中卒の現実は厳しい?中卒でも働ける仕事8選と身に付けておくべきスキル

中卒が仕事を見つけるのは難しいと感じていませんか?実際に中卒向けの求人は少なく、正社員として働いている中卒者は少ないのが現実です。

しかし、学歴不問で募集をかけている企業や職種は多くあります。

この記事では、中卒でも働ける仕事と身に付けておくべきスキルを紹介します。記事を最後まで読めば、あなたが活躍できる職場を見つけられるようになります。

仕事を見つけるうえでコミュニケーションスキルやパソコンスキルは必須です。どの職種でも必ず求められるため、日常的にスキルレベルを磨いておきましょう。

中卒が仕事を見つけるのは難しい?

中卒が仕事を見つけるのは難しいのでしょうか。一般的に中卒向けの仕事が少ないと言われる理由は下記3つです。

  • 中卒向けの職種は限られる
  • 中卒の求人数が少ない
  • 正社員として働いている中卒は少ない

中卒向けの職種は限られる

中卒向けの求人はあまり多くありません。職種や企業が限定されるため、中卒が仕事を見つけるのは難しいと言われます。

営業職や販売員など中卒でも募集している仕事はあります。しかし募集している企業が少ないため、応募が殺到すれば採用される確率は低くなってしまうのです。

ほかに専門性が高い仕事や資格が必要な仕事も、中卒向けの求人は非常に少ないでしょう。

中卒の求人数が少ない

中卒向けの求人数は高卒向けの求人数に比べて非常に少ないのが現状です。厚生労働省が公表したデータによると、令和3年3月末時点における中卒者および高卒者の求人数は次表の通りでした。

高校新卒者中学新卒者
求人数約38万6千人1,150人
求職者数約14万6千人405人
求人倍率2.64倍2.84倍

引用元:令和2年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」

求人数が少ないと就職先を選べません。働きたい職種や企業が合っても求人がないケースもあるので、中卒が仕事を見つけるのは難しいのです。

正社員として働いている中卒は少ない

正社員として雇用されている中卒は多くありません。厚生労働省が調査した結果によると、15歳から34歳で正社員に就いている人の最終学歴と割合は次のような結果でした。

  • 中学卒:35.4%
  • 高校卒:56.3%
  • 専修学校修了:66.6%
  • 高専・短大卒:66.2%
  • 大学卒:80.9%

引用元:平成30年若年者雇用実態調査の概況|個人調査(現在の就業状況)

学歴が高くなるにつれ正社員の割合も高まる傾向にあります。正社員として雇用される割合が少ないことから、中卒の現状は厳しいと言われるのです。

中卒でも働ける仕事8選

中卒でもできる仕事、働ける仕事を8つ紹介します。

  • 工場作業員
  • 建設業
  • 運転手
  • 販売員
  • 営業職
  • 飲食業
  • 介護職
  • 公務員

職種が限られるとはいえ、「学歴不問」で募集している会社はあります。上記業界や職種を狙い目とし、求人を探してみてください。

工場作業員

工場作業員は自動車部品や食品メーカーなどさまざまな業界で求めらる仕事です。学歴はほとんど関係なく、マニュアルに従った丁寧な作業が求められます

工場での作業工程は業界や職種ごとにまったく異なるもの。学歴に関係なく工場で働く人がゼロから業務を覚えることになります。

工場ごとマニュアルやルールを忠実に守りましょう。丁寧な作業を評価されればキャリアップにつながるかもしれません。

作業に慣れてきたら業務スピードを上げる工夫をするなど個性を出すことで、優秀な人材と見なされる場合もあるでしょう。

建設業

建設業では建設現場で建物の建設や解体、改修、塗装などを行う仕事です。肉体労働がメインなので学歴は関係ありません

建設現場は危険が伴います。単独行動すれば自分が怪我をするだけでなく、同僚も危険な目に遭わせてしまう可能性があるでしょう。

安全第一で仕事を進めるためにも、常に仲間とコミュニケーションを取り続けることがポイントです。

運転手

トラックやタクシーのドライバーとして働きます。学歴はほとんど関係ありませんが、一般的な自動車を運転できる「普通自動車第一種免許」以外にも運転免許が必要です。

具体的には下記の通り。

  • タクシー:普通自動車第二種免許
  • 大型トラック:大型自動車第一種免許
  • 中型トラック:中型自動車第一種免許

トラックの「大型」や「中型」は、車両総重量や最大積載量によって分類されています。トラック運転手を目指す場合は、全日本トラック協会公式サイトを参考に車種区分などを確認しましょう。

販売員

販売員はアパレルやスポーツ用品店、花屋など多様な店舗で活躍できます。学歴よりもコミュニケーションスキルや商品の知識が求められる仕事です。

例えばアパレル業界なら、お客様から流行りのファッションを聞かれることがあるでしょう。トレンドを踏まえてお客様にぴったりなファッションを提案できれば、優秀な販売員として重宝されるはずです。

販売員になるため特別な資格は必要ありません。しかし状況に応じてお客様に最適な提案をする場面が出てきます。商品やサービスを深く学んだりトレンドをチェックしたりしておくといいでしょう。

営業職

営業職は金融や不動産など、あらゆる業界で必要とされる仕事です。学歴よりも提案力やヒアリング力が求められます

単に自社商品やサービスを提案するだけで、相手は納得してくれません。他者との違いや商品・サービスを使うメリットなどをわかりやすく伝える必要があります。

営業にはノルマが課される場合が多いもの。肉体的・精神的に辛い思いをすることもあるでしょう。

しかし提案を受け入れてもらえたときは大きなやりがいを感じられます。実力を評価されやすい仕事なので、達成感を得やすいことも営業職の魅力です。

飲食業

飲食業も学歴は関係ありません。お客様と接する仕事なのでコミュニケーションスキルが重視されます。

例えば居酒屋のホールスタッフとして働く場合、スピーディーかつ丁寧に仕事をすることが重要です。お客様から注文を受けたときは、オーダーミスがないよう注文内容を復唱したうえで厨房へ正確に伝えます。

お客様に楽しく飲食してもらうよう努めるのがホールスタッフの役割です。椅子や机を整理整頓したり空いたグラスをすぐに下げたりと、細かな気配りが求められます

介護職

介護職は特別な資格が必要ありません。直接高齢者を補助する介護職員をサポートする「介護助手」として活躍します。

具体的な業務内容は次の通りです。

  • 高齢者と日常会話を楽しむ
  • 食事の配膳を行う
  • 館内の掃除をする

介護職は人手不足が懸念されています。高齢者に寄り添う心を持って仕事することが重要です。

介護職員初任者研修

実際に高齢者の身体に触れてサポートするには「介護職員初任者研修」を取得する必要があります。介護助手より仕事の幅が増えるだけでなく、給料アップも期待できるでしょう。

公務員

公務員は安定している職種として人気が高い仕事です。公務員になるためには公務員試験を受験する必要があります。

受験資格として年齢制限がありますが学歴不問のケースが多いため、中卒でも公務員を目指せます。公務員試験で求められる学力は次の通りです。

  • 高校卒業程度
  • 短大卒業程度
  • 大学卒業程度

最終学歴が「中学校卒業」でも、高校卒業程度以上の学力があれば公務員試験にチャレンジできるということ。必死に勉強すれば公務員になるチャンスがあります。

ただし公務員の中途採用は常に募集しているわけではありません。人員不足など必要性があるときのみ募集されるため、公務員を目指す人は常に情報を集めておきましょう。

【男女別】中卒におすすめの仕事

中卒におすすめの仕事を男女別に紹介します。あなたが当てはまるほうを確認しておきましょう。

  • 中卒男性におすすめの仕事
  • 中卒女性におすすめの仕事

中卒男性におすすめの仕事

中卒の男性におすすめなのは、工場作業員や運転手など体力を必要とする仕事です。学歴より現場での活躍が期待される仕事のため、中卒向けの求人も比較的多いでしょう。

人手不足が懸念される介護職も体力が必要です。介護職に就くため特別な資格は必要なく、未経験でも問題ありません。

コミュニケーションスキルに自信があるなら営業職や販売員もおすすめです。パソコン作業が得意なら公務員に向いていると言えます。

あなたが持っているスキルを考慮したうえで、仕事を探してみてください。

中卒女性におすすめの仕事

中卒の女性におすすめなのは営業職や販売員、接客業などのサービス業です。物腰柔らかな印象の女性を求める企業も多く存在します。

例えばアパレルの販売員は、特別な資格がなくても挑戦できます。トレンドを踏まえてお客様に似合うコーディネートを提案するなど、信頼される販売員であることを求められるからです。

事務作業が得意なら公務員もいいでしょう。公務員試験合格のために勉強する必要はありますが、安定した職を手に入れられる点はメリットと言えます。

中卒15歳でも働ける仕事

中学校を卒業したばかりの15歳でも働ける仕事を紹介します。下記3つからあなたが挑戦できそうな仕事を探してみてください。

  • 住み込みの仕事
  • 建具職人
  • 飲食店などのアルバイト

住み込みの新聞配達員

住み込みの仕事なら中学校を卒業したばかりの15歳でも働くことができます。住み込みの仕事とは、職場が管理する寮などに住みながら働くことです。

中卒15歳が住み込みで働くメリットは次の通り。

  • 学歴が大きな問題にならない
  • 住む場所がある
  • 貯金できる

仕事内容は介護関係や観光関係などさまざまです。観光関係では旅館に住み込みで働くケースがあります。

住み込みで新聞配達員として働く「新聞奨学生」という制度も知っておきましょう。新聞奨学生とは、新聞配達員としての給与をもらいつつ奨学金を受け取れる制度です。早朝に新聞配達を行い、日中は高校に通えます。

新聞奨学生の場合、就職活動を行う際に新聞社から就職推薦状を発行してもらえる点がメリットです。

新聞奨学生の場合、就職活動時には新聞社から「就職推薦状」が発行される。

引用元:新聞奨学生ガイド

新聞配達と学校生活を両立させるのは体力的に厳しいものがあります。しかし将来の事を考慮し、選択肢の1つとして考えておくといいでしょう。

建具職人

建具職人は中学校を卒業したばかりの15歳でも目指せます。建具職人とはドアや障子など建具を納品する職人のことです。

大工さんが作った家にぴったり合うような建具を取り付けるのが建具職人の役割。建具の製作や取り付けなど、ものづくりに興味がある人ならぴったりです。

建具職人では、ある程度の技術レベルを必要とされます。学ぶ意思が強い人や辛抱強く技術を習得できる人は要チェックの仕事です。

飲食店などのアルバイト

飲食店などのアルバイトでも15歳から働き始められます。ただし15歳の人がアルバイトするには、労働基準法で制限がかけられていることを覚えておきましょう。

第五十六条 使用者は、児童が満十五歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了するまで、これを使用してはならない。

引用元:労働基準法|e-Gov法令検索

上記を要約すると、15歳になった後最初に迎える4月1日からアルバイトできるということです。3月の卒業式が終わった次の日はまだ働き始められないので注意しましょう。

法律に違反すると罰せられるのはアルバイト店側です。しかしアルバイトする側も問題視される可能性があるため、年齢要件はしっかり覚えておきましょう。

年齢のほかアルバイトの時間帯についても労働基準法で定められています。具体的には18歳未満の人は午後10時から翌午前5時まで働いてはいけないという決まりです。

第六十一条 使用者は、満十八才に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満十六才以上の男性については、この限りでない。

引用元:労働基準法|e-Gov法令検索

年齢と同じように時間にも法律で決められたルールがあることを知っておきましょう。

中卒が身に付けておくべきスキル

中卒が仕事を見つけるため身に付けておくべきスキルを紹介します。下記2つのスキルがあると、スムーズに仕事を見つけられるはずです。

  • コミュニケーションスキル
  • パソコンスキル

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはどの業界や職種でも必ず求められます。上司や同僚とコミュニケーションを取れなければ意思疎通を図れず、仕事をスムーズに進められません

販売員や飲食業などお客様と接する仕事でも同じです。一方的なセールスや態度ではお客様を不快にさせてしまうでしょう。

円滑にコミュニケーションを取るため、まずは相手の話をしっかり聞きましょう。相手の要求や悩み、不満などを汲み取ることがポイントです。

コミュニケーションスキルはすぐ身に付きません。できるだけ多くの人と関わり相手の話を理解する力や提案する力を強化し、コミュニケーションスキルのレベルを上げましょう。

パソコンスキル

パソコンスキルは事務作業で必要なスキルです。ほとんどの業界ではデータ入力などの作業はパソコンを用いて行われます。

ふだんからパソコンを使い慣れている人は特に問題ありません。しかし基本的なパソコン操作に不安があるなら、WordやExcelを使えるようにしておくと仕事の幅が広がるはずです。

マイクロソフトオフィススペシャリストを取得しよう

余裕がある人は、WordやExcelのスキルレベルを証明する資格の「マイクロソフトオフィススペシャリスト」を取得しましょう。客観的にスキルレベルを評価されるため、転職で有利になります。

中卒が仕事を探す方法

中卒が仕事を探す方法を紹介します。下記3つの方法を試してみてください。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

ハローワーク

ハローワークで仕事を探しましょう。地元企業を中心に、中卒者向けの求人を多く取り扱っています。

ハローワークを利用するメリットとデメリットは次の通りです。

メリットデメリット
・無料で利用できる
・職員にさまざまな相談ができる
・地元企業の求人が多い
・職業訓練で新たなスキルを身に付けられる
・職員が威圧的、冷たいことがある
・ブラックな求人が紛れている可能性がある

職業訓練とは新たなスキルや知識を身に付けるための公的な制度です。雇用保険を受給できるかどうかで2種類の職業訓練があります。

種類公共職業訓練求職者支援訓練
対象雇用保険受給者雇用保険を受給できない人フリーランスなど
費用無料無料
期間3ヶ月から2年2ヶ月から6ヶ月
実施機関国、都道府県、民間教育訓練機関など民間教育訓練機関など
内容ものづくり分野の高度な訓練
・事務系、介護系などモデルカリキュラムによる訓練
・基礎能力習得のための訓練
・基礎能力から実践的能力まで習得するための訓練

参考:ハロートレーニング(公共職業訓練・求職者支援訓練)の全体像

職業訓練を利用したことで就職を成功させた人が多くいます。中卒でスキルに自信がない方は、積極的に活用しましょう。

転職サイト

転職サイトを数多くの求人からあなたに合った業界や業種を探せます。過去の経験やこれまで身に付けたスキルを活かせる仕事に出会えるでしょう。

転職サイトを使うメリットとデメリットは次の通りです。

メリットデメリット
・無料で利用できる
・豊富な求人から転職先を探せる
・自分のペースで転職活動を進められる
・悩みがあっても相談できない
・膨大な求人をチェックするのが大変

転職サイトを使えば、勤務エリアや年収など希望条件を設定して求人を検索できます。自分のペースで転職活動を進められる点がメリットです。

一方で転職に関して悩みがあっても、ハローワークのように相談する相手がいません。膨大な求人から自分に合った求人を見つけるのも苦労するでしょう。

転職サイトは、ある程度転職活動に慣れている人におすすめと言えます。

転職エージェント

転職エージェントは転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を徹底的にサポート。具体的には次のようなサポートを受けられます。

  • 転職相談
  • 求人提案
  • 履歴書・職務経歴書添削
  • 面接対策
  • 面接日程調整代行

初めての転職や転職に慣れていない場合でも、丁寧にサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントを活用するメリットとデメリットは次の通りです。

メリットデメリット
・無料で利用できる
・転職活動をサポートしてくれる
・求人を紹介してもらえない場合がある

転職サイトと異なり、転職エージェントでは不安や悩みをキャリアアドバイザーに相談できます。転職のプロが親身になって対応してくれるでしょう。

しかし転職エージェントでは、必ず求人を紹介してもらえるとは限りません。経歴やスキルが不足していれば、転職サポートを受けられない場合があります

デメリットはあるものの、転職エージェントを使って損することはないでしょう。登録・利用は無料なので、迷っているなら使ってみてください。

中卒が仕事を見つけるためにおすすめの転職エージェント

中卒が仕事を見つけるために活用したい転職エージェントを2つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

転職エージェントは運営会社によって特徴が大きく異なります。複数の転職エージェントを使うことが、あなたに合った仕事を見つけるために大切なポイントです。

数多くある転職エージェントの中でも、上記2社は必ず利用したいところ。詳しい理由は続けて解説します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人数約13万件
非公開求人約18万件
拠点全国16拠点
強み・業界トップクラスの求人数
・専門性が高いキャリアアドバイザーが多数在籍
・あらゆる業界や職種の求人あり
・全国に16拠点あるため地方でも転職可能
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

※求人数は2021年10月時点

リクルートエージェントは人材紹介サービスで大手のリクルートが運営しています。公開求人数と非公開求人数合わせて30万件以上の求人を保有しているのが特徴です。

求人数が多いとあなたに合った企業が見つかりやすくなります。転職先の選択肢が広がるため、スキルや経験を活かせる仕事に出会えるのです。

キャリアアドバイザーは専門性が高いと評判が良いのもリクルートエージェントを使うメリット。数々の転職支援実績に裏付けられた転職ノウハウを確立しているのです。

リクルートエージェントには学歴不問の求人も多くあります。うまくキャリアアドバイザーと連携し、あなたが輝ける仕事を見つけましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公開求人数約3万件
非公開求人約3万件
拠点全国10拠点
強み・若年層の転職サポートに定評がある
・20代、30代向けの求人数が多い
・キャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれる
・初めての転職、転職に不慣れでも安心
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

※求人数は2021年10月時点

マイナビエージェントは転職でおなじみのマイナビが運営しています。求人数はリクルートエージェントほど多くありませんが、20代や30代向けの求人が豊富です。

若手の転職に優れているのがマイナビエージェントの魅力。実績やスキル、過去の経験に不安がある場合でも親切に対応してくれます。

転職活動に慣れていない方や初めて転職する方はマイナビエージェントがおすすめです。キャリアアドバイザーと二人三脚で理想の職場を見つけましょう。

知恵袋で見られた中卒の仕事に関するQ&A

知恵袋などネットで見られた中卒の仕事に関して、よくある質問と回答をまとめました。下記の中から気になる内容があればチェックしておきましょう。

大阪で中卒でもできる仕事は見つかる?

中卒でもできる仕事は大阪で見つけられます。マイナビエージェントで勤務エリアを「大阪府」とし「学歴不問」の条件を付けて検索すると、次の求人が見つかりました。

上記は2021年10月23日時点での情報です。上記求人に限らず、応募が殺到したり採用者が決まったりすれば募集は終了することを覚えておきましょう。

良い求人を逃さないためにも、気になる求人があればできるだけ早く応募することがポイントです。

転職エージェントを活用すれば、非公開求人を紹介してもらえるケースがあります。非公開求人とは募集人数が限られているなど一般には知られていない求人のことです。

高待遇な求人が見つかることもあるため、本気で転職を成功させたい人はマイナビエージェントなどの転職エージェントを活用しましょう。

中卒でも高年収の仕事はある?

学歴不問で年収350万円から600万円の求人が見つかりました。職種はエンジニアです。

※求人情報は2021年10月23日時点

エンジニアなら中卒でも高年収が期待できるでしょう。ただしプログラミングなど専門的なスキルが必要です。エンジニアとしての職歴を求められるケースもあります。

エンジニアが難しいなら営業職がおすすめです。実力が評価されやすい仕事なので、自分の頑張り次第で高年収を目指せます。

30代中卒でも就職できる?

30代中卒でも就職できます。下記業界の求人を探してみてください。

  • 工場作業員
  • 建設業
  • 介護職

ただし企業側は「中学卒業から30代まで一度も仕事に就いたことがないのか」と考えるかもしれません。

正社員として働いたことがないなら、採用担当者が納得する理由を伝えましょう。例えば親の介護のためアルバイトしかできなかった、といった理由が考えられます。

社会人としての基本的なビジネスマナーが備わっていることもアピールしましょう。就職活動が不安ならハローワークへ相談に行くのもありです。

学歴不問でおすすめの仕事は?

学歴不問でおすすめの仕事は、主に下記の通りです。

  • 工場作業員
  • 建設業
  • 販売員
  • 営業職
  • 介護職

上記はいずれも特別な資格を必要としない仕事です。学歴より実力や結果を重視される仕事でもあります。

職種によっては高年収も期待できるでしょう。法人営業で年収450万円から600万円の求人が見つかりました。

※求人情報は2021年10月23日時点

学歴不問の仕事を見つけるなら転職エージェントを活用しましょう。あなたのスキルや希望条件に合わせて、最適な求人を提案してくれます。

高校に行かない人の割合はどのくらい?

令和3年度学校基本調査(速報値)によると、中学校および高校の在学者数は次の通りでした。

  • 中学校在学者数:3,229,707人
  • 高等学校在学者数:3,008,182人

高校在学者数から中学在学者数を引くと、221,525人が高校に行かなかった人数となります。

高校に行かなかった人数と中学校在学者数をもとに計算すると、高校に行かない人の割合は約6.9%です。

高校に行かない人の割合

221,525人÷3,229,707人×100%=約6.9%

中卒でも働ける仕事はたくさんある!

一般的に中卒向けの仕事は少ないと言われます。理由は主に下記の3つです。

  • 中卒向けの職種は限られる
  • 中卒の求人数が少ない
  • 正社員として働いている中卒は少ない

中卒向けの仕事が少ないという現実は厳しいものがあります。しかし下記8つのように中卒でも働ける仕事はあるのです。

  • 工場作業員
  • 建設業
  • 運転手
  • 販売員
  • 営業職
  • 飲食業
  • 介護職
  • 公務員

中卒が仕事を見つけるため、コミュニケーションスキルやパソコンスキルを身に付けましょう。どの職種でも必要とされるスキルなので、高いレベルまで磨ければ就職や転職で有利です。

仕事をスムーズに見つけるため転職エージェントを活用しましょう。スキルレベルや過去の経験を踏まえ、自分に合った求人を提案してくれます。

求人数が多いリクルートエージェントや若手の転職サポートに優れているマイナビエージェントがおすすめです。転職エージェントをうまく使って、あなたが輝ける職場を見つけてみてください。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら