人生は一度きり!思い切り人生を楽しむための心構えと9つの方法

「人生は一度きりなのに、自分はまるで人生を楽しめていない」
「他の人は人生を思いっきり楽しんでいるのに、自分の人生はつまらない」

あなたは今、こんなふうに感じているのではないでしょうか?

「人生は一度きり」というのは、確かによく言われる言葉です。だから、後悔しないように思い切り人生を楽しみたいとは言うものの、「実際に行動に移すことは難しい」。このように考えている人は、実は意外と多いのかもしれません。

なぜなら、自分一人だけで生きているわけではないからです。

思い切って何かを始めようとしても、「周りに迷惑がかかってしまうのではないか」「周りから変な目で見られてしまうのではないか」そう考えてためらってしまうのでしょう。

でも、その考えは間違っています。

正しい方法さえ知っていれば、周りに迷惑をかけることなく、周りの目を気にすることなく、人生を思い切り楽しむことができるのです!

この記事では、人生を思い切り楽しむための心構えと、人生を思い切り楽しむための9つの方法をご紹介します。

この記事を読むことで、人生を思い切り楽しむための方法を学び「一度きりの人生を後悔しないように生きよう」と、自信を持って進んでいけるようになるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

1.人生は一度きり!だから、思いっきり楽しもう

人生 一度 きり

「人生は一度きり」と言われるのはなぜでしょうか?

一度きりの人生を、後悔しないように思い切り楽しむことは、間違いではないのでしょうか?

そんな疑問にお答えします。

1-1.「人生は一度きり」と言われる理由

どうして、人生は一度きりと言われるのでしょうか。

それは、時間が過ぎていくからです。

今目の前にあるこの瞬間は、もう二度と訪れることはありません。年をとってから20代の日々をやり直すことはできないし、去年のクリスマスをもう一度祝うことはできません。人生の中の特定の時間は、一度きりしか経験することはできないのです。

過ぎていった時間を取り戻すことはできないから、人生は一度きりなのです。

1-2.一度きりの人生を後悔しないように生きるべき

一度きりの人生、後悔しないように生きるべきです。

なぜなら、あなたが今生きているのはあなたの人生で、あなたの周りにいる人たちも、それぞれ自分の人生を持っているからです。

「一度きりの人生だからといって、そんなに思い切り楽しんでもいいのだろうか」と遠慮するのは、誰のためですか?あなたの人生は、他の誰かが楽しむためにあるのでしょうか?

世界中の人が、それぞれ自分の人生を思い切り楽しんでいます

あなたも、自分の人生を楽しみましょう!

1-3.自分を正当化するために使う「人生は一度きり」は間違い

「人生は一度きり」という考え方が、あまり好きではないと考える人もいます。

なぜなら、わざわざ口に出して「人生は一度きり」と言うとき、そこにある意図が込められているケースがあるからです。

「人生は一度きり」という言葉に違和感を覚えるときは、この言葉が、やるべきではないこと、本当は間違っていることをやっている自覚があるときの言い訳として使われています。

「人生は一度きりだから、後悔のないように人生を楽しむ」のであって「人生は一度きりだから、何をやってもいい」のではありません。

自分を正当化するために「人生は一度きり」を使うのは、間違った用法です。

間違った使い方の「人生は一度きり」は、あなたがこれから目指す「一度きりの人生を思い切り楽しむ」こととは、別物だと理解しておきましょう。

2.一度きりの人生を思い切り楽しむための心構え3つ

人生 一度 きり

新しいことを始めるとき、大きなチャレンジをしようとするとき、ためらってしまうのは、心の中に、ためらってしまう原因となる「足かせ」があるからです。

まずは、その「足かせ」を外すことから始めましょう。

一度きりの人生を思い切り楽しむための3つの心構えをすることで、チャレンジを邪魔する「足かせ」を取り去ることができます。

2-1.正直であること、素直であること

“Honesty is the best policy.”(正直は最善の策)

「正直は最善の策」ということわざにもあるように、正直でいることは、目的を果たすための最も有効な手段なのです。

ですので、常に正直でいることを心がけましょう

正直でいれば、嘘がばれないようコソコソしたり、うしろめたい気持ちでオドオドする必要がありません。いつでも正々堂々としていられます。

そして、誰かから言われた言葉は、素直に受け取りましょう。疑ったり、裏の意味を読もうとしたり、いちいち反発するのはとても疲れることです。素直にそのまま受け入れることが、最も楽で確実な方法です。

2-2.人は人、自分は自分という意識を持つ

いつも一緒にいる友人も、家族も、恋人も、それぞれの人生を生きています。そして、自分は自分の人生を生きています。

勝手に、自分と他人の人生を結びつけて考えるのはやめましょう。わざわざ人生を複雑にする必要はありません

2-3.過去や未来ではなく、今のことを考える

今を一生懸命、生きましょう。

過去にどんな苦しみがあっても、ミスやトラブル、恥ずかしい出来事があったとしても、そのためにこれからの人生が影響されることはありません。過去は過去です。

そして、未来で幸せになるために生きるのはやめましょう。今、幸せであることを目指しましょう

「人生を思い切り楽しむための3つの心構え」を理解していただけましたでしょうか。

それでは、次の章から、一度きりの人生を思い切り楽しむための方法を、3つのシチュエーションに分けて解説していきます。

3.【仕事選び編】後悔しないように人生を楽しむ方法

人生 一度 きり

 仕事の選び方を工夫することで、後悔しないように人生を思い切り楽しむことができます

私たちは、多くの時間、とても長い期間を仕事に費やすわけですから、後悔しないように人生を生きるためには、慎重に仕事選びを行う必要があります。また、より良い人生を生きるためには、職場での人間関係が良好であることも欠かせません。

もちろん、自分のやりたいことを仕事にできればそれに越したことはないのですが、誰もが、いつでもそうできるわけではないですよね。でも、自分のやりたい仕事を選べなかったとしても、仕事の選び方を工夫することで、人生をより快適に、楽しくすることができます!

人生を後悔しないための、3つの仕事の選び方をご紹介します。

3-1.やりたい仕事が見つかったら思い切って飛び込む

やりたい仕事が見つかったら、思い切って飛び込みましょう。

この仕事がやりたい!この会社で働きたい!と、思えるような仕事を見つけられるのは、実はかなり幸せなことだからです。

やりたい仕事が見つからずに悩んでいる人は、たくさんいますし、仕事選びで迷ってしまい、年収や福利厚生などの条件で仕事を決めるというケースも少なくありません。

仕事を続けていく中で挫折しそうになることがあったとしても、自分がやりたくて決めた仕事なら、きっと頑張れるでしょう。万が一、辞めることになってしまったとしても、やりたい仕事にチャレンジできなかったことを、いつか後悔せずにすみます

一度きりの人生、やりたい仕事が見つかったら躊躇なくチャレンジしましょう。

やりたい仕事が見つかったらチャレンジするべき理由

  • やりたい仕事が見つかるのはラッキーなことだから
  • 自分がやりたくて決めた仕事ならくじけず頑張れるから
  • チャレンジしなかったことを後悔しなくてすむから

3-2.転職を決める前に十分なリサーチをする

今の仕事を辞めたくなったら、十分なリサーチをしてから転職を決めましょう

人生は一度きりなのに、やりたくもない仕事を厭々続けるのはもったいないですよね。他にやりたいことがあるわけではないけれど、仕事を辞めたいと思うときは、無理して続ける必要はありません。

ただし、いきなり退職するのではなく、辞めたあとの生活や仕事について十分に検討してから決定することが大事です。

次の仕事はあるか?どんな仕事ができそうか?無職になった場合どうやって生活するか?といったことをしっかり検討しておけば、安心して次のステップに進むことができます。辞めた後で後悔することもありません

転職を決断する前に考えるべきこと

  • 辞めた後、次の仕事があるか?
  • どんな仕事ができそうか?
  • どうやって転職活動をするか?
  • 無職になった場合どうやって生活するか?

3-3.いつでも、心と身体の健康を最優先にする

どんなに社会的に立派な仕事でも、収入が高く労働条件がパーフェクトな仕事でも、心や身体を壊してしまうような仕事は辞めるべきです。

たった一度の人生を、仕事の犠牲にしてはいけません

仕事が忙しくて休みが取れない、仕事がハードすぎて毎日疲労困憊している。職場の人間関係が悪くて仕事に行くのがつらい、精神的なストレスが大きい。そんな状態が続くときは、立ち直れないほどのダメージを受けてしまう前に、躊躇せず仕事を辞めましょう

このような緊急事態には、退職後のことを心配するのは後回しにしてもOKです。

仕事を選ぶときはいつでも、自分の心と身体の健康を最優先にすることが大事です。そうすれば、後悔することなく人生を楽しむことができます。

すぐに転職を考えるべきタイミング

  • 忙しすぎて休みが取れない
  • 仕事がハードすぎて疲れが取れない
  • 職場の人間関係が悪すぎる
  • 職場での精神的なストレスが大きい

4.【人間関係編】後悔しないように人生を楽しむ方法

人生 一度 きり

一度きりの人生を思いっきり楽しむなら、人との関わり方についてはっきりとした態度を示すことが大切です。

人との出会いは、人生を豊かにしてくれます。その一方で、関わってしまったことを後悔したくなるような人間関係も、残念ながら存在します。良い人間関係は、あなたがチャレンジするときに背中を押してくれますが、悪い人間関係はチャレンジしようとするあなたの足を引っ張ろうとするでしょう。

良い出会いがあったら、気持ちをしっかり伝えて、その関係を確かなものにしておくこと、悪い出会いはきっぱり断って縁を切ることが、後悔のない人生を生きることにつながっていきます。

一度きりの人生を楽しむために知っておくべき、人との関わり方3つをご紹介します。

4-1.好意をはっきりと示す

素晴らしい人との出会いは、かけがえのないものです。良い人間関係を築きたいと思える人と出会えたら、親しくなりたい気持ちをはっきりと伝えましょう

もちろん、相手が不快に思うような伝え方や、無理強いをすることは絶対にNGです。

自分を幸せにしてくれるような出会いは、とても貴重なものなのです。そして、いつまでも待っていてはくれません。ためらって、躊躇しているうちに、チャンスを逃してしまいます

いつか後悔しないためにも、素晴らしい人と出会えたら思い切って声をかけて、好意をはっきり伝えることが大切です。

貴重な出会いを活かすための工夫

  • 素晴らしい人と出会えたら思い切って声をかける
  • 好意をはっきりと伝える
  • 相手が不快に思うような伝え方や態度はNG

4-2.迷惑な誘いは事務的に断る

自分にとって迷惑な誘い、悪影響を及ぼす可能性のあるつき合いは、はっきりと断りましょう

人生は一度きりだから、ストレスを感じるようなつき合いをずるずると続けているのは、もったいない!相手に嫌われたくないという理由で誘いを受けたり、惰性でストレスのあるつき合いを続けたりしていると、もっと素晴らしい、重要な出会いのチャンスを逃してしまいます

さまざまな事情で断わりづらいケースがあると思いますが、あいまいな返事や、先延ばしをしても、断りたい気持ちは伝わりません。事務的にきっぱりと伝えることが大切です。断る理由を聞かれても、相手が納得するまで丁寧に説明する必要はありません。

迷惑な誘いの断わり方

  • あいまいな返事をしない
  • 先延ばしをしない
  • 事務的に断る
  • 相手が納得するまで理由を説明しなくてもよい

4-3.人間関係を断ち切らない

誰かとの間でトラブルや問題が起きた時、その人との関係をすぐに断ち切ってしまうことは避けるべきです。

どんな理由があるにしても、せっかく築いた人間関係を失くしてしまうのは、とてももったいないことです。いつか状況が変わったときに関係を修復することが難しくなってしまいますし、一人と関係を断つことで他の人との関係にまでヒビが入ってしまう可能性があります。

ケンカや行き違い、あるいは一方的な迷惑行為があった場合でも、絶交を宣言したり、あらゆる関係を一気に断ち切ってしまうのではなく、とりあえず当事者との間に少し距離を置く程度にしておくことをおすすめします。

人間関係でトラブルが起きた場合の対処法

  • 絶交宣言をしない
  • あらゆる関係を一気に断ち切ることは避ける
  • 当事者との間に少し距離を置く

5.【決断編】後悔しないように人生を楽しむ方法

人生 一度 きり

一度きりの人生を後悔のないように生きるには、自分が納得した決断をすることが大切です。

人生のさまざまな場面で、何かを選んだり、決定したり、判断しなければならないとき、どのような決断をするかによって、人生の満足度が違ってきます。自分が納得して決めたことなら、後でどんな結果になっても後悔せずにすむはずです。

一度きりの人生で後悔しないために、自分が納得した決断をするための3つの方法をご紹介します。

5-1.やりたくない事リストを作る

仕事でも人間関係でも、日々の生活についてでも、自分がやりたくないと思うことをリストアップしてみましょう。判断に迷うとき、何をすべきか迷うとき、やりたくない事リストがあれば、間違った選択を避けることができます。

やりたい事は、わざわざメモしていなくてもいつでも頭の中に思い浮かびますが、やりたくない事は意外と咄嗟に思い出せないものです。

やりたくない事をできる限り記録しておけば、いざという時、選択を間違うことがありませんし、そこから自分のやりたい事が見えてくるかもしれません。

やりたくない事リストは、定期的に見直してアップデートすることが大切です。見直すことで、自分のやりたくない事ばかり選んでいる自分に気づくことがあるかもしれません。

やりたくない事リストの作り方・使い方

  • やりたくない事を思い出してメモする
  • 人生が上手くいかないときはやりたくない事リストを見直す
  • やりたくない事リストを定期的にアップデートする

5-2.損得を考えず、直感で選ぶ

判断に迷うときは、自分の直感を信じて選びましょう

AとBの選択で迷うとき、Aに興味があるけれど、Bのほうが安い、B のほうが簡単、B ならリスクが少ない、B は人気が高いといった損得勘定に惑わされてしまっていないでしょうか。

自分が本当にやりたい事ではなく、損得勘定で選ぶと、後で後悔する可能性が高くなります

一度きりの人生を後悔しないように生きたいなら、損得勘定を判断基準にするのではなく、常に、自分の直感を信じて判断することが大切です。

避けるべき判断基準

  • 安い方を選ぶ
  • 簡単で楽な方法を選ぶ
  • リスクの少ない方を選ぶ
  • 人気のある方を選ぶ

5-3.周りの目、他人の意見を気にしない

本当にやりたい事は、誰に何と言われようとやるべきです。自分が決めたことを、周りがどう思うか気にする必要はありません

「人生は一度きりだから、思い切ってチャレンジしたい!」と思っても、周りの人がどう思うか気になって足を踏み出せない。やりたいことがあるが、周りの人に無理だと言われる。無謀なチャレンジだからやめるべきだと言われる。そんな経験がある人は多いのではないでしょうか。

あなたのチャレンジが無謀だと止める権利があるのは、あなたの人生のすべてにおいて全責任を負っている人だけです。そのチャレンジによって誰かが傷ついたり、被害を受けたりするのでなければ、誰かの視線も意見も気にする必要はありません。

ただしあなたの大切な人が反対している場合は、もう一度よく話し合ってみる必要があります。

チャレンジするときに気にしなくても良いこと

  • 周りの人がどう思うか気になる
  • 周りの人に無理だと言われた
  • 無謀なチャレンジだからやめるべきだと言われた

チャレンジすべきかどうか検討すべきケース

  • そのチャレンジによって誰かが傷つく、被害を受けるとき
  • 人生の全責任を負ってくれている人がそのチャレンジに反対しているとき
  • 大切な人がそのチャレンジに反対している場合

6.一度きりの人生を思いっきり楽しむためのヒントをくれるおすすめ書籍3選

一度きりの人生を、思いっきり楽しむための方法をご紹介してきましたが、人生を楽しむ方法についてもっと深く知りたいという方もいらっしゃると思います。

後悔しないように人生を生きる方法についてより詳しく知るために、「一度きりの人生を思いっきり楽しむためのヒントをくれる」おすすめの本をご紹介します!

6-1.『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方-人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

著者:八木 仁平(やぎ じんぺい)
出版社:KADOKAWA
発売日:2020/5/28

「何かやりたいけれど、何をやればいいか分からない」人におすすめの一冊

この本では、著者が独自に開発し、「やりたいこと探し専門プログラム」としてネットで世界中に発信している自己理解メソッドを紹介。わかりやすく体系立てられた3つのステップで、やりたいことの見つけ方を理解することができます。

この本を読むことで、やりたいことを見つけるためのシンプルで具体的なステップを、ワークを通して実践することができます。

モヤモヤした気持ちを抱えたまま、自分探しに迷い続けている人も、きっと何かを見つけることができるのではないでしょうか。

“やりたいことは運命的に出会うものではなく、体系立てて論理的に見つけるもの”

6-2.『あなたが人生でやっておくべき、たった1つのこと』

あなたが人生でやっておくべき、たった1つのこと

著者:さとう みつろう
出版社:ワニブックス
発売日:2015/6/30

成功するために、あなたが人生でやっておくべきこと。それは、◯◯◯を、◯◯すること

著者は、20万部を売り上げたベストセラー『神さまとのおしゃべり』ほか、多数の著書を持つ作家、ミュージシャン、ナビゲーター。

この本では、やりたいことを見つけるための方法をストーリー形式で紹介しています。そして、書き込み式のワークを通して、後悔しない人生を送るために今やっておくべきことを見つけていくという、実践的な本になっています。 

成功するために、あなたが人生でやっておくべき「◯◯◯を、◯◯すること」の答えは、ぜひ、本の中で見つけてください。

自分はどうすべきなのか、迷い、悩んでいる人におすすめしたい、一冊です。

6-3.死ぬときに後悔すること25

死ぬときに後悔すること25

著書:大津 秀一(おおつ しゅういち)
出版社:新潮社
発売日:2013/9/28

「生き方」のヒントを教えてくれる。25万部を超える大ベストセラー

一度きりの人生を悔いなく生きるために、今何をすべきだろうかと迷うとき、この本に書かれた25のメッセージが役に立つかもしれません。

死を前にしたとき、ほとんどの人が後悔をすると言います。人は人生の最期に、どのようなことに後悔するのでしょうか?

緩和医療専門医として1000人を超える末期患者と向き合い、その死を見届けてきた著者がまとめた、25の“やり残したこと”。この本を通して、「生き方」のヒントが見つけられるかもしれません。

まとめ

あなたの大切な、一度きりの人生を、思いっきり楽しむための心構えと9つの方法をご紹介しました。

これからすぐに実践してみたいと思える、人生を楽しむためのヒントが見つかったでしょうか?

これからの人生をどんなふうに生きていくか、どんなチャレンジをするか。それを決めるのはあなた自身です。

迷うときは、この記事でご紹介した心構えと9つの方法を思い出してみてください。きっと、うまくいくはずです。

この記事があなたの一度きりの人生を楽しむために、役に立てることを祈っています。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら