仕事が辛いときの乗り越え方と精神的な苦しさがラクになる名言30選

仕事が辛いときの乗り越え方と精神的な苦しさがラクになる名言

仕事が辛い気持ちを抱えているあなたは、きっとここまで必死にがんばってきたはずです。まずは、そんな自分を認めてあげましょう。あなたは本当によくがんばってきたのです。

これ以上、辛い気持ちを我慢して走り続ける前に、いったん立ち止まってみませんか。というのは、このまま辛さに耐えるだけでは、あなた自身の健康が損なわれてしまう危険があるからです。

本記事では、仕事が辛いときの乗り越え方と、精神的な苦しさがスーッとラクになる名言をご紹介しています。

本記事のポイント

  • 仕事が辛いときの乗り越え方がわかる
  • 心の苦しさが和らぐ名言と出会える
  • 耐えてはいけない逃げるべきケースについても解説

「辛い気持ちを何とかしたい」
「仕事の辛さを乗り切りたい」
…という方におすすめの内容となっています。

この解説を最後までお読みいただければ、あなたは「いま抱えている辛さを乗り切る方法」はもちろん、“必要以上にストレスを感じることなく、穏やかな気持ちで仕事に取り組める自分”をどう作っていけば良いのか、わかるようになります。
きっと、あなたの仕事人生における重要な転換点となるはずです。では、さっそく解説を始めましょう。

1. 仕事が辛いと感じる自分を責めないで

仕事が辛いと感じる自分を責めないで

仕事が辛いと感じる自分は、弱いのでしょうか。甘えているのでしょうか。

いいえ、断じてそんなことはありません。仕事が辛いと感じる自分を責めないでください。

仕事が辛いと感じるのは、あなたが弱いからでも甘えているからでもありません。

あなたから見れば、仕事が辛そうには見えない怖い上司も、SNSでキラキラ輝いて見える大学の同期も、本当は仕事が辛いと感じているかもしれません。

これは決して「ほかの人も辛いのだから我慢すべき」という話ではありません。そうではなく、「仕事が辛い」という気持ちは誰でも抱える可能性があり、あなたに非があるわけではないと知ってほしいのです。

実際に、厚生労働省の調査によれば、6割以上の人が仕事に関する強い不安・悩み・ストレスを抱えていることが明らかになっています。

厚生労働省「労働者健康状況調査」

出典:厚生労働省

まずは、仕事が辛いと感じる自分が悪いと考えるのをやめて、自分の正直な気持ちを受け入れてあげてください。あなたはここまで、よくがんばってきたのです。

「それでも自分を責めてしまう」という方は、“仕事が辛いと悩んでいる相手が、もし自分の親友だったら?”と考えてみてください。

あなたは、苦しんでいる親友に、なんと声をかけますか。「仕事が辛いだなんて甘えている!」と糾弾するでしょうか。

きっと、「よくがんばってきたね」と優しい言葉をかけるはずです。親友にかけるような優しい言葉を、自分にも、かけてあげましょう。

2. 仕事が辛いときの乗り越え方 3ステップ

仕事が辛いときの乗り越え方 3ステップ

仕事が辛いと感じる自分の気持ちを受け入れたうえで、ここからはそんな苦しい状況を乗り越えていくための方法をご紹介します。

2-1. ステップ1:ストレスチェックを行う

1つめのステップは「ストレスチェックを行う」です。

あなたの辛さがどの程度なのか、ストレスレベルの測定によって客観的に把握しましょう。

職場のストレスチェックには、厚生労働省が推奨している「職業性ストレス簡易調査票」がおすすめです。

57問の質問の回答結果を集計してストレスレベルを算出するものですが、5分でできる職場のストレスチェックのページで、回答から集計まで簡単にできるプログラムが公開されています。

診断は5分ほどで終わりますので、さっそくチェックを行ってみてください。

すべての質問に回答すると、診断結果が表示されます。

▼ 診断結果の表示例

職業性ストレス簡易調査票

出典:厚生労働省

「ストレスを抱えている」「ストレス状況が高めな状態にある」といった診断結果が出た場合には、適切な対処が必要です。次のステップに進みましょう。

「ストレスを抱えていない」という結果が出た場合には、「仕事が辛い」という気持ちは一時的なものかもしれません。

時間の経過とともに辛さが消えていく可能性があります。1〜2週間、様子を見て、改善されないようであれば次のステップに進んでください。

2-2. ステップ2:ストレッサーを見つける

2つめのステップは「ストレッサーを見つける」です。

ストレッサーとは、“ストレスのもと”のことで、仕事におけるストレッサーの例としては、以下が挙げられます。

▼ 職場のストレッサーの例

■ 質的な負担

  • かなり注意を集中する必要のある仕事だ
  • 高度な知識や技術が必要な難しい仕事だ
  • 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない

■ 量的な負担

  • 非常にたくさんの仕事をしなければならない
  • 時間内に仕事が処理しきれない
  • 一生懸命働かなければならない

■ 技能の低活用

  • 自分の技能や知識を仕事で使うことが少ない

■ 裁量権の少なさ

  • 自分のペースで仕事ができない
  • 自分で仕事の順番・やり方を決めることができない
  • 職場の仕事に自分の意見を反映できない

■ 働きがいのなさ

  • 働きがいのある仕事ではない

■ 対人関係

  • 部署内で意見の食い違いがある
  • 所属部署と他の部署とで「うま」が合わない
  • 職場の雰囲気が有効的でない

■ 作業環境

  • 作業環境(騒音、照明、温度、換気など)が良くない

出典:厚生労働省

自分に当てはまる項目をチェックしましょう。

2-3. ステップ3:ストレスコーピングする

3つめのステップは「ストレスコーピングする」です。

ストレスコーピングとは、ストレスのもと(=ストレッサー)に対処することです。

ステップ2でチェックしたストレッサーによって過剰なストレスがかかっている状況では、仕事が辛いという気持ちが加速するばかりです。

ストレッサーを放置すれば、心身へのさまざまな悪影響が考えられるため、うまくストレスコーピングすることが必要になります。

ストレスコーピングの方法は、大きく以下の2つに分けられます。

■ 問題焦点コーピング
ストレッサーそのものに働きかけて、それ自体を変化させて解決を図ろうとすること
(例:対人関係がストレッサーである場合、相手の人に直接働きかけて問題を解決する)

■ 情動焦点コーピング
ストレッサーそのものに働きかけるのではなく、それに対する考え方や感じ方を変えようとすること
(例:対人関係がストレッサーである場合、それに対する自分の考え方や感じ方を変える)

出典:厚生労働省

問題焦点コーピング・情動焦点コーピングのどちらを使うべきかは、あなたの抱えているストレッサーや職場環境によって判断します。

ストレッサーそのものが対処によって改善可能な場合には、問題焦点コーピングが適しています。具体的には、以下の対処を行ってください。

▼ 問題焦点コーピングの具体例

  • 上司に相談して仕事内容・仕事量・職場環境などを改善する
  • (上司に相談できない場合)会社の相談窓口や人事担当者に相談する
  • (社内では解決できない場合)外部の相談窓口に相談する

具体的な対処法は「【仕事辞めたい人の完全ガイド】対処法から退職すべき判断基準まで理由別に解説」で解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

ストレッサーそのものが対処によって改善できない場合には、情動焦点コーピングによって自分の考え方や感じ方を変え、仕事が辛い気持ちを和らげていく必要があります。

強いストレスにさらされている場合には、精神科・心療内科などの医療機関を受診して、医師やカウンセラーなどの専門家のサポートを得て情動焦点コーピングを行ってください。

医療機関は、精神科・心療内科などの医療機関検索サイト で検索できます。

なお、仕事のストレスについて詳しくは以下の記事も参考にご覧ください。

3. 仕事が辛いとき精神的な苦しさを和らげる名言30選

仕事が辛いとき精神的な苦しさを和らげる名言30選

さて、ここからはセルフで行える情動焦点コーピングの一環として、仕事が辛いとき心にグッとくる名言集をご紹介します。

あなた自身の心を癒やしながら、仕事が辛いと感じる自分の考え方や感じ方を変え、少しでも気分をラクにしていきましょう。

名言は、以下の5つの分野で分けてあります。あなたの現在の状況に合う名言を選んで読んでみてください。

  1. 辛い仕事を乗り越えて成長したい
  2. 辛くても休めずがんばりすぎてしまう
  3. 辛い仕事を辞める勇気が欲しい
  4. 辛い仕事で自信を失ってしまった
  5. 心も体も疲れ切ってしまった

3-1. 辛い仕事を乗り越えて成長したい

「自分を鼓舞してくれる力強い言葉が欲しい」
「誰かに背中を押してもらいたい」

そんなあなたに向けた名言をお届けします。

死にそうになるほど
つらいことも
乗り越えれば、
あなたはずっと強くなる。

フリードリヒ・ニーチェ(1844-1900)

結果が出ないとき、
どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、
何かを生み出すきっかけをつくる。

イチロー(1973-)

それはできる、それをやる、と決断せよ。
それから、その方法を見つけるのだ。

エイブラハム・リンカーン(1809-1865)

今いるところで、今持っているもので、
あなたができることを
やりなさい。

セオドア・ルーズベルト(1858-1919)

物事が思い通りにいかなくても、前に進もう。
雨が降るのではないかと心配すると、本当に雨が降るものだ。

クリント・イーストウッド(1930-)

できると思えばできる、
できないと思えばできない。
これは、ゆるぎない
絶対的な法則である。

パブロ・ピカソ(1881-1973)

「腹が立ったら自分にあたれ、
悔しかったら自分を磨け」というのが、
僕のいちばん基本的な考え方です。

村上春樹(1949-)

3-2. 辛くても休めずがんばりすぎてしまう

「休むことに罪悪感がある」
「がんばらなければ自分には価値がないと思ってしまう」

そんなあなたに向けた名言をお届けします。

人間は、
休むときの度胸が
いちばん大事や。

山崎豊子(1924-2013)

速度を上げるばかりが、人生ではない。

マハトマ・ガンジー(1869-1948)

苦労から抜け出したいなら、
肩の力を抜くことを覚えなさい。

斎藤茂太(1916-2006)

たまには休むのもひとつの仕事じゃない?

トーベ・ヤンソン(1914-2001)

健康に気を配って無理をせず、勇気をもって休むことが、
長い目で見れば「働く人間」としてのパフォーマンスを高めます。

松岡修造(1967-)

3-3. 辛い仕事を辞める勇気が欲しい

「本当は今の仕事を辞めたい」
「でも転職する勇気が出ない」

そんなあなたに向けた名言をお届けします。

だいじょうぶ。
この世の中は、あなたが思うより、ずっと広いのです。
あなたが安心して生活できる場所が、ぜったいにあります。
どうか、勇気を持って逃げてください。

鴻上尚史(1958-)

きっぱりと心から「NO」と言うのは
相手に合わせて、
あるいは面倒だからといって
「YES」と言うより
はるかに価値がある。

マハトマ・ガンジー(1869-1948)

人の世には道はひとつという事はない。道は百も千も万もある。

坂本龍馬(1836-1867)

自分の好きなことをやる。
そのために人は生まれてきたのだ。

水木しげる(1922-2015)

きらいなことをやっても伸びない。
どうせ一度の人生なら、
好きなことをとことんやるべきだ。
そうすりゃ、それが
やがて社会の役に立つ。

本田宗一郎(1906-1991)

決断しないことは、
ときとして間違った行動より、
たちが悪い。

ヘンリー・フォード(1863-1947)

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。
さもないと、誰かにコントロールされてしまう。

ジャック・ウェルチ(1935-2020)

3-4. 辛い仕事で自信を失ってしまった

「大きな失敗をして自信を失った」
「プライドが傷ついて辛い」

そんなあなたに向けた名言をお届けします。

失敗したからって何なのだ?
失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。

ウォルト・ディズニー(1901-1966)

どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要な時に
責めてくれるんだから
いいじゃないですか

アインシュタイン(1879-1955)

間違いをおかしてしまったとき、
すべきことは3つだけ。

  1. それを認めること
  2. それから学ぶこと
  3. それをくりかえさないこと

ポール・ブライアント(1913-1983)

自分の価値は自分で決めること。
つらくても貧乏でも、
自分で自分を殺すことだけはしてはいけない。

勝海舟(1823-1899)

自分に欠けているものを気に病む人は、
備わっている大事なものを思えばいい。
それだけで悩みは消える。

デール・カーネギー(1888-1955)

命まで取られへん、だめならやりなおせばいい。

鬼塚喜八郎(1918-2007)

3-5. 心も体も疲れ切ってしまった

「もう心も体もへとへと」
「すべてを投げ出してしまいたい」

そんなあなたに向けた名言をお届けします。

強いってことは、泣かないことじゃない。
泣いてもまた笑えること。

澤穂希(1978-)

どんな悲しみや苦しみも
必ず歳月が癒してくれます。
時間こそが心の傷の妙薬なのです。

瀬戸内寂聴(1922-)

すごく悪いことがあった後に、
ものすごくいいことが起きるようになっている。
この地球という星はそういう場所なのです。

美輪明宏(1935-)

どこか遠くに行きなさい。
仕事が小さく見えてきて、
もっと全体がよく眺められるようになります。
不調和やアンバランスが
もっとよく見えてきます。

レオナルド・ダ・ビンチ(1452-1519)

闇があるから光がある。
そして闇から出てきた人こそ、
一番ほんとうに光の有り難さがわかるんだ。

小林多喜二(1903-1933)

4. こんな辛さは耐えてはいけない!逃げるのが正解

こんな辛さは耐えてはいけない!逃げるのが正解

ここまで、仕事が辛い気持ちに対処する方法をご紹介してきました。

しかし、なかには「耐えてはいけない、逃げるべき辛さ」もありますので注意が必要です。3つの例をご紹介します。

4-1. 職場でハラスメントの被害に遭っているとき

1つめは「職場でハラスメントの被害に遭っているとき」です。

職場におけるハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ等)は、あなたの個人としての尊厳を不当に傷つける、社会的に許されない行為です。

例えば、パワーハラスメントの例としては、以下が挙げられます。

パワハラ 厚生労働省

出典:厚生労働省

もしハラスメントの被害に遭っているなら、我慢して耐えるのは得策ではありません。はっきりと意思を伝え、会社の窓口に相談しましょう。

厚生労働省

出典:厚生労働省

会社に相談できる相手がいない場合には、以下の外部機関に相談しましょう。

▼ ハラスメントの相談窓口

名称

運営元

特徴

ハラスメント悩み相談室

厚生労働省委託事業

職場におけるハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ等)に関するお悩み、お困りごとを専門に、無料でメール・電話相談対応を行っている

4-2. 過重労働が続いているとき

2つめは「過重労働が続いているとき」です。

過重労働とは、時間外労働が法律で定められた上限規制(月45時間・年360時間)を超えている状態です。

過重労働 厚生労働省

出典:厚生労働省

さらに、臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合であっても、年720時間・複数月平均80時間・月100時間の上限を超えることはできません。

厚生労働省 過重労働

出典:厚生労働省

日本では過重労働に陥っている多くの人が、「会社の状況を考えると仕方ない」「自分の仕事が終わらないからだ」などと考えて、我慢してしまいます。

しかし、過重労働を従業員にさせるのは、会社の違法行為であることを知っておきましょう。

特に近年では過労死が問題となり、厚生労働省が過重労働対策を強化しています。

このような社会環境にあって多くの企業が働き方改革を推し進めるなか、いまだに過重労働を従業員に課している企業は、意識が低く時代遅れといわざるを得ません。

あなた自身、「過重労働も仕方ない」と思い込んでいるとしたら、転職も視野に入れて、外の世界に目を向けてみましょう。ほかの会社の取り組みを目の当たりにすると、意識が変わるかもしれません。

具体的には、転職エージェントへの相談や転職サイトのチェックをしてみると良いでしょう。

名称

種別

特徴

リクルートエージェント

転職エージェント

業界最大手の転職エージェントでキャリアアドバイザーから応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを受けられる

マイナビエージェント

転職エージェント

20代の支持率が高い転職エージェントで第二新卒の転職や初めての転職におすすめ

リクナビNEXT

求人情報・転職サイト

求人数No.1の転職サイトでWeb上で経歴などを登録すれば、誰でもどの求人にも応募が可能

doda

求人情報・転職サイト

大手・優良企業を中心に豊富な求人情報から最適な求人を求人検索できる

4-3. 心や体に異変が起きているとき

3つめは「心や体に異変が起きているとき」です。

以下の症状があるときには、まずは医療機関の受診をおすすめします。

  • 入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題がある
  • 食欲不振・頭痛・腹痛などの体調不良が続いている
  • 抑うつ状態が続いている
  • 仕事の辛さによって日常生活に支障が出ている

かかりつけ医を持っていれば、まずはかかりつけ医に相談すると良いでしょう。

精神科や心療内科、神経科のある病院、診療所(クリニック)を探したい場合には、精神科・心療内科などの医療機関検索サイトを利用すると便利です。

もし、医療機関を受診する気力もないほど心が疲弊している場合や、受診に抵抗がある場合は、ひとりで抱え込むのは絶対にやめましょう。

家族・友人・上司・同僚などに相談できる人がいれば相談し、相談できる人がいない場合には、行政の相談窓口に連絡してサポートを受けましょう。

▼ 行政の相談窓口

名称

運営元

特徴

働く人の「こころの耳SNS相談」

厚生労働省

働く人の心身の不調や不安・悩み等メンタルヘルスに関してSNSで相談できる

働く人の「こころの耳メール相談」

厚生労働省

働く人の心身の不調や不安・悩み等メンタルヘルスに関してSメールで相談できる

働く人の「こころの耳電話相談」

厚生労働省

働く人の心身の不調や不安・悩み等メンタルヘルスに関して電話で相談できる

総合労働相談コーナー

厚生労働省

職場のトラブルに関する相談や、解決のための情報提供が受けられる

ハラスメント悩み相談室

厚生労働省委託事業

職場におけるハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ等)に関するお悩み、お困りごとを専門に、無料でメール・電話相談対応を行っている

5. まとめ

仕事が辛いと感じる自分を責める必要はまったくありません。それよりも、がんばってきた自分を認めてあげましょう。

仕事が辛いときの乗り越え方は、以下の3ステップを実践してください。

  • ステップ1:ストレスチェックを行う
  • ステップ2:ストレッサーを見つける
  • ステップ3:ストレスコーピングする

仕事が辛いとき精神的な苦しさを和らげる名言30選を、以下のケース別にご紹介しました。

  1. 辛い仕事を乗り越えて成長したい
  2. 辛くても休めずがんばりすぎてしまう
  3. 辛い仕事を辞める勇気が欲しい
  4. 辛い仕事で自信を失ってしまった
  5. 心も体も疲れ切ってしまった

ぜひこのページをブックマークして、辛くなったとき読み返してみてください。

なお、次のケースでは、辛さに耐えてがんばることは逆効果です。適切な対処を行い、改善が難しければ転職して職場を離れるのが正解です。

  1. 職場でハラスメントの被害に遭っているとき
  2. 過重労働が続いているとき
  3. 心や体に異変が起きているとき

仕事が辛い気持ちを放置せず、適切な対処をしながら、楽しく仕事ができる環境を作っていきましょう。あなたには、それができるはずです。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら