新卒が仕事を辞めたいときの対処法3選【辞めたい理由を整理しよう】

  • 新卒だけど仕事を辞めたい
  • すぐに辞めたら根性がないと思われる?
  • 新卒で転職してもうまくいかないよね?

同じ会社で3年働くべきといったルールはありません。新卒でも理由がはっきりしているなら退職してもOKです。

しかし辞めた後の見通しを立てずに退職してしまうと、後から大変な思いをします

この記事では、新卒が仕事を辞めたいときの対処法を紹介します。この記事を最後まで読めば、仕事を続けるか辞めるか判断できるようになるはずです。

仕事を辞めたいと感じたらなぜ辞めたいのか理由を考えてみましょう。仕事に慣れていないことで辞めたいと感じている場合は、時間が解決してくれることがあります。

「嫌だから・合わないから辞める」とすぐに決断するのは危険です。仕事を続けるメリットと早期退職するデメリットを総合的に判断しましょう。

目次

新卒が仕事を辞めたいと感じる理由

新卒が仕事を辞めたいと感じる理由を5つ紹介します。

  • 職場環境が悪いから
  • 人間関係に悩みを抱えているから
  • 仕事内容が合わないから
  • 労働条件に不満があるから
  • 精神的に辛いから

仕事を辞めたいと感じる原因は仕事に慣れていないから。思うように仕事ができず、職場環境や人間関係が合わないと感じるケースが多く考えられます。

職場環境が悪いから

職場環境が悪いせいで仕事を辞めたいと感じます。具体的に以下のような状況であれば「職場環境が悪い」といえるでしょう。

  • 挨拶をしても目を合わせてくれない
  • 新人に対するサポートが手厚くない
  • 些細なミスでも怒られる

職場の雰囲気が悪いと仕事へのモチベーションは上がりません。常にびくびくして過ごさなければならないと多大なストレスがかかるため、仕事を辞めたくなるのです。

人間関係に悩みを抱えているから

人間関係に悩みを抱えていると仕事を辞めたいと感じます。苦手な相手がいる職場へ出勤するのは憂うつな気持ちになるからです。

人間関係がうまくいかないケースとして次のような状況が考えられます。

  • 上司が厳しすぎる
  • 新人いびりのような扱いを受ける
  • 同期の輪に入っていけない

気軽に相談できる相手がいなければ人間関係の悩みは大きくなるばかり。職場で浮いてしまうと仕事に行きたくなくなるのは当然のことです。

仕事内容が合わないから

仕事内容が合わないことも仕事を辞めたいと感じる理由の1つです。例えば内気な性格の人が営業職に配属された場合が考えられます。

自分が苦手なことを仕事にしなければならない状況は新人にとって辛いでしょう。仕事のことを考えるだけで憂うつな気持ちなります。

新卒の場合「仕事だから仕方ない」と割り切ることは難しいので、仕事を辞めたいと感じるのです。

労働条件に不満があるから

労働条件に不満があると仕事を辞めたくなります。具体的には次の通りです。

  • サービス残業が多い
  • 雑用のため朝早く出社させられる
  • 昇給の見込みがない

「新人だから」という理由で遅くまで労働時間外に仕事をさせられたり雑用を任されたりする場合もあります。頑張って働いても給与に反映されなければ、仕事のモチベーションは上がらず辞めたくなるでしょう。

精神的に辛いから

精神的に辛いと仕事を辞めたくなります。

新人の場合覚えることが多すぎるので、仕事に慣れるまで時間がかかります。慣れるまでが一番辛い時期といっても過言ではありません。

思うように仕事ができない状態で上司からきついことを言われれば、なおさら精神的に辛いでしょう。我慢すればするほど辛い気持ちは大きくなるため、心身ともに異常をきたしてしまいます。

心が穏やかでない状態で働くことはできません。精神的に辛い気持ちを抱えている新卒は仕事を辞めたくなるのです。

新卒が仕事を辞めたいときの対処法3選

新卒が仕事を辞めたいときの対処法を3つ紹介します。

  • 辞めたい理由を整理する
  • 辞めた後何をしたいのか考える
  • 続けるメリットと早期退職するデメリットを比較する

「第二新卒」という言葉があるように、新卒が仕事を辞めた後受け入れてくれる会社はあります。ただし何も考えずに辞めてしまうと辞めた後が大変なので注意してください。

仕事を辞めたいと感じたときは、上記3つの対処法を実践しましょう。

辞めたい理由を整理する

まずは辞めたい理由を整理してください。「何となく辞めたいから」という理由では、今後の社会人生活がうまくいかない可能性が高くなります

仕事を続けることで、あなたが辞めたいと感じている根本的な原因が解決できるのかどうか見極めましょう。例えば「仕事内容が合わないから」という理由で辞めたい場合、時間が解決してくれることが考えれます。

もう少し頑張って続けることで、仕事に慣れて経験や実績を積めるようになるかもしれません。

一方で「人間関係に悩みがある」という理由で辞めたい場合、無理して続けると心身ともに異常をきたしてしまう可能性があります。

まずは辞めたい理由を整理し、続けるられるかどうか判断してください。

辞めた後何をしたいのか考える

仕事を辞めた後何をしたいのか考えましょう。辞めた後の見通しが立たないまま辞めてしまうのは絶対に避けてください。

万が一何も考えずに辞めてしまうと、次の仕事が見つかるまで大変な思いをします。例えば面接で「なぜすぐに辞めたのか」という質問に答えられず、転職先が決まらない場合です。

とにかく今の職場を離れたいという場合も、休職したり有休消化を取得したりして時間を確保しましょう。辞めたいと感じたら辞めた後どうするかしっかり考えてください。

続けるメリットと早期退職するデメリットを比較する

続けるメリットと早期退職するデメリットを比較しましょう。仕事が辛くても今の職場で続けた方が良いこともあります。例えば専門的なスキルが身について、20代後半で転職する際大きな武器になることです。

早期退職は悪いことではなく、必ず転職で不利になるわけではありません。しかし採用担当者の目線だと「長く働いてくれないのではないか」という不信感を与えることにつながります

今後のキャリアプランを踏まえて、今の仕事を続けるかどうかメリットとデメリットをじっくり考えてみください。

辞めたいと思っても仕事を継続するメリット

新卒が仕事を辞めたいと思っても仕事続けるメリットを3つ紹介します。仕事を続けることで今後のキャリアに良い影響を与えられるでしょう。

  • スキルが身につく
  • 実績になる
  • 職場で信頼関係が生まれる

スキルが身につく

仕事を続けるとスキルが身につきます。専門的なスキルだけでなく、下記のような社会人として必要なスキルも身につくのです。

  • コミュニケーションスキル
  • 事務処理能力
  • プレゼンスキル

上記は基本的なスキルなのでほとんどの人が身につけています。しかしすぐ仕事辞めてしまえば、社会人としての土台が確立されません

新卒で入社した会社で仕事を続ければ、社会人としての基礎をじっくり固められます。

実績になる

仕事を続けると実績になります。1つの職種や業界で一定期間働くと、経験や実績があると判断され次の転職で有利になる確率が高くなるのです。異業種へ転職する場合も経験豊富な人材として重宝されるでしょう。

新卒で入社した会社は今後のキャリアを形成するうえで重要です。次の転職を有利にするためにも、今の仕事を続けることで実績が積み重ねります。

職場で信頼関係が生まれる

1つの職場で長く働くと信頼関係が生まれます。新卒のうちは会社側としてあなたの能力を把握しきれていません。しかし時間の経過とともにあなたの働きぶりが評価されれば、大きなプロジェクトに関わるチャンスが巡ってくるはずです。

入社してすぐ結果を出そうとする必要はありません。地道に仕事をこなしていくことで、将来的に優秀な人材へと育っていきます。

新卒が早期退職するデメリット

新卒が早期退職するデメリットを4つ紹介します。

  • 経歴に傷がつく
  • 同年代に差をつけられる
  • 同期がいなくなる
  • 2回目の転職が不利になる

すぐに辞めることは悪いことではありません。しかし今後の転職活動に悪い影響を与える可能性があることは覚えておきましょう。

経歴に傷がつく

早期退職すると経歴に傷がつきます。履歴書には必ず新卒で辞めた企業の情報も書かなければならないからです。

採用担当者には「すぐに辞めるのでは?」と不信感を与えることにつながります。企業側は長く働いてくれる人材を求めているため、すぐ辞めそうな人を積極的に採用しようと思いません。

書類選考の時点で落とされる可能性が高くなります。早期退職すると経歴に傷がつくことを覚えておいてください。

同年代に差をつけられる

早期退職すると同年代に差をつけられます。あなたが辞めようかどうか迷ったり転職活動をしているうちに、同年代は着々と力をつけているからです。

同窓会などで学生時代の友人に会ったとき、差がついていることを痛感するでしょう。同年代は出世街道を歩んでいるのに自分は外れていれば、惨めな気持ちになるかもしれません。

「仕事が続かない人」という印象を与えることもあります。同年代に引き目を感じてしまうことが早期退職のデメリットです。

同期がいなくなる

早期退職すると同期がいなくなります。あなたと同じタイミングで転職する同年代の数が多くないからです。

新卒で入った会社だけでなく転職先の会社にも同期はいない場合の方が多いでしょう。

仕事を進めるうえで同期の存在は大きな力になります。お互い励まし合ったり愚痴を言い合ったりして親交を深めることが同期の醍醐味です。

気軽に相談しやすい同期がいない状況は精神的に辛いもの。早期退職するということは、同期がいなくなるということを理解しましょう。

2回目の転職が不利になる

早期退職すると2回目の転職が不利になる可能性があります。採用担当者へ「すぐに辞めるかもしれない人」という印象を強く与えてしまうからです。

第二新卒を歓迎している企業が多くあるため、1回目の転職はうまくいくでしょう。しかし2回目の転職では必ず「新卒で入社した会社をすぐ辞めた理由」について深く質問されます

1回目の転職先で実績を残していたとしても、採用担当者には不信感を与えるかもしれません。早期退職により転職活動がスムーズに進まないリスクがあることは覚えておいてください。

新卒でも仕事を辞めた方が良いケース

新卒でも仕事を辞めた方が良いケースを紹介します。具体的には次の4つです。

  • 職場・労働環境が劣悪な場合
  • うつなど精神状態が良くない場合
  • 成長できないと感じた場合
  • 会社が倒産しそうな場合

早期退職することで複数のデメリットがあります。しかし会社自体に問題がある場合や精神的に病んでいる場合は、新卒でもできるだけ早く辞めた方が無難です。

職場・労働環境が劣悪な場合

職場環境や労働環境が劣悪な場合は仕事を辞めた方が良いでしょう。具体的には次のケースが当てはまります。

  • パワハラなどハラスメントを受けた
  • 給与が支払われない
  • 毎日終電で帰れず会社に寝泊まりしている

労働基準法に違反しているような職場で働き続ける必要はありません。心身ともに異常をきたす前に退職しましょう。

うつなど精神状態が良くない場合

うつなど精神状態が良くない場合は、仕事を辞めた方が良いケースに当てはまります。職場を離れない限り精神状態は良くならないからです。

モチベーションを保って仕事するには心の平穏が必要不可欠。うつ状態になるほど病んでいるのは心が危険な状態です。

これ以上ひどくならないためにも、できるだけ早く退職しましょう。

成長できないと感じた場合

成長できそうにないのであれば辞めた方が良いでしょう。仕事を続けたとしてもスキルが身についたり実績になったりすることはないからです。

新卒は社会人として成長するための土台を作る時期です。大切な時期を無駄に過ごさないためにも、成長できない会社だと感じれば退職を検討しましょう。

会社が倒産しそうな場合

会社が倒産しそうな場合は早めに転職しましょう。給与や退職金が支払われないなど金銭的なトラブルが起こる可能性があるからです。

貯金や収入がないと精神的に不安定になります。次の仕事が見つかるまで毎日辛い思いをすることになるでしょう。

倒産しそうな会社は役員や経理担当が退職したり希望退職者を募集したりすることがあります。おかしいと感じたらできるだけ早いうちから次の仕事を探し始めましょう。

新卒で仕事を辞める場合の事前準備

新卒で仕事を辞める場合に準備しておくことを2つ解説します。

  • 辞める前に次の仕事を探す
  • 退職を切り出せないなら退職代行サービスを使う

何も考えずに辞めるのは危険です。辞めた後の見通しを立ててから退職しましょう。

辞める前に次の仕事を探す

辞める前に次の仕事を探し始めてください。転職先の目途が立たない状態で今の仕事を辞めてしまうと無収入の期間が続くからです。

仕事を辞めると失業給付金をもらえますが、受給するためには下記の条件を満たす必要があります。

離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間(※)が通算して12カ月以上あること

※ 被保険者期間は、雇用保険の被保険者であった期間のうち、賃金支払基礎日数が11日以上ある月を1カ月として算出します

引用元:マイナビ転職

数ヶ月程度で辞めてしまえば失業給付金はもらえないということ。新卒ですぐ仕事を辞める場合は、在職中に必ず次の仕事を探してください。

退職を切り出せないなら退職代行サービスを使う

退職する決意は固まったものの言いづらい場合は退職代行サービスを活用しましょう。退職代行サービスとは退職代行業者があなたの代わりに会社へ退職を伝えてくれるサービスです。

5万円前後の費用はかかりますが、自分で言いづらい場合は非常に便利なサービスといえます。しかし退職代行サービスを使うのは最終手段です。

退職代行サービスを使うこと自体は悪いことではありません。しかし会社側にはあまりよくない印象を与えてしまいます。

円満退職し今後のキャリアをしっかり形成するためにも、できるだけ自分から退職を申し出ましょう。

仕事を辞めたい新卒に関する知恵袋や2ちゃんねるのQ&A

仕事を辞めたい新卒に関する知恵袋や2ちゃんねるのQ&Aを紹介します。疑問点はあらかじめ解消しておきましょう。

リンクをタップすると、読みたい場所にスキップできます。

2年目で転職するのは早い?

一般的に2年目で転職するのは早いという印象です。転職が当たり前の時代とはいえ「とりあえず3年」という考え方が強く残っているからです。

ただし下記のような理由があれば、2年で転職しても問題ないでしょう。

  • スキルアップしたいから
  • キャリア形成のために必要だから

なぜ転職したいのか理由を明確にすることが、2年目での転職を成功させるポイントです。

とりあえず3年は働いた方が良い?

一般的にはとりあえず3年働いた方が良いといわれています。しかし必ず3年の期間が定められているわけではありません

3年は同じ会社で働くべきといわれる理由は、社会人としてのビジネスマナーや基本的なスキルを身につけるためです。社会人の基礎が固まっていないうちに転職しても成功するのは難しいと考えられています。

しかし挑戦心や向上心などがあるなら、3年を待たずに転職するのもありです。転職理由をはっきりさせたうえで転職活動を進めましょう。

入社2ヶ月で退職する場合の理由はどうすればいい?

入社2ヶ月で退職する場合は、正直に退職理由を伝えましょう。ただし不満ばかり伝えてしまうと会社側に不信感を与えるので、論理的に伝えることを意識してください。

退職理由の具体例

入社時にフレックスタイム制があると聞いていました。しかし入社1年が経ってからでないとフレックスタイムを活用することができないと説明を受けております。なぜ1年目では認められないか、求人情報と違うのではないかと聞いても相手にされません。

朝早く出社して、仕事終わりはボランティア活動に従事したいと考えております。現状のままでは退社後の時間を確保できそうにないので、退職を決意しました。

感情的にならず、現状を冷静に分析したうえで退職理由を述べましょう。

公務員を1ヶ月で退職するのはあり?

公務員を1ヶ月で退職することは可能です。しかし職場に大きな迷惑がかかることを理解しなくてはなりません。

公務員は民間企業とは違い常に中途採用者を募集しているわけではありません。臨時採用職員を募集していますが、採用までのプロセスは複雑です。

業務分担は職員の能力に応じて前年度のうちに決められています。公務員は1人が担当する業務量が多いので、辞めた人の業務を残った人で分担する場合は多大な負荷がかかるのです。

人事異動や業務分担などを考慮すると、組織的には大打撃を受けることになります。組織側の事情も考慮したうえで、本当に1ヶ月で公務員を退職するのかどうか判断してください。

2年で辞める場合でも正社員になっていい?

あらかじめ2年程度で辞めることがわかっていても、正社員になることは問題ありません。ただし辞める理由は明確にしておきましょう。

具体的には次の通りです。

  • 結婚などライフイベントがあるから
  • 親の介護をするから
  • 海外へ移住するから

採用面接では2年で辞めることを伝える必要はありません。ただし退職を申し出る際は、できるだけ早めに伝えた方が無難です。

遅くとも退職希望日の1ヶ月前には退職を申し出ましょう。

新卒だけど「辞めたい」と言いづらい…

新卒で辞めることを言いづらいときは退職代行サービスを活用しましょう。あなたの代わりに会社へ退職することを申し出てくれます。

立場的に新卒は退職を言い出しづらいもの。信頼関係が構築されていない相手に話さなければならないのでしょうがないといえます。

どうしても自分から退職を申し出ることができない場合にのみ退職代行サービスを使いましょう。あくまで最終手段であり、できるだけ自分の口から伝えることがベストです。

自分から伝えることで、会社側も「これから頑張れよ」と応援してくれる可能性が高まります。

2021年新卒の離職率はどのくらい?

2021年における新卒者の離職率は公表されていません。しかし厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」によると、新卒1年目で離職した割合は3年連続で増加しています。

※対象者は2016年から2018年の3月に卒業した新卒者

2020年や2021年は社会情勢が大きく変わったことから、2019年以前に比べて新卒の離職率は多いことが考えられます。

新卒で仕事を辞めるなら慎重に決断しよう

新卒が仕事を辞めたいと感じる理由は主に下記5つです。

  • 職場環境が悪いから
  • 人間関係に悩みを抱えているから
  • 仕事内容が合わないから
  • 労働条件に不満があるから
  • 精神的に辛いから

仕事に慣れていないせいで「辞めたい」と感じることが多いもの。慣れるまでの問題であり、時間が解決してくれる場合があります

しかし次のようなケースに当てはまる場合は、新卒でも退職した方が無難です。

  • 職場・労働環境が劣悪な場合
  • うつなど精神状態が良くない場合
  • 成長できないと感じた場合
  • 会社が倒産しそうな場合

新卒だから3年働くというような決まりはありません。仕事を辞めたいと感じたときは、続けるメリットと早期退職するデメリットを比較しましょう。

「何となく辞めたいから」というあいまいな理由はNG。辞める決断をするなら、辞めた後の見通しを立てて在職中に次の仕事を探し始めましょう。

あなたが目指すべき
キャリアアップとは?

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

スキルを磨いて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

転職を通じて

キャリアアップしたい方

ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら