセンチュアなどの有名コンサルティングファームへの転職実績も多数あります。

コンサルティングファームやポストコンサルの求人が豊富で、コンサルタントとしてキャリアアップ&高年収が期待できます。

マーケティング:マスメディアン

非公開:6万人超の転職支援実績

「マスメディアン」はマーケティング・クリエイティブ職種に特化した転職エージェントです。

雑誌編集者やデジタル広告運用からCM・映像ディレクターなどのテレビ業界まで、マーケティングや広告制作関連で幅広い求人を保有しています。

求人数は公開されていませんが、6万人を超える豊富な転職支援実績を持っています。

マーケティング、広報、出版、テレビ業界などに興味がある方はぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

不動産:不動産キャリアエージェント

求人数:約1万5,000件

「不動産キャリアエージェント」は不動産専門で大手不動産からベンチャー、賃貸仲介会社からデベロッパーまで幅広く扱っている転職エージェントです。

また年収600~1,000万円の求人が約半数を占めるため、不動産業界に勤めた経験を生かして年収アップを目指す方には特におすすめな転職エージェントとなっています。

不動産業界を視野に入れている方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

看護師:看護roo!

求人数:5万件超

「看護roo!」は看護師に特化した転職エージェントです。

エージェントサービスが不要な場合は登録不要・無料で求人を探せるため、看護師の方でなんとなく転職を考え始めている方にもおすすめな転職エージェントとなっています。

47都道府県すべてから求人を探せるので、看護師で転職を考えている方はまず最初に登録しておきたい転職エージェントです。

薬剤師:薬キャリ

求人数:約4万件

「薬キャリ」は薬剤師専門の転職エージェントです。

派遣薬剤師や高年収・高時給の薬剤師求人を多数揃えています。

専門性が高く他エージェントでは情報を探しにくいため、薬剤師で転職を考えている方は登録しておいて間違いなしの転職エージェントです。

 

介護:きらケア

求人数:約8万件

「きらケア」は介護職に特化した転職エージェントです。

きらケアは「給料前払い制度」に対応しているので、日払いや週払いで必要なときにすぐに収入を得られます。

また紹介された求人の中から職場見学することも可能なので、安心して転職活動を進められます。

豊富な求人の中から、紹介してくれるので未経験・無資格でも相談可能で、介護職で今よりも年収アップや環境改善を目指す方におすすめの転職エージェントです。

保育士:保育ひろば

求人数:全国4万件以上の施設から紹介

「保育ひろば」は保育士・幼稚園教諭に特化した転職エージェントです。

全国4万件以上の施設から、保育士・幼稚園教諭以外にも学童や院内保育所など様々な求人を紹介してくれます。

未経験歓迎の求人から、保育士の資格を生かした園長ポジションの仕事など数多く扱っています。また、平均で1~2週間ほどで入職が決まるので、早めの転職を考えている方にもおすすめです。

保育士や幼稚園教諭の方で転職を考えている方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

ハイキャリアを狙いたい方におすすめの転職エージェント

網羅型の転職エージェントも年収アップを目的とした転職は可能ですが、より高年収を狙った転職を望む方は、ハイキャリアを得意とする転職エージェントに登録しましょう。

当サイトが求人数に注目して厳選したハイキャリア向けの転職エージェントは以下の3つです。

管理職向け:キャリアカーバー

求人数:5万件超

「キャリアカーバー」は“リクルートエージェント”でお馴染みのリクルートが運営するハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

2,500人以上のヘッドハンターが利用者の代わりに仕事を探して提案してくれます。また登録する情報は企業の採用担当者に見られることがないので、安心して利用できます。

年収1,000万円超えの求人数も豊富で、責任者やマネージャークラスの転職を目指したい方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

ハイキャリア:JACリクルートメント

求人数:約1万5,000件(うち非公開求人:9,000件)

「JACリクルートメント」は30代~50代のハイキャリアに特化した転職エージェントです。

転職の支援実績は43万人を超えて、東証一部上場企業としても信頼度の高い転職エージェントで、管理職クラスの求人も豊富です。

求人数はキャリアカーバーの方が多いため、キャリアカーバーのサブとしての利用をおすすめします。

有料プラン付:ビズリーチ

求人数:約12万件(うち非公開求人:約2万件)

「ビズリーチ」は企業から直接スカウトが届く、ハイキャリアを多く扱う転職エージェントです。

ビズリーチが他の転職エージェントと決定的に異なる点が「有料プラン」があることです。
無料利用も可能ですが、ビズリーチを最大限活用するためには有料プランの活用が推奨されています。

そのため、まずは「キャリアカーバー」や「JACリクルートメント」を利用してみたうえで、ビズリーチを使うかどうか判断してみてください。

転職エージェントは求人数の多さで選ぼう

転職エージェントを選ぶたった1つのポイントは「求人数の多さ」です。

そもそも、サービスの質や提案力の良し悪しは各利用者によって基準が異なるため、判断基準にはなりません。

一方で求人数が多ければ選択の幅が広がり、希望に沿った求人と出会う確率も上がるため「求人数の多さ」は判断基準として最適なのです。

Q.年代別で選ぶ転職エージェントを変えた方がいいのでは?

「年代別おすすめ転職エージェント」と銘打って転職エージェントを紹介するサイトも多いですが、年齢で転職エージェントを変える必要はありません。

当サイトが実際に転職した方から話を聞いた結果、同じリクルートエージェントを使用して転職した方の年代は「20代~50代」と幅広い結果になりました。

一定以上の経験が求められるポジションへの転職を除き、転職のチャンスを増やすために年齢に関係なく求人数の多いエージェントを利用することをおすすめします。

Q.提案力やサービスの質を基準にするのは良くないの?

提案力やサービスの良し悪しは利用者によって判断が分かれるため、おすすめできません。

また昨今の転職エージェントの基本的なサービスにおいて、大きな違いや欠点などは見られません。

キャリアアドバイザーの対応が上から目線で自分には合わなかった。

使用した転職エージェント:リクルートエージェント

転職エージェントの方が自分の希望条件に対して色々調べてくださって面接の対策やアドバイスもしてくれたので良かったです。

使用した転職エージェント:リクルートエージェント

転職エージェントを使って転職した方の口コミを集めましたが、求人数トップのリクルートエージェントでも以上のように評判は大きく分かれました。

転職エージェントの質はサービス内容ではなく、結局は“担当アドバイザー”次第で変わってしまいます。

相性の良いアドバイザーと出会えるかどうかはくじ引きと同じで不確定なので、不確定要素をカバーして、より良い求人を見つける可能性が上がる「求人数の多さ」を判断基準にしています。

Q.サイトの使いやすさを基準にするのは良くないの?

サイトの使いやすさは転職の成功に直結しないため、判断基準としてはふさわしくありません。

たとえば、以下のような場合はどちらの転職エージェントを選びますか?

  • 見た目も良く使いやすいサイトで求人数が1万件の転職エージェント
  • 慣れるまで使いにくいサイトで求人数が10万件の転職エージェント

最近の転職エージェントは各社サービスに力を入れており、Web上の使いやすさはどこのエージェントもほとんど差はありません。

転職が成功するかどうかは、サイトの使いやすさではなく「アドバイザーの質」と「希望に沿った求人を見つけられるか」です。

Q.そもそも求人数の少ない転職エージェントは良くないの?

もちろん、求人数の少ない転職エージェントが絶対的にNGというわけではありません。

しかし、求人数の少ないエージェントは地方に対応していないことも多いため、事前の注意が必要です。

また、転職エージェントは「大手だから絶対に良い」わけではなく「担当アドバイザーの質」に大きく左右されます。

事前に把握できないアドバイザーの質をカバーして転職の成功確率を上げるためには、やはり求人数の多さはチェックしておきたいポイントです。

まとめ

この記事では、転職エージェントの求人数に着目しておすすめの転職エージェントを紹介しました。

改めて、転職エージェントは以下のように利用するのがおすすめです。

  • 求人数の多い3社(リクルートエージェント/マイナビエージェント/doda)
  • 狙いたい特化型転職エージェント1つ
  • 希望があればハイキャリア向けエージェント1つ

求人数の多い転職エージェントを活用して、より効率的に転職を進めてみてください。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら