転職の注意点21個を公開!失敗やトラブルを回避するためにすべきこと

author-avatar
私が書きました キャリアA編集部

転職の注意点を知りたい方へ核心からお伝えしましょう。注意点は以下の通りです。

転職活動前
  • 本当に現在の会社を辞めて良いか熟慮する
  • キャリアプランを描いて将来を見通す
  • 事前に情報収集して現実を直視する
  • 心身が弱っているときは決断しない
  • 他人から客観的なアドバイスをもらう
転職活動中
  • 転職活動は現在の会社を辞める前にスタートする
  • 転職活動の流れを頭に入れておく
  • 応募する企業は幅広い情報源から探し出す
  • 面接のマナーや準備は手抜きしない
  • ストレスをためない
転職先の決定
  • 1人で転職先を決断しない
  • 労働条件をよく確認する
  • 転職の目的に立ち返って最終の意思決定をする
退職
  • 退職意向は最初に直属の上司に伝える
  • 引継ぎするために必要十分な期間を確保する
  • 必要書類の返却・受領を抜け漏れなく行う
入社
  • 必要書類を抜け漏れなく準備する
  • 就業規則や行動規範などを把握する
  • 新しい業務の勉強・準備をする
  • 入社日に向けて体調を整える
  • 前の会社から気持ちをサッパリと切り替える

転職においては、このように注意すべき点がたくさんあります。

注意点は、実際に転職を経験して、失敗を繰り返しながら身に沁みてわかってくるものなのですが、しかし転職は人生でそう何度も経験するものではありません。

「できることなら、初めての転職のときから注意点を押さえて、失敗を回避したい」と思うのが正直なところではないでしょうか。

そこでこの記事では、これから転職を考えているあなたが必ず知っておくべき「転職の注意点」について、詳しく解説します。

この記事のポイント

  • 知っておくべき転職の注意点がわかる
  • 転職活動前から入社までフェーズごとに網羅
  • 多くの人が失敗しやすいポイントを回避できる

    この解説を最後までお読みいただければ、転職活動で「具体的に何をどう注意すべきなのか」が身に付きます。失敗を回避できるので、理想の転職を実現できるようになるはずです。

    では、さっそく「転職の注意点」について解説を始めましょう。

    目次

    1. 転職で注意すべきことはフェーズごとに違う

    まず押さえておきたいポイントは、転職で注意すべきことはフェーズごとに違うという点です。

    ▼ 転職のフェーズ

    • 転職活動前
    • 転職活動中
    • 転職先の決定
    • 退職
    • 入社

    それぞれのフェーズごとに注意すべきポイントがわかっていれば、あとになって「失敗した……!」と後悔するのを防ぐことができます。

    転職する前にぜひ、各フェーズごとの注意点を頭に入れておき、失敗やトラブルを事前回避しながら行動していきましょう。

    具体的な注意点は、次章から解説していきます。

    2. 【転職活動前】間違った転職をしないための注意点

    転職活動を始める前に注意すべきポイントは次の5つです。

    • 本当に現在の会社を辞めて良いか熟慮する
    • キャリアプランを描いて将来を見通す
    • 事前に情報収集して現実を直視する
    • 心身が弱っているときは決断しない
    • 他人から客観的なアドバイスをもらう

    それぞれ見ていきましょう。

    2-1. 本当に現在の会社を辞めて良いか熟慮する

    1つ目の注意点は「本当に現在の会社を辞めて良いか熟慮する」です。

    特に注意したいのは、会社に不満があったり思うようにいかない出来事があったときです。「辞めたい!」という気持ちが募るかもしれませんが、その気持ちに従って辞めた結果、後悔する人が後を絶ちません。

    ▼ 参考記事

    転職の後悔を乗り越える!悔やんでいるあなたが今するべき5つの行動

    本当にいまの会社を辞めて、転職することが自分にとって最善なのか、よく考えましょう。間違っても、勢いで会社を辞めてはいけません。

    「勢いで辞めてはいけないのは当然」と思ってはいても、いざ自分が当事者となると感情的になってしまうことは誰にでもあります。

    だからこそ、「転職活動をスタートする前に、本当に今の会社を辞めて良いのか熟慮が必要」と念頭に置いておきましょう。

    2-2. キャリアプランを描いて将来を見通す

    2つ目の注意点は「キャリアプランを描いて将来を見通す」です。

    転職したい気持ちだけが先走って、自分の将来をしっかり描けていない状態で転職活動をすると、失敗しやすくなります。

    例えば、プライベートの旅行なら、ノープラン・無計画で起きるハプニングも楽しめますが、転職活動となると話は別です。ノープランで転職活動がうまくいく可能性は、限りなくゼロです。

    転職活動をスタートする前にキャリアプランを描いて、自分の将来を見通しましょう。

    転職のその先にある自分のキャリアビジョンをはっきりと明確にすることで、「どのように転職すべきか」が見えてくるはずです。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    キャリアプランとは?作り方から面接での答え方・注意点まで解説

    キャリアビジョンとは?描く手順と面接を成功させる答え方・注意点

    2-3. 事前に情報収集して現実を直視する

    3つ目の注意点は「事前に情報収集して現実を直視する」です。

    ビジョンを描くことはとても大切なことですが、ビジョンが現実離れの夢物語では意味がありません。

    ビジョンを実現するためには、ビジョンを描くと同時に現状をしっかり把握していることが大切です。特に、厳しい現実こそ直視しましょう。

    現実を直視するために必要なのが、事前の情報収集です。

    情報収集の第一歩としては、転職サイトなどを活用して求人情報を調べ、実際にどのような求人が、どんな条件で出ているのか把握することが大切です。

    ▼ 転職サイト

    名称特徴
    リクナビNEXT求人数No.1の転職サイトでWeb上で経歴などを登録すれば、誰でもどの求人にも応募が可能
    doda大手・優良企業を中心に豊富な求人情報から最適な求人を求人検索できる

    2-4. 心身が弱っているときは決断しない

    4つ目の注意点は「心身が弱っているときは決断しない」です。

    転職は、人生のなかで非常に大きな決断です。だからこそ、自分が正しい判断力を持っているときに、判断しなければなりません。

    要注意なのは、心身の状態が悪いときです。体調が悪いときや、心が不安定になっているときのあなたは、普段の正しい判断力を持っていません。

    「心身が弱っているときには決断しない」と決めて、まずは心身の回復に努めましょう。転職のことを考えて決断するのは、心身が元気になってからです。

    メンタル面で弱っているときには、以下の記事も参考にしてみてください。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    メンタルを強くする13の具体的な方法を紹介(思考・習慣・食事)

    2-5. 他人から客観的なアドバイスをもらう

    5つ目の注意点は「他人から客観的なアドバイスをもらう」です。

    どんなに優秀な人でも、ひとりで考えていると、どうしても考えに偏りが出ます。

    転職するかどうか、どんな業界・職種に転職するかについて考えるときは、他人の意見も参考にしましょう。

    他人の意見を取り入れるかどうかは別として「客観的に他人から見るとどう見えるのか」という俯瞰した視点を得ることがキーポイントです。

    身近に信頼できる人がいない場合には、転職エージェントサービスを利用すると、キャリアアドバイザーからのアドバイスを得られます。

    ▼ 転職エージェント

    名称特徴
    リクルートエージェント業界最大手の転職エージェントでキャリアアドバイザーから応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを受けられる
    マイナビエージェント20代の支持率が高い転職エージェントで第二新卒の転職や初めての転職におすすめ
    doda大手・優良企業を中心に豊富な求人情報から最適な求人を求人検索でき転職エージェントサービスも展開している

    3. 【転職活動中】転職活動を失敗しないための注意点

    実際に転職活動をするなかで注意すべきポイントは次の5つです。

    • 転職活動は現在の会社を辞める前にスタートする
    • 転職活動の流れを頭に入れておく
    • 応募する企業は幅広い情報源から探し出す
    • 面接のマナーや準備は手抜きしない
    • ストレスをためない

    それぞれ見ていきましょう。

    3-1. 転職活動は現在の会社を辞める前にスタートする

    1つ目の注意点は「転職活動は現在の会社を辞める前にスタートする」です。

    転職活動は「万が一、転職が決まらない場合は現在の会社に残る」という選択肢をリスクヘッジとして残したまま行うのが、成功のコツです。

    会社を辞めてしまうと経済的にも精神的にも余裕がなくなり、焦りと不安の中でのつらい転職活動になってしまうからです。

    余裕のなさは、面接での雰囲気や態度にも出てしまうため、転職活動自体がうまくいかなくなる原因にもなります。

    加えて、現在の会社を先に辞めて、どこの会社に在籍していない空白期間ができてしまうと、空白期間中の健康保険や国民年金の加入手続きを自分で行う必要がありますので、注意してください。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    空白期間は転職に不利になる?影響と絶対聞かれる質問の答え方

    3-2. 転職活動の流れを頭に入れておく

    2つ目の注意点は「転職活動の流れを頭に入れておく」です。

    流れが頭に入っていないと、行き当たりばったりで慌ててしまい、主体的に動くことができません。最初に転職活動の流れを把握して、スケジュールを立てておきましょう。

    おおまかな流れとしては、以下のとおりとなります。

    詳しくは以下の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

    転職の流れを図解!スムーズに進めるコツやトラブル回避の注意点も解説

    3-3. 応募する企業は幅広い情報源から探し出す

    3つ目の注意点は「応募する企業は幅広い情報源から探し出す」です。

    例えば「転職活動はハローワークに行けば大丈夫」といった勘違いをしていないでしょうか。

    ハローワークに掲載されている求人は日本中の求人のごく一部なので、注意してください。

    応募する企業を探す際には、できる限り多くの情報源にあたって、幅広く情報収集することが欠かせません。

    幅広く情報収集すれば、その分、自分の希望に合う求人に出会える確率が高まるためです。

    ▼ 求人情報探すうえで役立つサイト

    名称特徴
    リクルートエージェント業界最大手の転職エージェントでキャリアアドバイザーから応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを受けられる
    マイナビエージェント20代の支持率が高い転職エージェントで第二新卒の転職や初めての転職におすすめ
    doda大手・優良企業を中心に豊富な求人情報から最適な求人を求人検索でき転職エージェントサービスも展開している

    これらのサイトはすべてチェックして、自分の希望に合う求人を探しましょう。

    3-4. 面接のマナーや準備は手抜きしない

    4つ目の注意点は「面接のマナーや準備は手抜きしない」です。

    中途採用の転職活動となると、新卒採用時と異なり、面接のマナーや準備を手抜きする人が見られます。転職活動に失敗する原因となりますので注意しましょう。

    社会人経験を経て転職活動する以上、マナーや準備を手抜きすれば、それはあなたの低評価に直結します。

    新卒の就職活動以上に、入念な準備が必要になると心得てください。自信がない場合には、本を読むなどして入念な準備をする必要があります。

    ▼ 参考書籍

    細田咲江『転職面接準備とマナー、定番質問から揺さぶり質問の回答例まで

    3-5. ストレスをためない

    5つ目の注意点は「ストレスをためない」です。

    現在働いている職場でのストレスやプライベートでのストレスがあると、転職活動がうまくいかなくなります。

    なぜなら、応募先企業の面接官が「この人と一緒に働きたい!」「ぜひウチの会社に来てほしい!」と感じる魅力が半減してしまうからです。

    ストレスによって、目の下のクマや肌荒れなど見た目に疲労感が出たり、面接でつい現職の愚痴を口走ってしまったりすると、内定率が下がります。

    転職活動中は忙しくなりますし、選考落ちすれば落ち込んだりもするでしょう。しかし、気持ちの切り替えが大切です。ストレスケアをして明るく元気な自分をキープしましょう。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    仕事のストレスの苦しみを今すぐ軽くする方法とストレスに強い自分の作り方

    4. 【転職先の決定】転職先の会社選びを後悔しないための注意点

    転職先の決定時に注意すべきポイントは次の3つです。

    • 1人で転職先を決断しない
    • 労働条件をよく確認する
    • 転職の目的に立ち返って最終の意思決定をする

    それぞれ見ていきましょう。

    4-1. 1人で転職先を決断しない

    1つ目の注意点は「1人で転職先を決断しない」です。

    転職先を決めるうえでは、信頼できる友人や家族に相談しましょう。ひとりで決定してしまうと、思わぬ落とし穴を見落とすリスクがあるためです。

    もちろん、最終的に決断するのはあなた自身ですが、その決断をより的確なものにするために、周囲の意見も聞いておくことが大切です。

    特に、異業種へ転職する場合には、同じ業界の知人の意見が聞けると心強いでしょう。

    4-2. 労働条件をよく確認する

    2つ目の注意点は「労働条件をよく確認する」です。

    内定をもらったら、内定を承諾する前に必ずすべきことが労働条件の確認です。

    具体的には、以下のポイントをしっかり確認しましょう。

    (1)労働契約の期間に関する事項

    (2)就業の場所及び従業すべき業務に関する事項

    (3)始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時点転換に関する事項

    (4)賃金(退職手当及び臨時に支払われる賃金等を除く。)の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項

    (5)退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

    (6)退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払いの方法並びに退職手当の支払いの時期に関する事項

    (7)臨時に支払われる賃金(退職手当を除く。)、賞与及びこれらに準ずる賃金並びに最低賃金額に関する事項

    (8)労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項

    (9)安全及び衛生に関する事項

    (10)職業訓練に関する事項

    (11)災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項

    (12)表彰及び制裁に関する事項

    (13)休職に関する事項

    出典:厚生労働省

    口頭ではなく、書面で労働条件を提示してもらい、詳細をしっかり確認することが大切です。

    4-3. 転職の目的に立ち返って最終の意思決定をする

    3つ目の注意点は「転職の目的に立ち返って最終の意思決定をする」です。

    夢中になって転職活動に打ち込むうちに「そもそも、私が転職する目的はなんだっけ?」という点がおろそかになるのは、よくあることです。

    そのうえ、想像していたよりも良い条件で内定が出れば、気持ちが舞い上がってしまいます。

    そこで、正しい判断をするために必要なのが“目的意識”です。

    最終の意思決定をする前に「そもそも自分はなぜ転職するのか」という原点に立ち返ってください。

    あなた自身が志した転職の目的に合っていない企業であれば、いくら待遇などの条件が良くても、後になって後悔する可能性が高いでしょう。

    繰り返しになりますが、後悔しない意思決定のためには、目的意識を持つことが重要です。

    5. 【退職】トラブルなく円満退社するための注意点

    退社手続きで注意すべきポイントは次の3つです。

    • 退職意向は最初に直属の上司に伝える
    • 引継ぎするために必要十分な期間を確保する
    • 必要書類の返却・受領を抜け漏れなく行う

    それぞれ見ていきましょう。

    5-1. 退職意向は最初に直属の上司に伝える

    1つ目の注意点は「退職意向は最初に直属の上司に伝える」です。

    退職意向は、誰よりもまず最初に直属の上司に伝えなければなりません。

    直属の上司以外の同僚・先輩・後輩や、上司のさらに上の役職の幹部・役員などに先に伝えるのは、組織で働くうえでのルールに反しますので注意しましょう。

    ルール違反を犯すつもりはなくても、うっかり誰かに話してしまい、あなたが退職するという情報が社内で巡ることがあります。

    原則的には、仲の良い同僚などにも転職活動していることは伏せておき、直属の上司へ退職意向を伝えた後に報告するのが、筋道となります。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    円満退職できる上司への退職の伝え方と手順【例文つき】

    5-2. 引継ぎするために必要十分な期間を確保する

    2つ目の注意点は「引継ぎするために必要十分な期間を確保する」です。

    法律上は2週間前までに退職意向を伝えれば退職することが可能ですが、しかし会社に迷惑をかけずに辞めるという観点で見れば、2週間では短すぎるケースがほとんどでしょう。

    あなたが担当している業務内容やポジションなどの状況に合わせて、引継ぎに必要十分な期間を確保したうえで退職日を決めることが大切です。

    一般的には、1〜3ヶ月程度の期間が必要と考えましょう。

    引継ぎは、お世話になった会社や一緒に働いた仲間たちにできる最後の恩返しであり、あなたが会社で遂行する最後の仕事になります。

    あなたの最後の仕事を、最高に良い仕事に仕上げてから、退職しましょう。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    退職の意思は何ヶ月前に伝えるべき?正しい決め方と調査データを解説

    最も有利な退職のタイミングは1~3月!伝えるのは内定後が大原則

    5-3. 必要書類の返却・受領を抜け漏れなく行う

    3つめの注意点は「必要書類の返却・受領を抜け漏れなく行う」です。

    退職手続きをするうえでは、必要な書類が多くあります。

    ▼ 退職手続きに必要な書類

    【返却する書類】

    1. 健康保険被保険者証
    2. 社員証(入館証・IDカード・社章)
    3. 鍵・カードキー
    4. 名刺
    5. 通勤定期券代
    6. その他(書類・データ)

    【受け取る書類】

    1. 雇用保険被保険者証
    2. 源泉徴収票
    3. 年金手帳
    4. 離職票(雇用保険被保険者離職票)

    特に、業務上知り得た情報が掲載された書類や、内部情報データの返却についても、漏れないように注意しましょう。気づかないうちに機密情報の持ち出しとならないよう、自ら確認が必要です。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    転職に必要な書類のチェックリスト一覧!準備する方法と注意点も解説

    6. 【入社】スムーズに入社するための注意点

    入社手続きで注意すべきポイントは次の5つです。

    • 必要書類を抜け漏れなく準備する
    • 就業規則や行動規範などを把握する
    • 新しい業務の勉強・準備をする
    • 入社日に向けて体調を整える
    • 前の会社から気持ちをサッパリと切り替える

    それぞれ見ていきましょう。

    6-1. 必要書類を抜け漏れなく準備する

    1つ目の注意点は「必要書類を抜け漏れなく準備する」です。

    入社の手続きを行ううえでは、必要な書類が多くあります。

    公的な手続きのために必ず必要なものもあれば、企業ごとに定めている書類もありますので、注意が必要です。

    ▼ 入社手続きに必要な書類

    【ほとんどの企業で必要な書類】

    1. 雇用保険被保険者証
    2. 年金手帳
    3. 源泉徴収票
    4. 扶養控除等申告書
    5. 健康保険被扶養者異動届
    6. 給与振込届出書

    【企業によって必要な書類】

    1. 入社承諾書(入社誓約書)
    2. 雇用契約書
    3. 住民票(住民票記載事項証明書)
    4. 身元保証書
    5. 健康診断書
    6. 卒業証明書
    7. 免許・資格証明書

    転職先の企業からの指示に従って、期日までに確実に必要な書類を揃えられるように準備を進めましょう。

    準備が難しい書類や期日に間に合わない書類があれば、直前ではなく早めに連絡しておくことが大切です。

    ▼ あわせて読みたいおすすめ記事

    転職に必要な書類のチェックリスト一覧!準備する方法と注意点も解説

    6-2. 就業規則や行動規範などを把握する

    2つ目の注意点は「就業規則や行動規範などを把握する」です。

    転職先に入社したら、あなたはその日から、その企業の人間として正しく振る舞うことが求められます。

    正しい振る舞いを把握するために、事前に隅々まで熟読して頭に入れておきたいのが、就業規則や行動規範です。

    就業規則や行動規範などを形骸的なものとして扱って目を通さないでいると、思わぬ失敗をするリスクがあるので注意しましょう。

    まずは、転職先の企業のルールを学ぶところからスタートすることが大切です。

    6-3. 新しい業務の勉強・準備をする

    3つ目の注意点は「新しい業務の勉強・準備をする」です。

    入社したら即戦力として活躍できるように、あらかじめ勉強や準備できる部分は、どんどん進めておきましょう。

    新たに担当する業務に関連する情報の収集や、仕事に使うツールの準備などを進めておくことで、心に余裕を持って働き始めることができます。

    特に、転職先の企業が扱っている商品・サービスなど覚える必要のある事項は、できるだけ暗記しておくと安心です。

    6-4. 入社日に向けて体調を整える

    4つ目の注意点は「入社日に向けて体調を整える」です。

    誰でも体調を崩す日があるのは仕方ないことですが、もし入社1週目で病欠するようなことがあれば、転職先での印象が悪くなる可能性は否めません。

    入社日に向けて、十分な睡眠と栄養のある食事を心掛け、体調を整えておきましょう。

    入社直後の時期は、新しく慣れない環境のなかで疲れを感じやすくなります。それを見越して、事前にエネルギーチャージをたっぷりしておくことが大切です。

    6-5. 前の会社から気持ちをサッパリと切り替える

    5つ目の注意点は「前の会社から気持ちをサッパリと切り替える」です。

    転職先に早くなじむためには、前の会社のストレスもプライドもいったん隅に置き、気持ちをサッパリと切り替えることが大切です。

    前の会社に対する感情を引きずっていると、転職先への注意が散漫になり、集中して業務に取り組むことができません。

    加えて、そんな姿は新しいチームメンバーに違和感を与え、あなた本来の人柄が理解されるまでに時間がかかってしまいます。

    入社日から新しい組織の一員として、気持ちを新たに取り組んでいきましょう。

    7. まとめ

    転職活動の注意点は、以下のとおりです。

    転職活動前
    • 本当に現在の会社を辞めて良いか熟慮する
    • キャリアプランを描いて将来を見通す
    • 事前に情報収集して現実を直視する
    • 心身が弱っているときは決断しない
    • 他人から客観的なアドバイスをもらう
    転職活動中
    • 転職活動は現在の会社を辞める前にスタートする
    • 転職活動の流れを頭に入れておく
    • 応募する企業は幅広い情報源から探し出す
    • 面接のマナーや準備は手抜きしない
    • ストレスをためない
    転職先の決定
    • 1人で転職先を決断しない
    • 労働条件をよく確認する
    • 転職の目的に立ち返って最終の意思決定をする
    退職
    • 退職意向は最初に直属の上司に伝える
    • 引継ぎするために必要十分な期間を確保する
    • 必要書類の返却・受領を抜け漏れなく行う
    入社
    • 必要書類を抜け漏れなく準備する
    • 就業規則や行動規範などを把握する
    • 新しい業務の勉強・準備をする
    • 入社日に向けて体調を整える
    • 前の会社から気持ちをサッパリと切り替える

    最初からこれらの注意点を把握しておくことで、失敗やトラブルを避け、転職を成功させていきましょう。

    成功させるためのコツは、以下の記事で解説しています。ぜひ引き続きご覧ください。

    転職に成功する人の7つの共通点と成功率を高めるコツを年代別に解説

    あなたが目指すべき
    キャリアアップとは?

    よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。
    どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。
    もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

    スキルを磨いて

    キャリアアップしたい方

    ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
    スキルを磨いてキャリアアップしたい方はこちら

    転職を通じて

    キャリアアップしたい方

    ご自身のスキルアップを通じてキャリアを磨きたい方はこちらをお読みください。出世や独立起業に繋がる有益な情報をまとめています。
    転職を通じてキャリアアップしたい方はこちら