人生を楽しむ方法|6つのコツと5つの考え方【おすすめの名言と書籍も紹介】

author-avatar
私が書きました キャリアA編集部

人生に不満があるわけではないけれど、なにかいつも楽しくないと感じる。
人生を思い切り楽しんでいる人を見て、ため息をついてしまう。

あなたは今、そんな風に思っているのではないでしょうか?

いつも楽しそうにしている人と、なんだかつまらないなと感じている自分を比べて、落ち込んでしまう。あるいは、人生を楽しめていない自分には何かが欠けているのではないかと思い、不安になっているかもしれません。

でも、大丈夫!

人生を楽しむコツと楽しむ方法を知れば、誰でも、いつだって人生を楽しむことができます

この記事では、あなたにぜひ知っておいてほしい、人生を楽しむコツ、人生を楽しむ具体的な方法について、できるだけわかりやすく解説していきます。

また記事の後半では、人生を楽しむためのヒントとなる情報を、たくさんご紹介します!

あなたの心に響くアドバイスを、きっと見つけることができるでしょう。

この記事を読むことで、人生を楽しむ方法を学び、今日からすぐに実践できるようになります。ぜひ、最後までご覧ください!

1.人生を楽しむ6つのコツ

人生を楽しむには、ちょっとしたコツが必要です。

そもそも、人生は面白おかしいものではないのです。

人生は、楽しもうとするから楽しくなります。だから、「人生が楽しくないのは、自分がつまらない人間だから?」なんて、思うのは間違い!楽しくなるための何かが、あなたに欠けているわけでもありません。

ちょっとしたコツを知っていれば、人生はどんどん楽しくなります。そのコツを、これからご紹介します。

1-1.自分が好き!

人生を楽しんでいる人は、自分が大好きです。

もし、今の自分をあまり好きではないなら、「自分が好き!」と宣言することから始めましょう。不思議なことに、人は何かを一度好きだと思うと、どんどん好きになっていくものなのです。

自分の中の、「こんなところがかわいいな」と思える部分を探してみましょう。大好きな自分を応援しているうちに自信が持てるようになり、余裕を持って毎日を楽しめるようになるはずです。

ただし、自己中心的になってしまわないよう注意しましょう。

自分を好きになって人生を楽しむコツ

  • 「自分が好き」と宣言する
  • 自分をかわいいと思ってみる
  • 自分のいいところを探す
  • 自分を応援する

1-2.BESTではなくBETTER

人生を程よく楽しむなら、常にBESTではなくBETTERを意識することが大切です。

BEST(ベスト):最も良い
BETTER(ベター):より良い

人生を楽しめないと感じている人は、完璧主義であることが多いようです。

こだわりを持って100%の完成度を求める姿勢は、きっと仕事で高く評価されているはず。でも、常に完璧を求める行為は自分自身を苦しめてしまいます。

仕事でも私生活でも、人生を楽しむことにおいても、およそ8割の完成度を目指しましょう。BESTよりもBETTERを意識するほうが、もっと楽に人生を楽しめます

BETTERを意識して人生を楽しむコツ

  • 完璧を求めない
  • こだわりすぎない
  • 7~8割の完成度を目指す

1-3.「~すべき」は禁止

人生を楽しみたいなら、以下のような考え方はやめましょう。

  • 「~すべき」
  • 「~しなければならない」
  • 「こうあるべき」

「~すべき」はとても強い言葉なので、口にするだけで自分は強い、偉い、立派だと勘違いしてしまうのです。そのため、あらゆる場面で「~すべき」を連発し、自分や周りの人を、無意味な束縛でがんじがらめにしてしまいます。

「~すべき」をやめることで自分がとても楽になり、人生が快適になります

また、「~すべき」を人に押しつけないようにすることで、より良い人間関係を保つことができるようになるはずです。より良い人間関係があれば、人生をもっと楽しむことができます。

「~すべき」をやめて人生を楽しむコツ

  • 「~すべき」と考えない
  • 「~すべき」と言わない
  • 「~すべき」を人に押しつけない

1-4.嫌なことは断る

自分が嫌だと思うことは断りましょう。それが、人生を楽しむコツです。

  • せっかく誘ってもらったから
  • せっかくいただいたものだから
  • 指名していただいたから

そう言って、嫌なことを厭々やっていませんか?

それで幸せになるのは、嫌なことをあなたに押しつけてラッキーと思っている人だけです。相手が好意でしてくれていたとしても、あなたが厭々やっているのであれば、嬉しいとは思わないはずです。

無理なものは無理と断り、嫌なことからはさっと逃げましょう

仕事の場面では、無理な仕事を押しつけられそうになったら、それは本当に自分がやるべき仕事なのか考えてから、受け入れるか断るかを決めることが大事です

嫌なことをは断わって人生を楽しむコツ

  • 嫌なことから逃げても良い
  • 「無理です」と言う
  • 嫌な誘いは断る
  • 自分がやるべき仕事なのか考える

1-5.良かったことを探す

良かったことを見つけると、人生がどんどん楽しくなります。

人生は楽しいことばかりではありません。生きていると、辛いことや苦しいことがたくさんありますよね。でも、良いことや楽しいこともたくさんあります。

「良かった」「嬉しい」「楽しい」と思えるようなことに注目し、気持ちを集中させることで、人生が楽しさや喜びで満ちたものになります。

たとえば、以下のようなささいな出来事が、人生に喜びを与えてくれるのです

  • どしゃ降りの雨がやんで、雨上がりの空に架かる虹
  • 多忙な仕事の合間のちょっとしたおしゃべり
  • 寒い中で働いたあとのお風呂
  • 最高に美味しいスイーツ

人生を楽しんでいる人は、ちょっとした幸せをたくさん知っています

良かったことを見つけて人生を楽しむコツ

  • 良いこと、楽しいことに注目する
  • 良かったことを探す
  • ちょっとした幸せを探す

1-6.健康的な生活

人生をより楽しむには、健康的な生活を心がけることが大切です。

ずっと楽しみにしていたワクワクするようなイベントがあっても、体調が悪いと十分に楽しむことができませんよね。不摂生をして不健康でいると、精神状態も悪くなり、目の前の楽しいことにも気づけなくなってしまいます。

  • 睡眠をとる
  • ご飯をしっかり食べる
  • 身体が冷えないようにする
  • 水分をとる
  • バランスの良い食事をとる

このようなことを心がけましょう。どれも当たり前のことですが、健康的な生活をするための基本です。

毎日が健康であれば、人生を存分に楽しむことができます

健康的な生活を心がけて人生を楽しむコツ

  • 十分な睡眠を取る
  • 身体を冷やさない
  • バランスの良い食事をとる

2.人生を楽しむ6つの具体的な方法

人生を楽しむコツについて、理解していただけましたでしょうか。次はいよいよ、人生を楽しむ具体的な方法を解説していきます。

人生を楽しむ方法は人それぞれなので、実際は、さまざまな実践方法やアプローチ方法があります。

人生を楽しむことが目的なので、どんな方法でも構わないのですが、ここでは、具体的で実践しやすい6つの方法をご紹介します

2-1.忙しくても自分だけの時間を確保する

趣味の時間や、将来のことを考えたり、自分のやりたいことをするための時間があると、毎日の生活に余裕が生まれ、人生を楽しむことができるようになります。

仕事や勉強、家族の世話や日常生活のさまざまな雑事で、寝る暇もないほど忙しいという場合でも、1週間に数時間、1日に30分ずつでも、自分だけの時間を確保することを目指しましょう。

時間をやりくりして自分の時間を増やすには、次の3つの方法がおすすめです。

1) 作業効率をアップする

仕事や必要な作業を早く終わらせて、自分の時間を確保しましょう。

仕事中はスマホの通知をオフにする、時間を決めて作業を終わらせるなどの工夫で作業効率をアップし、作業時間を短縮することができるはずです。

2) すき間時間を有効に使う

通勤時間や、一人で休憩しているときなどのちょっとした時間を、スマホやゲームではなく、自分の大切なことに使うよう意識しましょう。

寝る前の30分をSNSパトロールに費やす代わりに、肌のケア、読書、将来のための勉強、趣味の時間にすることで、人生の満足度がアップします。

3) 時間を先取りで確保する

朝の1時間を趣味の時間にする、毎週水曜日の夜は趣味の時間にするというように、自分のための時間を決めてしまうことで、自分の時間を確実に確保することができます。

2-2.自分だけの小さな目標を持つ

自分が達成できそうな小さな目標を持つことで、モチベーションを持って毎日を過ごすことができます

目の前にあることをただ漫然とこなすだけの毎日は、単調でたいくつなものになりがちです。そんなときは、自分にとって達成可能な範囲の小さな目標を設定しましょう。

手の届かない大きすぎる目標では、途中で道を見失ってしまいます。例えば、毎日5分の筋トレを1か月続ける、今月中に1キロ痩せる、来月までに英会話の初級コースを終らせる、今月はコンビニに立ち寄らない。というように、期限を設けて小さな目標を立ててみましょう。

小さな目標を達成し、さらにまた小さな目標を立てることを繰り返すことで、達成する喜びを味わいながら充実した毎日を過ごすことができます

自分だけの小さな目標の一例

  • 毎日5分の筋トレを1か月続ける
  • 今月中に映画を1本見る
  • 来月までに英会話の初級コースを終らせる
  • 今月はコンビニに立ち寄らない

2-3.自分がやりたいかどうかを優先させる

「やるかどうか」迷うときは、自分がそれをやりたいかどうかという判断基準を優先させましょう。

  • 楽だから
  • お金がかからないから
  • 皆がやっているから
  • これが良いと〇〇が言っているから

このような基準で決めると、後悔する結果になりがちです。自分がやりたいかどうかで判断したのであれば、どんな結果になっても納得することができるでしょう。

損得勘定や周りの意見に流されるのではなく、いつでも自分がやりたいことにチャレンジできれば、人生を十分に楽しむことができます

2-4.人や環境に期待しない

誰かがなんとかしてくれる、誰かが声をかけてくれる、誰かが自分の思い通りに行動してくれることを期待して待つのをやめましょう。

人に期待しなければ、自分のタイミングで行動することができます。いつまでも待たされてハラハラしたり、期待通りの結果にならずにがっかりすることもありません。

いつか状況が変わる日を夢見て待っていても、自分が理想とする環境が用意されることはありません。自分で行動すれば、ずっと早く望み通りの環境を手にすることができます。

人生を楽しみたいなら、自分の期待には自分でこたえてあげましょう。そうすれば、望み通りのものがすぐに手に入るはずです。

人や環境に期待しない方が良いこと

  • 誰かがなんとかしてくれる
  • 誰かが声をかけてくれる
  • 誰かが自分の思い通りに行動してくれる
  • いつか状況が変わる
  • 自分が理想とする環境が用意される

2-5.人と自分を比べない

人と自分を比べるのはやめましょう。

世界中探しても、同じ人間はいません。生まれ育った環境も、学んできたことも経歴も、目指していることも好みも違うわけですから、その一部分だけを切り取って比較してもあまり意味がないのです。

自分と他人を比較することをやめれば、無駄に落ち込んだり、勘違いしてしまうこともありません

とはいえ、どうしても隣の人の成績が気になってしまったり、自分の結果を誰かと比べたくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、他の人と優劣を比べて一喜一憂するのではなく、「お互い頑張った」という気持ちを持つようにするとストレスを感じずに済みます。

また、半年前の自分、1年前の自分と比べてみる方法もおすすめです。

人と自分を比べないための具体的な方法

  • 人と比較することをやめる意識を持つ
  • お互い頑張ったと考える
  • 過去の自分と比べる

2-6.感謝の言葉を口にする

親切にしてもらったら、「ありがとう」という感謝の言葉を、意識して伝えるようにしましょう。

慣れていないと言いそびれてしまうので、普段から意識しておくことが大切です。

また、親切にしてもらった内容、金額の大小で差をつけてるのではなく、親切にしてくれた「こと」に対してお礼を言うようにするとよいでしょう

感謝の気持ちを明確にすることで、「ありがたいな、幸せだな」と感じることができます。これを繰り返すことで幸福感が増し、毎日を楽しく過ごすことができるようになります

言えなかった場合や、些細なことにいちいち「ありがとう」と言うのがはばかられるような場合は、心の中で感謝するだけでも効果があります。

感謝の言葉を口にする具体的な方法

  • 「ありがとう」と言うことを、普段から意識する
  • 親切にしてくれた「こと」に対してお礼を言う
  • 言えなかったときは心の中で感謝する

3.人生を楽しんでいる人の考え方5つ

「自分と同じような生活をしているはずなに、なぜあの人はいつも楽しそうにしているのかな」と、思うときがありませんか?

人生を楽しんでいる人は、普段からどのように考え、どのように行動しているのでしょうか。人生を楽しんでいる人の考え方を5つご紹介します。

いいなと思えるものがあったら、ぜひ真似してみてください。人生を楽しんでいる人の考え方を日々の生活に取り入れていくことで、つまらないと思っていた毎日が違って見えてくるかもしれません

3-1.人との出会いは貴重

人生を楽しんでいる人は、人との出会いが貴重だと考えています。

貴重な出会いの一つひとつを大切にしているので、信頼できる、かけがえのない友人を得ることができます。

学校、職場、習い事や、家族関係、近所の人やオンラインのコミュニティなど、一生の間に、私たちは大勢の人と出会います。それこそ、星の数ほどの人と知り合うチャンスがあるわけです。

でもその中で、お互いに顔と名前を覚えて、会話を交わし、定期的に会うような関係になれる人はそれほど多くありません。さらにその中で、分かり合える、信頼できる友人と出会えるチャンスは、ごくわずか。

人との出会いに無頓着な人は、そんな大切な人との出会いに気づかず、通り過ぎてしまいます

人との出会いが貴重だということを知っている人は、信頼できる友人や、一緒に楽しい時を過ごせる友人に恵まれています。だから、人生を楽しむことができるのです

3-2.つき合う相手を選ぶことは大切

人生を楽しんでいる人は、自分がつき合う相手についてよく考え、自分の判断基準に基づいて決断を下すことができます。

なぜなら、つき合う相手を選ぶことが大切だと考えているからです。

人との出会いは大切ですが、だからといって、自分によくない影響を与える人とつき合うのは、無意味なことですし、時間の無駄です。自分にとってマイナスになることを、わざわざする必要はありません

迷惑な誘いはきっぱりと断わり、嫌な人と惰性でつき合うようなことはしないので、人生を楽しんでいる人の人間関係はいつも充実しています

3-3.人の幸せは自分の幸せ

人生を楽しんでいる人は、人の幸せも自分のことのように受け止めて、喜ぶことができます。

誰かの良い報告を聞いたときに、「良かった」と思うことは、自分自身の幸せにつながります。嬉しく思うことが多ければ多いほど、幸せな時間が増えることを、人生を楽しんでいる人はよくわかっています。

とはいえ、誰でも時には、羨ましい気持ちや妬ましい気持ちを抱いてしまうことがあるものです。

そんなとき、人生を楽しんでいる人は多少無理をしてでも「良かった」という気持ちを持つように意識しています。そうすることで、人の幸せを喜ぶことが自然とできるようになります

3-4.正直は最善の策

人生を楽しんでいる人は、正直に生きています。

間違いをごまかそうとしたり、相手によく思われようとして嘘をつけば、その場は取り繕うことができるかもしれません。でも、その先ずっと嘘をつき続けなければならなくなります。相手に嘘がばれてしまうのではないかと心配で、心が休まる暇もなくなってしまうでしょう。

そんな辛い思いをするぐらいなら、最初からミスを認めて謝ってしまうほうがずっと楽だということを、知っているからです。

だから、どんなときでも「正直は最善の策」なのです。

人生を楽しんでいる人は、無駄に嘘をつかないのでいつも正々堂々としていられます。後ろめたい気持ちでコソコソする必要がなく、いつも目の前のことを存分に楽しんでいます。

3-5.反省はほどほどに

人生を楽しんでいる人は、過去の失敗をいつまでも引きずりません。

「あんなことをしてしまった。どうしよう…」と、いつまでも悩んでいても、何もそこから生まれるものはありません

人生を楽しんでいる人は、ミスを認めて反省したら、さっさと次のステップに進んでいます。ミスをした原因を考えて、次はもっとうまくやれるようにするために時間を使っています。

このような工夫をしているので、ミスを繰り返すことがなく、いろいろなことに自信を持ってチャレンジできるのです。

4.人生を楽しんでいる人の名言8選

人生の先輩たちが残した名言の中から、人生を楽しむことについての8の言葉をご紹介します。

楽しむことにためらってしまうとき、楽しみ方がわからないとき、気持ちが後ろ向きになってしまうときに、ぜひ思い出してください。きっと、勇気を与えてくれます。

4-1.平岩 弓枝

楽しまなけりゃ馬鹿らしい。しかし、楽しむというのも、なかなか大変だよ

平岩 弓枝(ひらいわ ゆみえ)小説家、脚本家

一度きりの人生、せっかくなら楽しく生きたいですよね。

人間は誰でも、人生を楽しむことができます。だったら、苦しいことばかりに一生懸命になっていないで、楽しむことにも夢中にならなければ、もったいない!

でも、ただ待っているだけでは本当に楽しむことはできません。人生を本当に楽しみたいなら、自ら、楽しもうとすることが大切です。

4-2.アルベルト・アインシュタイン

人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと

アルベルト・アインシュタイン

続く言葉は、「普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ 」

日本人の多くは「普通であること」を良しとする傾向があります。

でも、普通って何でしょう?自分と同じ人生を生きる人は他に誰もいないのだから、すべての人の人生が特別であるはずです。

他の人がどうしているか気にしたリ、一般的であることにこだわるのではなく、自分のありのままの人生を生きることこそが、人生を楽しむことなのかもしれません。

4-3.ヘレン・ケラー

人生は胸おどるものです。そしてもっともワクワクするのは、人のために生きるときです

ヘレン・アダムス・ケラー

私たちは、人生を楽しむたくさんの方法を知っています。

日々の小さな喜びを集めること、人とのつき合いを大切にすること、自分のやりたいことにチャレンジすること、目標を達成すること、感謝の気持ちを大切にして生きること。

でも、何よりもワクワクする、胸おどる喜びを与えてくれるのは、誰かの幸せのために尽くすことです。

自分一人だけでなく、誰かと喜びを分かち合うことは、人生を楽しむ最高の秘訣です。

4-4.松岡修造

予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)

夢や希望を持ち、理想とする人生を追求することは素晴らしいことですが、必ずしも思った通りの結果になるとは限りません。

こうなりたいと願いながらそのために努力してきたとしても、環境や人との出会い、タイミング、その時々の運などさまざまな要因が絡み合い、人生には思いがけないことが起きるものです。

その結果、予想外の人生を歩むことになったとしても、そのとき幸せならそれでいい。そんなふうに思えるのは、素敵なことです。

4-5.吉川英治

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ

吉川 英治(よしかわ えいじ)日本の小説家

これこそまさに、人生を楽しむ秘訣。

人生を楽しんでいる人は、晴れた日は晴れの日の楽しみ方、雨の日は雨の日の楽しみ方を知っています。

誰が見ても楽しそうだと思える状況では存分に楽しみ、楽しそうにみえないようなときでも、その時なりの楽しみ方を見つけられれば、いつどんなときも楽しく、幸せな気持ちでいられます

4-6.ジョージ・バーンズ

楽しんで失敗する方が、退屈しながら成功するよりいい

ジョージ・バーンズ アメリカの俳優、コメディアン

できれば失敗したくないと、誰でも思うでしょう。何かを目指すなら、成功するほうがいいに決まっていますよね。

でも、与えられた道筋、間違いのないルートをたどって最短で成功にたどり着くよりも、紆余曲折しながら時間をかけて結果を得られたときのほうが、ずっと大きな充実感と成長を得ることができるはずです。

結果、それが失敗に終ったとしても、試行錯誤しながらチャレンジしてきた道のりは、わくわくする喜びに満ちていることでしょう。

4-7.ココ・シャネル

人生は一度きり。だから楽しむべきよ

ガブリエル・ボヌール・シャネル

一度きりの人生を、思い切り楽しむべき。

貧しい家庭に生まれて孤児院で育ち、裁縫を学び、キャバレーで歌ったりさまざまな職を転々としながら、やがてブティックをオープン。新しいファッションを生み出し、世界的なファッションブランドを築き上げてきたココ・シャネル。

古いしきたりが残る決して自由とはいえない時代に、与えられた環境の中で、自分がやりたいと思うことを思い切りやってきたからこそ、素晴らしいものを生み出すことができたのですね。

自らの人生を切り開いてきた偉大な女性の言葉は、私たちに勇気を与えてくれます。

4-8.ジョン・レノン

幸せになることに躊躇してはいけない

好きに生きたらいいんだよ。だって、君の人生なんだから

楽しんで無駄にした時間は、無駄じゃない

ジョン・ウィンストン・オノ・レノン

人は皆、幸せになりたいと思っているはず。それなのに、幸せになるための行動をためらってしまうのはなぜでしょう。

他の人はこんなことはしないんじゃないか?人から変だと思われるのではないか?こんな風に考えて、自分がやりたいことを諦めてしまう人は少なくありません。

自分と他の人を比べたり、周りの反応や評価ばかりを気にしている人は、いつまでたっても幸せになることはできません。

自分の人生なんだから、自分のやりたいことをやるべきですよね。

幸せになることに、躊躇してはいけない。という力強い言葉に、励まされます。

5.人生を楽しむヒントが満載のおすすめ書籍3選

人生を楽しむコツや方法をご紹介してきましたが、人生を楽しむ方法をもっと深く知りたい、学びたいという方のために、おすすめの書籍をご紹介します。

幸せについての研究者、多くの人を幸せにしてきたセラピスト、哲学者たちが、人生を楽しむためのヒントを教えてくれます。

5-1.『HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド』

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド

著者:タル・ベン・シャハー
翻訳:坂本貢一(さかもとこういち)
出版社:幸福の科学出版
発売日:2007/12/1

幸せに生きるための手助けをしてくれる、ハーバードの人気No.1授業を書籍化!

この本は、ハーバード大学で行われていた、ポジティブ・サイコロジー(肯定心理学)に関する講義をまとめたものです。

2002年にたった8人の学生で始まったゼミは、瞬く間に大人気となり、「ハーバード大の年間ベスト講義」となりました。それがこの、「幸せに関する研究」です。

“人間は、いつ、どこに住もうとも、常に幸せへの鍵を探しつづけてきました”

いまよりも幸せになるための方法を追求し続けてきたシャハー教授が、これまでの生き方を変えるて幸せになるための、誰もが実践できる具体的な方法を分かりやすく教えてくれます。

<幸せに関する研究>
・幸せに生きるための理論
・学んだことを実践する

5-2.『3秒でハッピーになる名言セラピー THE BEST』

3秒でハッピーになる名言セラピー THE BEST【新装版】

著者:ひすい こたろう
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2019/5/25

言葉の力で、わずか3秒で幸せになれる!4つのセラピーで幸せを体験

著者は、多数の著書持つ心理カウンセラー、セラピスト。

この本では、先人たちが残した数々の名言を通して、ピンチがチャンスに変わる「視点」の持ち方を教えてくれます。

◎しあわせセラピー
◎お仕事セラピー
◎恋愛セラピー
◎ハートフルセラピー

この本は、2005年に出版されベストセラーとなった『3秒でハッピーになる 名言セラピー』のリニューアル版となっています。

5-3.『アランの幸福論 エッセンシャル版』

アランの幸福論 エッセンシャル版

著者:アラン
翻訳:齋藤 慎子(さいとう のりこ)
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2015/11/19

世界中で読み継がれる名著のエッセンスを抽出した入門編

アランの『幸福論』は世界三大幸福論のひとつ。1928年の発売以来、世界中で読まれている名著です。

NHKの番組『100分de名著』でも取り上げられたので、ご存知の方も多いのではないでしょう。

難しい哲学書というイメージがありますが、幸福についての考え方や、幸福になるための具体的なノウハウがたくさん書かれています。

この本の元となったのは、アランがフランスの地方紙に寄稿した「プロポ」という名前の短いコラムです。政治や教育、文学などさまざまな話題が取り上げられた何千編ものプロポの中から、幸福について書かれた93編のプロポをまとめたものが、アランの『幸福論』です。

アランの『幸福論』のオリジナル版からさらに、心に響く名言、エッセンスを抜き出したのが、本書『アランの幸福論 エッセンシャル版』になっています。

『幸福論』を読む前の入門編としてもおすすめの、気軽に読める一冊です。

まとめ

人生を楽しむコツさえ知っていれば、誰でも、楽しく幸せな毎日を過ごすことができます。

この記事でご紹介した、人生を楽しむコツ・方法、人生を楽しむための名言をぜひ参考にしてみてください。

この記事が、あなたが人生を楽しむためのお役に立てれば幸いです。

 

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら