楽になる!職場の人間関係を円滑にする方法8つ【最悪な場合の対処法付き】

楽になる!職場の人間関係を円滑にする方法8つ【最悪な場合の対処法付き】

「職場の人間関係に疲れた。会社に行くのが憂鬱で仕方がない」
「職場の人間関係が最悪!仕事がやりにくい」

このように悩んだ経験はありませんか?

職場にはさまざまな年代や価値観の人がいますから、良好な関係を築くのは難しいですよね。

実際に職場の人間関係で悩む人は非常に多く、精神科医や産業カウンセラーも「職場のストレスの9割は人間関係によるもの」と指摘しています。

職場の人間関係がうまくいかないと「仕事に集中できない」「会社に行きたくない」などに発展しますから、できるだけストレスを減らしたいですよね。

そこでこの記事では、職場の人間関係を円滑にする方法や気持ちが楽になる考え方について解説します。

この記事で分かること

  • 職場の人間関係を円滑にする8つの方法
  • 職場の人間関係に振り回されない考え方
  • 職場の人間関係が最悪な時の対処法
  • 転職者の離職原因の多くは「人間関係」によるもの

人間関係のストレスを完全にゼロにはできませんが、ちょっとしたコツや対処法を知ることでストレスを軽くすることは可能です。あなたの心の負担を減らすために、ぜひできることから始めてみてくださいね。

1.  職場の人間関係が悪いのは当たり前

職場の人間関係が悪いのは当たり前

「職場の人間関係は悪いのが当たり前である」という考え方を提示しているのが、精神科医の樺沢紫苑先生です。樺沢先生は「職場の人間関係は良くないのがスタンダード」と語っています。

樺沢先生の主張を裏付けるように、ISSP(国際社会調査プログラム)の2015年調査では、「自分の職場では、職場の同僚の関係は良い」と思っている人の割合が日本は調査対象37カ国中で最下位(69.9%)という結果が報告されました。

「自分の職場では、職場の同僚の関係は良い」と思っている人の割合ランキング

「自分の職場では、職場の同僚の関係は良い」と思っている人の割合ランキング

ISSP 2015 – “Work Orientations IV” – No. 6770より作成

このことからも、職場の人間関係は悪いのが当たり前であると考えられます。

しかし会社などの組織で働く限り、職場の人間関係は避けられません。

そこで知っておいて欲しいのが人間関係を円滑にする方法です。次章で詳しく解説していきます。

2. 職場の人間関係を円滑にする8つの方法

職場の人間関係を円滑にする8つの方法

職場の人間関係を円滑にするには、難しいテクニックや駆け引きは必要ありません。

円滑な人間関係とは「スムーズにやり取りができ、トラブルが起きにくい関係」を指します。

人間関係を円滑にするには、以下の8つの方法を習慣化しましょう。

人間関係を円滑にする8つの方法

①挨拶をしっかりする
②できるだけ笑顔でいる
③感謝の気持ちを伝える
④感情的にならない
⑤率先して行動する
⑥深入りしない
⑦分からないことは質問する
⑧ビジネスマナーを守る

この方法はどの職場でも使えるものです。ぜひ実践してみてくださいね。

それでは順番に解説していきます。

①挨拶をしっかりする

挨拶はコミュニケーションの基本です。

あなたは子供の頃、親や先生から「挨拶をきちんとしましょう」と耳が痛くなるほど言われた経験はありませんか?

私たちは挨拶をマナーやルールの1つとして躾けられてきたはずです。

そのため、挨拶がきちんとできないと「失礼な人」「だらしない人」「非常識な人」とネガティブなレッテルを貼られる恐れがあります。

一方で気持ちの良い挨拶ができれば、あなたは周囲にポジティブな印象を与えることができます。

コミュニケーションが苦手な人でも、以下の3つの挨拶はしっかり行いましょう。これだけで、周囲のあなたを見る目が変わるはずです。

職場での3つの挨拶

①朝会った時に「おはようございます」
②外回りから戻ってきた人に対して「お疲れさまです」
③帰社するときに「お先に失礼します」

挨拶の時に注意して欲しいのが、はっきりした声で目を合わせて言うこと。

小声や伏し目がちな挨拶は、あなたに他意はなかったとしても相手からは「仕方なく挨拶している?」「私のことが嫌いなの?」と誤解されやすいので気をつけましょう。

②できるだけ笑顔でいる

笑顔は人間関係の向上にとても有効です。

ニコニコと笑顔の人と、ムスッと不満げな顔の人を想像してみてください。職場の雰囲気を明るくするのはどちらでしょうか?もちろん笑顔の人ですよね。

笑顔は伝播しますから、職場の雰囲気を明るく和ませるなどの効果があります。

笑顔の効果

  • 第一印象が良くなる
  • 相手の信頼度が上がる
  • 相手を安心させる
  • 相手の笑顔を引き出す

樺沢先生は著書『ブレインメンタル強化大全』の中で、笑うことは「心身に良い影響をもたらす」「ストレス緩和に効果的」と書いています。笑顔作り笑顔でもほぼ同様の効果が得られるとのことなので、笑顔が苦手な人は口角を上げることから始めてみましょう。

③感謝の気持ちを伝える

「ありがとう」はさまざまな場面で使える魔法の言葉です。「ノー」を伝えるときでも、最初に「ありがとう」の一言をつけることで印象が大きく変わります

特に自分が何かを頼んだ時は、声に出してハッキリと感謝を伝えるようにしましょう。心の中で感謝していても、声に出さない限りは相手に伝わらないものと考えるべきです。

相手の目を見てきちんと「ありがとう」の意思表示をし、積極的に感謝の気持ちを表現することで、職場の雰囲気も良いものへと変わっていくはずです。

④感情的にならない

職場で感情的になるのはNGです。

感情的な人は「非常識」「幼稚」「面倒な人」とみなされる可能性が高くなります。

けんか腰で文句を言われると、つい腹が立って言い返したくもなりますが、そこはグッとこらえましょう。「同じ土俵に乗ると、相手と同類になる」「負けるが勝ちだから、好きに言わせておこう」と適当にやり過ごすのが一番です。

もし無理難題を押しつけられたり、失敗の責任をなすりつけられそうになったら、慌てず冷静に対応を。感情的な物言いではなく、落ち着いた口調で事実を伝えることに徹しましょう。

⑤率先して行動する

何事も率先して行動する人に対して、周囲は一目置くものです。「助かる」「頼りになる」と好感を持ちます。

率先して行動するメリット

①信頼性が上がる
②職場全体の雰囲気が良くなる

とはいえ、何でも率先して手を挙げればいいのではありません。仕事が忙しくてキャパオーバーなときには「お役に立てなくてすみません」と、他の人にお願いしましょう。無理に引き受けて、仕事がおろそかになるのは本末転倒です。

⑥深入りしない

職場では相手に対して深入りしないことを心がけましょう。

自分に関わりのないことについて、むやみやたらに質問するのは好ましくありません。特に失敗やトラブルなどは「どうなったのだろう」と気になるものですが、当事者からしてみたら「部外者が面白がっている」と不快になる可能性大。業務上、共有しておくべき情報や経験として知っておいた方が良い場合を除いては、口を突っ込むのはやめましょう。

また、プライベートを詮索するのは論外です。趣味や嗜好、異性関係などについて根掘り葉掘りは聞くのはデリカシーに欠けています。プライベートな会話は同僚ではなく友人と呼べるくらいまで関係が深まってからしましょう。

⑦分からないことは質問する

分からないことは積極的に質問しましょう。

不明点を放置すると仕事に影響が出ます。結果、職場のメンバーの足を引っ張ることにもなります。ですから、分からないことや気になる点については、理解ができるまで教えてもらうようにしましょう。

質問するときには、相手への敬意と感謝を忘れないように。何度も同じことを質問するのはマナー違反です。同じ質問は最大3回までと心得ましょう。

質問をする際には「お忙しいところすみません」「お時間をとっていただき、ありがとうございます」などの感謝の言葉をセットにすると良いでしょう。

⑧ビジネスマナーを守る

社会人の基本となるビジネスマナーはきちんと守りましょう。

入社時の研修で習った人も多いと思いますが、時間が経ってくると知らず知らずのうちにマナー違反をしていることがあります。

ビジネスマナーの一例

  • 身だしなみを整える
  • 正しい敬語や言葉遣いを使う
  • 報連相をしっかり行う

ビジネスマナーについて、勘違いしていたりおろそかにしたしたりしている部分がないか再度チェックしましょう。気になる人はビジネスマナーの本やサイトなどでおさらいするといいですね。

ビジネスマナーは思いやりの気持ちを態度や挨拶で伝えるものです。最低限のマナーを守って、職場の人に不快感を与えないようにしましょう。

3. 職場の人間関係に振り回されない!気持ちが楽になる考え方

職場の人間関係に振り回されない!気持ちが楽になる考え方

職場にいる限り、人間関係のストレスをゼロにすることはできません。

しかし考え方を少し変えることで、心にゆとりができ、楽な気持ちで仕事をすることができるでしょう。

ここでは、職場の人間関係に振り回されない「気持ちが楽になる考え方」を5つご紹介します。

①職場は仕事をするところと割り切る

「職場は仕事をする場所」と割り切ると心が軽くなります

そもそも職場は仕事をするための場所です。あなたに求められるのは仕事で成果を出すこと職場の人と仲良くなることではありませんよね。「職場のみんなと仲良くしなければならない」という考え方はすぐに捨てましょう

このため、仕事の人間関係はあくまで仕事中のもの。最低限の人付き合いで十分です。中には仕事とプライベートの線引きが曖昧な人もいます。こういった人は外側からはとても楽しそうに見えるかもしれませんが、人間関係で悩みやすい傾向にあります。

②誰からも好かれる人になる必要は無い

どんな人気者でも全員から好かれていることはまずあり得ません。

トップアイドルにも必ずアンチがいるように、人の好みや価値観は多種多様です。

「いい人と思われたい」「職場で好かれたい」と思うと、どうしてもあちこちに気を遣い、疲れ切ってしまいます。誰からも好かれる人になるのは無理なので、自分を追い込まないようにしましょう

③職場の人間関係は一時的なもの

職場の人間関係は一時的なものと考えましょう。

働き方の多様化が進み、終身雇用制度がほとんど崩壊している現在において、職場の人間関係が退職まで続くのは一部の職種や業種だけですよね。

多くの職場では、異動や離職などで職場のメンバーは入れ替わります。今は最悪の人間関係でも新入社員が入ることで変わるかもしれません。

職場のメンバーと「この先、何十年も付き合わなければならない」と考えると、気が重くなるかもしれませんが、1、2年の間だけと考えるとどうでしょうか?

「どうせ辞めるし」と胸の中でつぶやくだけで、心に余裕が生まれるはずです。

④職場よりもプライベートの人間関係の方が大切

職場よりもプライベートの人間関係を大切にする方法もあります。職場の人間関係がうまくいかなくても、友人や家族の存在があなたの心を強く支えてくれるでしょう。

プライベートを充実させると、楽しいことに心が占領されて職場の人間関係で悩む時間が減ります。趣味に没頭したり、友人や家族と楽しい時間を過ごしたりすると、職場は自分にとって人生の一部分にすぎない」ことが理解できるはず。

「職場の人間関係に恵まれなくても、プライベートの人間関係が充実しているからいいや」と割り切って考えることができるでしょう。

⑤どこにでも相性の悪い人がいる

残念ながらどこにでも相性の悪い人は必ずいるものです。

好き嫌いは相性であり、脳のメカニズムによる「あなたがコントロールできない感情」でもあります。

落ち度のない相手に対して苦手意識や嫌な感情を持つと、「相手を嫌う自分が嫌い」と自分を責めてしまいがちです。自己嫌悪に陥ると立ち直るまで時間がかかります。

どんな理由であれ「付き合いにくい」「苦手だ」と感じる相手は、あなたとの相性が悪い人です。相性が悪い人に対しては、「仲良くしなくていい」「誰も悪くない」と心得て、ビジネスライクに付き合いましょう。

4. 職場の人間関係が最悪の場合はどうすればいい?

職場の人間関係が最悪の場合はどうすればいい?

「頑張ったけど、職場の人間関係が良くならない」
「職場全体の人間関係が悪い」

このように職場の人間関係が最悪の場合はどうしたら良いでしょうか?

人間関係が最悪な場合の考え方と解決策をお話します。

4-1.あなた1人で職場の人間関係を改善するのは難しい

職場全体の人間関係が最悪の場合、残念ながらあなた1人で改善するのはかなり難しいです。

職場全体の人間関係の改善は、メンバーの「変わらなければいけない」という強い意志がなければ不可能だからです。あなたにできるのは目の前の仕事を頑張ることと、2章でお話した「人間関係を円滑にする方法」を実践することだけ。

あなたの言動に影響されて、職場の人間関係を良くしたいと考える人が増えることを願うことしかできません。ですから「職場の人間関係を良くするために頑張らなくては!」と1人で気負わないでくださいね。

どうしても職場の人間関係を改善したい場合は、職場のメンバーに影響力のある上長に相談し、旗を振ってもらうといいでしょう。

4-2.ストレスを抱え込まないで信頼できる人に相談しよう

ストレスを1人で抱え込むのはとても危険です。強いストレスを感じたら、必ず信頼できる人に相談しましょう。不平や不満などのネガティブな感情は、誰かに聞いてもらうだけで気が晴れるものです。

ただし、トラブル防止のために相談相手は「職場のメンバーと関わりの薄い人」を選びましょう同じ部署のメンバーは強い信頼関係がなければ、やめておくべき。相談する相手は家族や友人がおすすめです。

近い人に弱みを見せたくないのであれば、産業医やカウンセラーでも良いでしょう。とにかく大切なのは1人でストレスをため込まないことです。

4-3.職場の人間関係が最悪の場合の解決策は2つだけ

職場の人間関係が最悪だと解決策は2つしかありません。

あきらめるか、逃げるかの2択です。それぞれ順番に説明していきます

①【諦める】ストレスを適度に解消して仕事を続ける

1つ目は諦めることです。ストレスを適度に解消して仕事を続ける選択になります。

先に紹介した気持ちが楽になる方法を実践して「まぁ、いっか」と受け流せるのであればこちらが良いのではないでしょうか。

②【逃げる】異動・休職・退職

2つ目は逃げることです。これは異動・休職・退職のいずれかを選択することになります。

「逃げる」という言葉にはネガティブな響きがありますが、どの選択も決して悪いことではありません。

マラソンもゴールなしに延々と走り続けるのはきついですよね。プロのマラソンランナーも休憩なしにずっと走り続けることはできません。

ですから、つらい時には休憩をとることが大切です。新しい環境で仕切り直すのもいいでしょう。

どうしても耐えられないときには、その場を一旦離れるという選択を視野に入れましょう。

5. 我慢しすぎはNG!自分らしく働ける場所は自分で作ろう

我慢しすぎはNG!自分らしく働ける場所は自分で作ろう

前章の解決策の部分でも触れましたが、我慢のしすぎは絶対にやめましょう。

あなたが自分らしく働ける場所はきっとあります。

ここではストレスを抱えたまま働くリスクや、人間関係を理由に離職することについて解説していきます。

5-1.ストレスを抱えたまま働くのはリスクが高い

ストレスを抱えたまま働くと、心身に大きなダメージを受けます。

「まだ大丈夫」「これくらい我慢しなければ」と自分を追い込むと、心身がボロボロになってしまうかもしれません。

気がついたときには鬱っぽくなっていたり、無気力になっていたりする恐れがあります。過度なストレスはあなたの心と体を蝕みます。

仕事はもちろん大切ですが、1番大切なのはあなたの健康です。取り返しのつかないことになる前に、あなたの負担が軽くなる方法を実践してください。自分の心と体を守れるのは自分自身だけだということを念頭に置いて行動しましょう。

5-2.人間関係を理由に退職するのは悪いことではない

人間関係を理由に退職するのは悪いことではありません。

エン転職のアンケートによると、転職経験者の半数以上が「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と回答しています。

転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

1位

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位

労働時間・環境が不満だった(14%)

3位

同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位

給与が低かった(12%)

5位

仕事内容が面白くなかった(9%)

6位

社長がワンマンだった(7%)

7位

社風が合わなかった(6%)

7位

会社の経営方針・経営状態が変化した(6%)

7位

キャリアアップしたかった(6%)

10位

昇進・評価が不満だった(4%)

転職理由と退職理由の本音ランキングBest10より作成

またリクナビネクストが行ったアンケートでは、退職理由の本音ランキングトップスリーに人間関係に対する不満が2つもランクインするという結果に。

このように人間関係を理由に退職する人は割と多いのです。

ただし、転職時の面接で退職理由を「人間関係」というと、表現の仕方によってはマイナスになるかもしれません。

人間関係を理由に転職する場合は、転職エージェントを活用すると失敗にくいでしょう。転職エージェントについては、次の章で説明していきます。

6. 良い職場探しなら転職エージェント選びも重要

良い職場探しなら転職エージェント選びも重要

転職理由が人間関係によるものだったり、自分に合った会社や職種がはっきりしていなかったりする人は、転職エージェントの利用が絶対におすすめです。

転職エージェントのアドバイザーたちは、悩みを持つ数多くの転職者たちをサポートしてきています。あなたのように、社内での人間関係に悩んでいる人にもたくさん会っているはずです。誰よりも転職や仕事の悩みに詳しいアドバイザーに相談することで、客観的で的確なアドバイスが得られます。

また、登録しなければ知ることができない求人案件も多くあります。

大手企業や上場企業は転職エージェントを信頼している傾向もあるので、「人間関係が良さそうな会社を狙いたい」「福利厚生が手厚い会社がいい」というのであれば、とりあえず登録しておくのがおすすめです。次項でおすすめの転職エージェント3社をご紹介します。

6-1.リクルートエージェント|業界最大手・公開求人数No.1

リクルートエージェント

リクルートエージェントの強みは求人数の多さ。求人数は非公開も含めるとなんと20万件以上!転職エージェントの中でNo.1の求人数を誇ります。職種や業種の幅が広く、地方求人も豊富なので希望に合う仕事を見つけやすいでしょう。

実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられるのも特徴の1つ。書類添削や面接対策のほか、年収交渉など自分ではやりにくい部分もお任せできます

運営会社

株式会社リクルートキャリア

求人数

公開求人数:10万5,314件/非公開求人数: 12万9,236件 ※2021年1月14日現在 

公式サイト

https://www.r-agent.com/

6-2.マイナビエージェント|20代・はじめての転職に強い

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就職実績No.1のマイナビグループが運営する転職エージェントです。若手の転職に関するノウハウやコネクションがしっかりあるため、利用者の満足度が高いことで知られています。

求人数自体は他のエージェントよりもかなり少なめ。しかし大手企業や人気企業の求人はしっかり押さえており、取り扱い求人を厳選してる印象です。

若手の転職を熟知しているアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、「初めての転職で不安」「ホワイト企業に転職したい」におすすめです。

運営会社

株式会社マイナビ

求人数

公開企業数:2,442件(全企業の約20%)※2021年1月14日現在

公式サイト

https://mynavi-agent.jp/

6-3.dodaエージェント|転職者満足度No.1

doda

転職者満足度No.1のdodaは、30年間の転職支援実績がある転職エージェントです。取り扱い求人数は10万件以上と業界No.2。さまざな職種や業界から選べます。

「初めて転職するので、どうすればいいのか分からない」という人から、「キャリアアップしたい」という人まで幅広いニーズに応えてくれます。

dodaエージェントはWebコンテンツが非常に充実しており、転職初心者の役に立つでしょう。

運営会社

パーソルキャリア株式会社

求人数

公開求人数:7万1,126件/非公開求人数: 3万2,074件 ※2021年1月14日現在 

公式サイト

https://doda.jp/

まとめ

この記事では職場の人間関係を円滑にするコツや気持ちが楽になる考え方について解説しました。最後に記事の内容をおさらいしましょう。

職場の人間関係は悪いのが当たり前です。

ですから無理に仲を深めようとせず、ビジネスライクに接するといいでしょう。

職場の人間関係を円滑にする方法は以下の8つです。

①挨拶をしっかりする
②できるだけ笑顔でいる
③感謝の気持ちを伝える
④感情的にならない
⑤率先して行動する
⑥深入りしない
⑦分からないことは質問する
⑧ビジネスマナーを守る

職場の人間関係に振り回されず、ストレスフリー・気持ちが楽になる考え方は以下のとおりです。

①職場は仕事をするところと割り切る
②誰からも好かれる人になる必要はない
③職場の人間関係は一時的なもの
④職場よりもプライベートの人間関係の方が大切
⑤どこにでも相性の悪い人がいる

職場の人間関係が最悪な場合の解決策は以下の2つしかありません。

①【諦める】ストレスを適度に解消して仕事を続ける
②【逃げる】異動・休職・退職を選択する

転職者の多くが離職理由に人間関係を挙げています

職場の人間関係を理由に退職するのは、恥ずかしいことでもダメなことでもありません。

何をしても悩みやストレスが解消されない場合は、無理をせずに心身を休める選択をしましょう。あなたの健康を守れるのはあなただけです。

転職に不安があるなら、転職エージェントに登録して公開されている求人情報を見たり、アドバイザーに相談してみるのもいいでしょう。

この記事でご紹介した方法を参考にして頂けたら幸いです。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら