ハローワークの書類選考に落ちる3つの原因と突破するポイント【鍵は自己分析】

ハローワークの書類選考を突破できないと悩んでいませんか?何の準備もせず書き始めてしまうと、採用担当者の心に響く書類は書けないので注意が必要です。

この記事では、ハローワークの書類選考に落ちる原因と突破するポイントを解説します。記事を最後まで読めば、あなたの希望に合った企業へ転職できるようになるでしょう。

履歴書や職務経歴書は自己分析をしっかりしたうえで書きましょう。応募企業が求める人物像にマッチしたアピールをすることが重要です。

うまく応募書類を書けず書類選考に通らないときは、ハローワークではなく転職エージェントを活用してください。プロの目線で応募書類を添削してくれるので、企業側があなたを採用するメリットを伝えられます。

リクルートエージェントマイナビエージェントdoda
公開求人数約13万件約29,000件約12万件(非公開含む)
非公開求人あり(約19万件)あり(約8万件)あり
拠点全国16拠点全国10拠点全国12拠点
リンク公式サイト公式サイト公式サイト

※公開求人数は2021年9月時点

ハローワークの書類選考に落ちる3つの原因

ハローワークの書類選考に落ちる原因を3つ紹介します。

  • 企業が求める人材ではない
  • 志望動機や自己PRが弱い
  • 応募書類に不備がある

書類選考に落ちる原因がわからないまま応募し続けても、選考を突破することは難しいものです。企業が求める人材であることをアピールできているか、志望動機や自己PRは丁寧に書けているかもう一度確認してみてください。

企業が求める人材ではない

企業が求める人材でない場合、書類選考に落ちる確率が高くなります。企業側は自社の経営理念や社風に合った人材を求めるもの。「自分たちの考え方に合わない」という印象を抱けば、書類選考で落とされるのです。

応募書類から推測されるあなたの人柄が、社風だけでなく仕事内容に合わない場合も落とされる確率が高まります。例えば金融事務に応募しているのに、金融系の知識や実績がないケースなどが当てはまるでしょう。

企業研究を通して、企業はどのような人材を求めているのか把握することが重要です。

志望動機や自己PRが弱い

志望動機や自己PRが弱いと書類選考に落ちることが考えられます。企業側はあなたを採用するメリットを見出せないからです。

ハローワーク経由で応募する求職者が多いと、企業側はすべての求職者と面接することはできません。志望動機や自己PRが弱いと採用担当者の目に留まらず、書類選考で落とされてしまいます。

ほかの求職者と差別化するためにも、採用担当者の心に刺さるような志望動機や自己PRを書くことが求められます。

応募書類に不備がある

応募書類に不備があると書類選考で落とされるでしょう。具体的には次のような不備が考えられます。

  • 履歴書に空欄がある
  • 誤字脱字が多い
  • 職歴欄で社名を省略して書いている

履歴書や職務経歴書はあなたの経歴やスキルなどをアピールする大切な書類です。上記のような不備があれば、ビジネスマナーに欠けていると判断されます

初歩的なことで落とされないよう、応募書類に不備がないかしっかり確認しましょう。

ハローワークの書類選考が遅い理由

ハローワークの書類選考が遅い理由を3つ解説します。

  • 応募数が多い
  • 企業側が繫忙期を迎えている
  • 企業内で手続きが進んでいない

なかなか選考結果が通知されないと「落ちたのでは?」と不安になります。企業で書類選考が遅い理由を理解しておけば、不安な気持ちも和らぐはずです。

応募数が多い

企業への応募数が多いと書類選考が遅くなります。企業側が対応に追われていると、なかなか選考結果の通知がきません。

求人票などに「採否決定7日後」という文言が書かれている場合でも、期限通りに通知がこないこともあります。書類選考に落ちた場合と応募数が多く遅れが生じている場合の両方を想定しておくと良いでしょう。

複数の企業へ同時に応募書類を提出し、何もしない期間がないようにしておくことが転職活動を長引かせないポイントです。

企業側が繁忙期を迎えている

企業側が繫忙期を迎えていると書類選考が遅くなる傾向にあります。書類選考のために時間を割く余裕がないからです。

繫忙期を迎えていようと採用意欲が高ければ書類選考を進めるはず。しかしハローワークは企業が無料で求人を掲載できることもあり、それほど採用意欲が高くない企業が混ざっていることもあるのです。

採用意欲が高い企業かどうかを見極めることは困難でしょう。結果が通知されるまでじっくり待つか、時間を有効活用するためほかの企業へ応募する準備を整えておきましょう。

企業内で手続きが進んでいない

企業内で手続きが進んでいない場合、書類選考に遅れが生じます。応募数が多かったり採用意欲が高くなかったりすると、企業内での手続きが遅れるでしょう。

7日以内に選考結果を通知されるケースが多いようですが、承認手続きが進んでいないと時間がかかります。7日以内に連絡がこないことを前提にすれば、不安な気持ちにならないはずです。

ハローワークの書類選考を突破するポイント

ハローワークの書類選考を突破するポイントを2つ紹介します。

  • 自己分析を丁寧に行う
  • 過去の実績やスキルを整理する

自分を採用することで企業側にどのようなメリットがあるかアピールしましょう。自己分析を通して実績やスキル、長所などを整理し、あなたの魅力を伝えてください。

自己分析を丁寧に行う

書類選考を突破するため自己分析をしっかり行いましょう。自己分析が浅いと自分自身の強みを正しく把握することができません。

採用担当者には、応募書類を通して「この人材に会ってみたい」と思われる必要があります。自分の強みを伝えられなければ、企業側はあなたと面接するメリットが見えてこないでしょう。

自己分析を丁寧に行うことが書類選考を突破する第一歩です。

過去の実績やスキルを整理する

過去の実績やスキルを整理しましょう。実績やスキルを活かせそうな企業に応募することが書類選考を突破するポイントです。

「どこでもいいから転職したい」という気持ちで応募書類を提出すると、採用担当者に見透かされてしまいます。採用担当者はこれまで数多くの応募書類を見てきました。書類の内容を見れば、求職者が自社にマッチする人材かどうかある程度判断できます。

実績やスキルを把握しおけば、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。せっかく転職が決まっても「こんなはずじゃなかった」と感じれば、転職活動にかけた時間と労力が無駄になるでしょう。

事前準備として過去の実績やスキルを整理し、書類選考を突破しましょう。

ハローワークでの転職の流れ・応募書類の送り方

ハローワークでの転職の流れや応募書類の送り方を解説します。下記の流れを理解しておき、スムーズに転職活動を進めましょう。

  • 求職申し込み手続き
  • ハローワークカード受け取り
  • 求人検索・求人応募依頼・応募
  • 紹介状受け取り
  • 応募書類作成
  • 面接
  • 内定・入社

求職申し込み手続き

まずは求職者申し込み手続きを行います。受付でハローワークの利用が初めてであることを伝えてください。

ハローワークに設置されているパソコンで求職情報を入力しましょう。具体的には次のような項目です。

  • 氏名、性別、生年月日
  • 希望職種
  • 希望勤務時間
  • 希望賃金
  • 希望勤務エリア
  • 経歴

ハローワークカード受け取り

求職情報を入力し登録手続きが完了すると、ハローワークカードを交付してもらいます。ハローワークカードとは求職情報が登録されている専用のカードです。

ハローワーク利用時には必ず使うので、忘れずに持ってきましょう。

求人検索・求人応募依頼・応募

ハローワークに設置されているパソコンで求人を検索しましょう。あなたが希望する条件を入力して探してください。

ハローワークに掲載されている求人は地元企業の求人が多い傾向にあります。希望条件に合う企業がないかしっかり探しましょう。

応募したい企業が決まったら相談員に伝えてください。相談員が当該企業へ連絡してくれます。

企業側が応募OKと判断すれば、相談員から紹介状をもらえます。

相談員が連絡した段階で面接日程が決まるケースもあります。すぐ応募書類作成に取り掛かり、面接の準備をしましょう。

紹介状受け取り

紹介状とはハローワークから求職者へ発行される書類です。求職者の名前や面接予定日、応募企業の所在地などが記載されています。

紹介状があっても書類選考を突破する確率は高まりません。あくまで「ハローワーク経由で応募したこと」を記録として残しておくための書類です。

ただし、企業側が提示する条件と一致せず紹介状がもらえないケースがあるようです。例として「男性/女性だけ募集」といった条件が考えられます。

どうしても紹介状をもらえない求人に応募したければ、何とかならないかと頼み込むのも良いでしょう。ただし1つの求人にこだわらず、複数の求人に応募することが転職を成功させるポイントです。

応募書類作成

履歴書や職務経歴書を作成します。自己分析を丁寧に行い、実績やスキルを整理したうえで作成しましょう。

履歴書や職務経歴書の用紙はA4サイズ(A判、A3判)を選びましょう。A3サイズの用紙を二つ折りにするとA4サイズになる用紙です。

応募書類を作成するときは下記3つを意識してください。

  • 空白を作らないこと
  • 丁寧に書くこと
  • 社名などを省略しないこと

空白が多いと「意欲が低いのでは?」と採用担当者に不信感を与えてしまいます。記入欄はできるだけ埋め尽くしましょう。

ただし適当に書いて文字数を稼ぐのはNG。手書き・パソコンどちらで作成する場合も、採用担当者の読みやすさを意識して丁寧に書いてください

具体的には次のようなことを意識して履歴書や職務経歴書を書きます。

手書き・丁寧な文字で書く
・鉛筆で下書きする
パソコン・フォントサイズを統一する
・赤字など装飾はしない

注意したいのは職歴欄での社名や資格の名称などを省略しないこと。ビジネスマナーがなっていない人と思われないよう必ず正式名称で書きましょう。

応募書類を郵送する場合

応募書類を郵送する場合には送付状を添付しましょう。送付状は必須ではありませんが、添付した方が社会人としてのマナーや常識を理解しているとイメージしてもらえます。

送付状には次の項目を必ず書いてください。

  • 提出日
  • あて先
  • 自分の氏名・住所

送付状の本文には次の項目を書きましょう。

  • 頭語、時候の挨拶:①
  • 簡単な自己PR:②
  • 結語:③
  • 同封した書類:④

送付状の例

応募書類の送付につきまして

拝啓  貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。(①)
このたび、貴社の○○職の採用情報を拝見し、下記の通り応募書類をお送りします。

私は○年間○○職に従事しておりました。前職での○○の経験を活かし、貴社の更なる発展に貢献したいと考えております。(②)

お忙しい中お手数をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

敬具(③)

記(④)

履歴書:○枚
職務経歴書:○枚

郵送する際は下記順番で封筒に入れましょう。

  1. 送付状
  2. 紹介状
  3. 履歴書
  4. 職務経歴書

紹介状は折らずに入れてください。封筒には「履歴書在中」と朱書きします。

封筒のサイズは応募書類のサイズに合わせてA4サイズを選びましょう。

面接

応募書類を作成したらいよいよ面接です。郵送で応募書類を送付しなかった場合は、面接時忘れずに持って行きましょう

面接ではテンプレートの回答ではなく、自分の言葉で伝えることが高評価をもらうポイントです。

服装は男女ともスーツを着用してください。服装が指定されていない場合でもスーツを着用しましょう。

内定・入社

面接結果の通知は企業から直接連絡がきます。ハローワーク経由ではないことに注意してください。

複数の企業から内定をもらった場合など、内定を辞退する場合はできるだけ早く回答しましょう。

内定を承諾することを決めたら入社日を確認します。入社当日に必要な書類なども一緒に確認しましょう。

ハローワークの書類選考に落ちるときは転職エージェントを活用しよう

ハローワークの書類選考に落ちるときは転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントはあなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。具体的には次のようなサポートです。

  • 転職に関する相談
  • あなたに合った求人の提案
  • 応募書類添削
  • 面接対策
  • 面接日程調整
  • 年収・入社日交渉

ハローワークを利用する場合、基本的に1人で転職活動を進めることになります。相談員がいるものの手厚いサポートは期待できません

書類選考が遅いせいでうまく転職活動が進まないこともあります。一方で転職エージェントを活用すると、書類選考が遅くて転職に時間がかかる心配はしなくて良いのです。

理想の職場を見つけるためにおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

リクルートエージェントマイナビエージェントdoda
公開求人数約13万件約29,000件約12万件(非公開含む)
非公開求人あり(約19万件)あり(約8万件)あり
拠点全国16拠点全国10拠点全国12拠点
リンク公式サイト公式サイト公式サイト

※公開求人数は2021年9月時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人数約13万件(2021年9月時点)
非公開求人あり(約19万件)
拠点全国16拠点
強み・業界最大級の求人数
・転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍
・あらゆる業種や職種への求職者をサポート
・全国16拠点で地方在住者安心して利用可能
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは大手人材紹介サービスのリクルートが運営している転職エージェントです。ITや金融、営業、販売などあらゆる業界・職種の求人が揃っています。

公開求人数および非公開求人数ともに業界最大級を誇るのがリクルートエージェントの強みです。転職先の選択肢が広がるため、あなたに合った企業が見つかりやすくなります。

リクルートエージェントには転職支援実績が豊富なキャリアアドバイザーが在籍。あなたの強みを引き出し、応募企業が求める人材にマッチしたアピールができるようになるはずです。

本気で転職を成功させたいならリクルートエージェントを活用しましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公開求人数約29,000万件(2021年9月時点)
非公開求人あり(約8万件)
拠点全国10拠点
強み・20代から絶大な人気を誇る
・第二新卒の転職成功事例が豊富
・IT系の求人に強い
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは若手から絶大な人気を集めるマイナビが運営している転職エージェントです。若手に人気ということもあり20代向けの求人を多く保有しています。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは若手の転職サポートに優れています。転職に不慣れな人や転職が不安な人に対して親身になって相談に乗ってくれるのが特徴です。

第二新卒や20代で転職に慣れていない人はマイナビエージェントを活用しましょう。

doda

公開求人数約12万件(2021年9月時点・・非公開求人を含む)
非公開求人あり
拠点全国12拠点
強み・あらゆる業界や職種の求人数が豊富
・レジュメビルダーで職務経歴書を簡単に作成可能
・自己PR診断やキャリアタイプ診断など独自機能多数
公式サイトhttps://doda.jp/

dodaは人材紹介サービスのパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。首都圏の求人数を多く保有しています。

dodaには職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメビルダー」という機能があります。作成した職務経歴書をキャリアアドバイザーから添削してもらえば、完成度の高い応募書類に仕上がるでしょう。

ほかにも「年収査定」など独自機能が満載。初めての転職や転職に不慣れな人でも転職後のミスマッチが起こりにくいといえます。

ハローワークの書類選考に関するQ&A

ハローワークの書類選考に関するよくある質問と回答をまとめました。あらかじめ疑問点は解消しておきましょう。

リンクをタップすると、読みたい場所にスキップできます。

書類選考の通過率はどのくらい?

ハローワークの書類選考通過率は30%~50%程度といわれています。企業側はハローワークに求人を掲載する費用が無料ということもあり、一度会ってみようと考えるケースが多いのです。

書類選考を飛ばしていきなり面接する企業もあります。ただし履歴書や職務経歴書は必要なので、丁寧に記入したうえで面接時に持参してください。

ハローワーク経由で応募した場合の採用率は?

厚生労働省が公表したデータによると、令和元年度における採用率は約29.1%です。平成28年度から令和元年度までの採用率の変化を下の表で確認しましょう。

28年度29年度30年度元年度
新規求職者数518.9万人495.2万人473.6万人462.1万人
就職件数162.7万人155.8万人146.5万人134.7万人
採用率約31.3%約31.5%約30.9%約29.1%

出典:公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績

ハローワークでの採用率が減少傾向にあるのは、企業側がハローワーク経由での採用を積極的に行っていないことが考えられます。本気で転職を成功させたいなら、リクルートエージェントマイナビエージェントなど転職エージェント活用することがおすすめです。

書類選考で7日以内に選考結果の通知がこないときは落ちたということ?

7日以内に選考結果の通知がこないからとはいえ書類選考に落ちたとはいえません。応募数が多かったり企業内で手続きが進んでいなかったりと、書類選考が遅れている可能性があるからです。

「7日以内」というのは「7営業日以内」なので、企業が休日に定めている日は「7日」に含まれません。応募から10日以上経っても連絡がこない場合は、ハローワークに確認してみてください。

選考結果の通知方法が「郵送」の場合は、企業からあなたがお住いの住所に通知が届きます。

採否決定7日後とは具体的にどういう意味?

「採否決定7日後」とは、応募書類が企業に届いてから7日後に採用結果を通知するということです。ただし「7日後」はあくまで目安の日数であることを覚えておきましょう。

2,3日程度で連絡がくるケースや7日過ぎても連絡がこないケースが考えられます。選考結果が通知されるのを待つ期間は、ほかの求人を探すなど有効に活用しましょう。

書類選考に落ちた場合はどうすれば良い?

書類選考に落ちた場合は書類に記載した内容を見直しましょう。あなたが応募企業にマッチした人材だとアピールできていない可能性があります。

なぜ書類選考に落ちたのか考えてみてください。志望動機が弱いのか、書類に不備はないか確認しましょう。

応募書類がうまく書けない場合は転職エージェントに相談するのも1つの手段です。転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職のプロ。これまで数多くの応募書類を添削してきたため、書類選考に落ちないコツを熟知しています。

転職エージェントは無料で利用可能です。ハローワーク経由より良い求人に出会えることもあるので、リクルートエージェントマイナビエージェントを活用して転職を成功させましょう。

応募書類を提出したけど面接日時の連絡がこない…

企業から面接日時の連絡がこないときはハローワークに相談しましょう。企業側が面接のことを忘れているケースが考えられます。

面接日時の連絡がこないときは、ほかの企業への応募を検討しましょう。ハローワークでは複数の企業へまとめて応募できるので、1つの企業にこだわる必要はありません。

「縁がなかった」と割り切ることも転職活動を長引かせないポイントです。

自己分析を丁寧に行い書類選考を突破しよう

ハローワーク経由で応募した場合、書類選考に落ちるケースがあります。主な理由は下記3つです。

  • 企業が求める人材ではない
  • 志望動機や自己PRが弱い
  • 応募書類に不備がある

自己分析や企業研究といった事前準備が足りないと書類選考に落ちる確率が高くなります

ハローワーク経由で書類選考に通らないときは転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーなら、プロの視点で応募書類を添削してくれます。

企業側があなたを採用するメリットをうまく伝えられるので、転職が成功する確率が高まるでしょう。本気で転職を成功させたいなら転職エージェントの利用も検討してみてください。

リクルートエージェントマイナビエージェントdoda
公開求人数約13万件約29,000件約12万件(非公開含む)
非公開求人あり(約19万件)あり(約8万件)あり
拠点全国16拠点全国10拠点全国12拠点
リンク公式サイト公式サイト公式サイト

※公開求人数は2021年9月時点

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら